自然観察大学ブログ

タグ:博士入門 ( 6 ) タグの人気記事




「カメムシ博士入門」ができた!

博士入門シリーズに新しい仲間ができた。
タイトルは「カメムシ博士入門」。
d0163696_16273481.jpg
このシリーズの中でも飛び抜けてマニアックといってよいだろう。
(ほめ言葉です)

ご存知かと思うが、このシリーズは個々の名前を調べるための図鑑ではない。
「昆虫博士入門」が昆虫の世界を概観し、そのすべてを知ることをめざした本であるように、本書はカメムシ界全体を知るための本なのだ。
4章で構成される本書を簡単に紹介させていただく。

第1章:カメムシの形とくらし
本シリーズでおなじみの「形とくらし」がテーマだ。
食性と口器、翅や脚の構造、子育てなどの多様な生態… 
これほどの写真がよくぞそろったものだと思う。
他では絶対に知ることのできない、至高の世界だ。
d0163696_16274312.jpg
●私の驚愕したもの3選(写真は書籍で見てほしい)
ヒラタカメムシ類の口針!
イトカメムシの臭腺!!
アシブトカタビロアメンボの脚!!!


第2章:カメムシを探そう
カメムシを見つけるための探索ガイド。森や草原、地中や水辺、建物内、日向と日陰、止水と流水、川と海、石ころの裏側から高山など、緻密に紹介してくれる。
d0163696_16280477.jpg
●私の驚愕したもの
なんといっても「遠洋のウミアメンボ」!!
こんなところにもカメムシはいるのか、と驚かされる。


第3章:いろいろなカメムシ
カメムシといっても、アメンボやグンバイムシ、トコジラミもカメムシの仲間だ。
タイコウチやナベブタムシ、ミズムシなんていう仲間もいる。
日本産カメムシ全55科について、代表種の写真(これが大迫力)、簡潔な特徴とともに紹介している。
d0163696_16282063.jpg
●お気に入りのカメムシ
事務所隣席の女性のお気に入りは「ヒラタカメムシ科」。侘び寂びを心得た、かなりハイレベルな女性のようだ。
私の好みは、やはり「キンカメムシ科」か。「オオメカメムシ科」も好いが…


第4章:カメムシ博士をめざして
採集・観察方法では、ビギナー向けはもちろん、専門家ならではのノウハウまで惜しげもなく紹介されている。
d0163696_16283242.jpg
ほかにも標本作成、同定から、さらには付録として「もっと知りたいカメムシの世界」。
至れり尽くせりだ。


本書を手にした愛好家は、紙面から目が離せなくなること、請け合いである。
一気に読破したそのあとは、実際に自分の眼で確認したくなって、野外に出ることになる。
そしてカメムシ博士への道を歩むことになるだろう。


自然観察大学では、「カメムシ博士入門」出版記念を兼ねて、室内講習会での講演をお願いしたかったのだが、著者のみなさんは多忙な方、遠方の方ばかりで今のところ実現できていない。
いずれはぜひ講演をお願いしたいものである。


なお、自然観察大学ブログでもカメムシは何度も扱わせていただいているが、その疑問は本書によってことごとく回答が得られたことをご報告する。
※ 本ブログの過去の記事は、PCのブログ内検索で「カメムシ」「サシガメ」などと入力すると一覧できます。

同じ博士入門シリーズで、いま水面下で進めている「樹木博士入門」というのがある。
その著者のお一人でもあり、自然観察大学講師でもあるK名先生の感想は次のとおり。
・「カメムシ学の基本を端的に示す」と前書きにあるが、その明確な目的に向けて、みごとに実現されている。
・鮮明な写真とともに個々の説明がていねいで、わかりやすく表現されている。
・4つの章立てがよい。
・第1章、第3章はもちろんだが、じっくり見ると第2章が凄い。カメムシの適応力に驚き、それをまとめた著者の力量に感心させられた。
・第4章「カメムシ博士をめざして」もよく考えられている。
・付録の「もっと知りたいカメムシの世界」の海外のカメムシのコメントが面白い。
・カバー裏の高橋敬一氏の推薦文がユニークで素晴らしい。

チーム樹木博士の他のメンバーのご感想も、一様に「よくぞここまでやった」というものだった。
(さらに「我々も負けていない」という発言も…)


「カメムシ博士入門」のくわしい内容と各ページの大きな画像(PDF)は、出版社のHPをどうぞ。
⇒ http://www.zennokyo.co.jp/book/hakase/Dr_km.html


なお、自然観察大学HPの【本の紹介】で、近日中に記事が載る予定である。


2018年9月7日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2018-09-07 16:33 | その他 | Comments(0)

山﨑先生がラジオに出演

自然観察講師、われらの“昆虫博士”山﨑秀雄先生が、8月13日にラジオに出演した。
ラジオ日本の「峰竜太のミネスタ」という番組だ。

d0163696_11503115.jpg
写真は終了後に番組スタッフの方からお送りいただいた写真。
ラジオ日本というのは首都圏のローカル局である。
番組を聴取できなかった方は、次からダウンロードしてお聞きいただける。
http://2.gigafile.nu/hb33461a868644821c8cbc3a77c184645-0820
(ダウンロードできるのは、数日間だけだと思われます)

生放送ということで、山﨑先生は緊張したそうだが、なかなかどうして、落ち着いて堂々と話しておられた。
峰さんの人柄か、それともスタッフのみなさんのフレンドリーな雰囲気のおかげだろうか。

残念だったのは、昆虫のすごさ、昆虫観察の面白さ、ついでに「昆虫博士入門」のすごさに関しての話が聞けなかったことだ。
山﨑先生は、話したいことを書き出して周到に準備されていたのだが、そんなシナリオはどこへやら…
まぁ、仕方がないだろう。自然観察大学の講演などとちがって聴取者は一般の方々なのだから、突っ込んだ話を押し付けるわけにもいくまい。

今回の山﨑先生は、7月に出演した“雑草博士”岩瀬徹先生の放送が好評だった由で、引き続いてお声がかかった。
また機会があれば、自然観察大学講師にご出演いただき、自然観察の面白さを広めていただきたいものだ。

2015年8月17日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2015-08-17 11:54 | その他 | Comments(0)

「石ころ博士入門」ができた!

d0163696_19145345.jpg
本の話が続いて恐縮だが、またまた良い本ができたのでお許しいただきたい。
観察と発見シリーズの合い言葉である〝形とくらし〟〝形と成り立ち〟に置き換えた、画期的な石ころ観察の本である。
今度の帯は紫色。
d0163696_19150485.jpg
新キャラクター〝石ころくん〟も登場している。

詳しい内容や紙面の見本は、出版社のHPでご覧いただきたい。
 ⇒ http://www.zennokyo.co.jp/book/hakase/Dr_s.html 

石ころは、そのできかたで組成が変わり、それによって類型がなされる由である。
石ころの分類で正確を期すには、薄片をつくって偏光顕微鏡で見る必要があるそうだが、著者らは採集してはそれを繰りかえすという。
気の遠くなるような仕事をされているのだが、この本ではそれが効果的に紹介されている。
(そもそも、石ころを薄片にするって、どうやるのだろうか?)

ちなみに、表紙にも使用されている桜島の写真を撮るにあたっては、夜通しシャッターチャンスをうかがい、何日も粘ったのだとか… 

一見すると子供向けのようにも見えるが、本格的で充実した内容なのは、このシリーズに共通した特徴である。
著者および制作スタッフの、労力を惜しまない、ていねいな仕事が、紙面の随所に表れている。

石ころは、雑草以上に身近な存在かもしれない。
身近にころがっている石ころだが、それができるまでの過程では造山運動など地球規模のストーリーがある。
石ころの成り立ちには壮大なロマンがあるのだ。

自然観察大学がそうであるように、自然観察の対象はつい生き物中心になりがちだが、「石ころ博士入門」によって、また新たな視点が開かれることだろう。


極秘情報
著者のおひとりである高橋直樹先生に、自然観察大学での室内講習会をお引き受けいただいた。
まずは講習会で総括的なことを話していただき、次に野外観察を実現したい。
ご期待いただきたい。

2015年5月20日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2015-05-20 19:21 | その他 | Comments(0)

「新・雑草博士入門」ができた!

自然観察大学講師陣の岩瀬・川名・飯島の三人の先生方による、
「新・雑草博士入門」が全国農村教育協会から発行された。
著者の紹介は自然観察大学HP【講師紹介】でもご覧いただけるが、本書巻末の紹介文がなかなかよいので、そちらをご覧いただきたい。

表紙はこれ。

d0163696_19533021.jpg
自然観察大学でNPO会員のみなさんに協力いただいたデザインで、同じシリーズの「昆虫博士入門」とそっくりだが、同じシリーズだから似ていて当然だ。

書店店頭などで間違えないように、赤い帯がついている。(「昆虫博士入門」は濃緑色の帯)

d0163696_19533731.jpg
「形には理由(ワケ)がある。 …というキャッチも同じだが、これも致し方ない。
どちらも〝形とくらし〟をキーワードにしたもので、
〝形をよく見て、くらしを考えて、そして名前に近づく〟
という自然観察の極意であり、自然観察大学のテーマでもある。
(ほかの案も考えたが、これより好い案が出なかったというのが真相)

この本は2001年発行の「たのしい自然観察 雑草博士入門」のリニューアル版だ。
子どもから大人まで使えるように本格的な内容をわかりやすく表現する、というコンセプトも同じ。
ただし、一年半がかりで見直し、練り直しが行われた。
その結果、各項でより緻密でていねいな解説が加えられるとともに、新たな観察ポイントも多数加えられている。

たとえば、ちょっとややこしい「ツユクサの花」について、著者らは改めてツユクサを詳しく観察した。
その結果が2ページ弱にわたって掲載されている。

d0163696_19534513.jpg
d0163696_19535337.jpg
花冠と花序の構造、受粉のしくみ、果実と、実にていねいな解説。2輪咲きのツユクサもある。
なかなか奥が深く、岩瀬先生をして〝いま、ツユクサに魅せられています〟と言わしめたほどである。
ツユクサの花は昨年の見沼の観察会で話題になった。参加いただいたみなさんにも、ぜひ本書で復習していただきたい。

もう一つ、観察会で盛り上がった話題。
「つるに巻かれてみよう」というもの。
見沼の芝川沿いの土手で、みんなでアレチウリのつる(巻きひげ)に巻かれてみたのを覚えておられるだろうか。

d0163696_19540190.jpg
そう。あれですよ。

こんな観察ポイントや話題が、ほかにもたくさん加えられている。キキョウソウなど追加された種も多い。
旧版の「たのしい自然観察 雑草博士入門」を持っておられる方にも、図書館などでぜひ一度目を通していただきたい。

制作裏話
「つるに巻かれてみよう」のコラムは、著者らのすすめにより、私の名前で書かせていただいている。
当初の原稿では文末に〝巻かれるのを待つ間にうっかり眠ってしまうと、搦め捕られてしまうので注意しよう〟と書いていたのだが、調子に乗りすぎという理由で割愛されてしまった。著者の見識というものであろう。

自然観察大学と「新・雑草博士入門」の関係

この本の著者の3人はご存じのとおり自然観察大学の講師だが、ほかにも唐沢学長の推薦文や写真提供をはじめ、村田先生、浅間先生、久保田さんら自然観察大学講師陣の協力でできている。
そして、自然観察大学の学生(参加者)のみなさんにも、観察会での写真の掲載だけでなく、アイデアをいただくなど、有形無形のご協力をいただいた。(感謝)
巻末の協力者リストには『NPO法人自然観察大学』の名が記されている。

本書を使った観察会
4月26日(日)に、北の丸公園でこの本を使った雑草の観察会が実施された。
自然観察大学HPで紹介されている 

http://sizenkansatu.jp/15daigaku/t_1.html


 ※ 出版社からの紹介  

2015年5月8日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-05-08 20:08 | 植物 | Comments(0)

「昆虫博士入門」と自然観察大学の関係

d0163696_1754983.jpg
文末に追記あり(2014.7.24)

前回()に引き続き「昆虫博士入門」の話をさせていただく。


共通する多くのメンバー

まずは制作にかかわった人々。
本書では、著者の山﨑秀雄先生(講師)をはじめ、撮影の高井幹夫先生は土佐支部長、写真提供で浅間茂副学長、講師の田仲義弘先生、鈴木信夫先生、平井一男先生、さらにNPO会員や常連の方々にもご協力をいただいている。またカバー折り返しには、岩瀬名誉学長の推薦文がある。まさに自然観察大学あっての「昆虫博士入門」なのである。
ついでに、表紙デザインはスタッフのK君、不肖事務局Oも撮影と編集でかかわっている。


『形とくらし』が共通のコンセプト

「第一章:昆虫の体の構造」から、顔のページのひとつ。
d0163696_17422465.jpg
昆虫の顔は変化に富んで興味深い。昆虫たちの顔をじい~っと見ながら、あれこれ想像するのはたのしい。それだけで図鑑になっているものもあるくらいなのだ。
(出版社の案内に、より高画質のものがあります

この本では顔を見て彼らの 形とくらし を考えるところからはじまる。そう、この本の根底に流れるのは 形とくらし なのだ。
「形(構造)をよく観て、くらし(生態、行動)を考えよう」という、自然観察大学のコンセプトを実践しているのだ。

顔に続いて頭部、眼、口、翅、脚… と体の各部に関して考察をすすめる。たとえば眼の項では、いろいろな昆虫の眼を浅間茂副学長の走査電顕の写真などとともに観てゆくのだが、この本では昆虫が見ている世界そのものも考察を試みる。紫外線写真(これも浅間先生)はもちろんのこと、複眼で見る世界とはどんなものか? 申し訳ないが話が長くなるので本書を見てのおたのしみとしよう。

「第二章:昆虫のくらし」の見本ページはこれ(高画質  ) 
d0163696_1818588.jpg
これは子育ての項だが、この章では変態や食性、営巣や擬態といった昆虫ならではのくらしぶりを紹介する。普通の図鑑ではない〝観察図鑑〟なればこそであり、自然観察大学と共通したユニークな視点である。
なお、子育てといえば狩蜂だが、それは田仲先生の 「狩蜂生体図鑑」()にゆずっている。


名前はたいせつだが、それだけではない

d0163696_1813022.jpg
上は「第三章:いろいろな昆虫」のセセリチョウの項。(高画質  ) 
まず左ページで、この仲間の代表種であるイチモンジセセリの成虫、幼虫、卵に加えて、興味深い生態が紹介されている。そして右ページでは、野外で目にすることの多いセセリチョウ科の仲間を紹介している。どれも生態写真なので感覚的に調べやすいはず。
種の同定までは無理だとしても、セセリチョウの仲間であることは分かるだろう。それ以上の正確な種名を詳しく調べるのは専門の図鑑におまかせし、そのかわりに彼らの生活や面白い習性を知ろうというものだ。
日本産の昆虫は既知種だけでも3万種をはるかに超えているそうだから、すべての昆虫の名前がわかる図鑑となれば、膨大なうえに似た昆虫がずらりと並んで慣れないとかえって難しくなってしまう。


予 告 !
「昆虫博士入門」と自然観察大学の密接な関係を知っていただいたところで、ビッグニュースがある。本書の監修をお願いした大野正男先生が、自然観察大学の室内講習会での講演を引き受けてくださった。
大野正男先生は知る人ぞ知る昆虫界の大御所である。
「昆虫博士入門」発刊記念として、大野正男先生と山﨑秀雄先生と、お二人そろって講演いただくことになった。詳しいことは9月末の募集開始をお待ちいただきたい。


本書の巻末に、著者推奨の「参考になるサイト」の紹介があるが、この場でまとめて紹介したい。お気に入りに追加しておこう。(50音順)

■図鑑
昆虫エクスプローラ *1 
進化する昆虫図鑑  
水生昆虫写真鑑  
日本産ゾウムシデータベース  
福光村昆虫記  
ぷてろんワールド  
みんなで作る日本産蛾類図鑑V2  
吉崎ネット甲虫館  

■観察記録・エッセイ
イッカク通信>自然観察な日々  
一寸の虫にも五分の魂  
神戸・明石の虫ときどきプランクトン *2  
ご近所の小さな生き物たち *3  
自然観察大学ブログ(当ブログ)
鈴木海花の「虫目で歩けば」  
そよ風の中で *4  
鎮(チン)さんの自然観察記~写真録~  
ひむか昆虫記  
むしコラ  
ムシをデザインしたのはダレ? *5  

なお、上記のサイト管理者のみなさんへ、紹介させていただいた御礼として本書をお送りしたのだが、番号付のブログで本書の紹介をしてくれている。
*1 ⇒⇒  *2 ⇒⇒   *3 ⇒⇒  *4 ⇒⇒  *5 ⇒⇒  

2014年7月16日、報告:自然観察大学 事務局O

<<<2014年7月24日、追記>>>
次のサイトで本書を紹介してくれました。ありがとうご合いました。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1915/hon/z-konchuuhakasenyuumon.html
このトップページはこちら(
(私のPCでは文字化けしてわかりにくかったので)


[PR]



by sizenkansatu | 2014-07-16 18:23 | その他 | Comments(0)

「昆虫博士入門」ができた!

新しい昆虫の本がまもなく発刊になる。名前は「昆虫博士入門」
d0163696_06540228.jpg
著者は、われらが自然観察大学講師、山﨑秀雄先生だ。
 ※ 山﨑先生のプロフィール  
自然観察大学がはじまって以来12年あまり、ずっと進行中だった本がようやくできあがって、来週には大手書店に並ぶはず。


名前を調べない図鑑
この本の特徴は、個々の種名を調べるための図鑑ではないということ。
細かな種名を明らかにするのではなく、とりあえず〝オサムシの仲間〟とか〝セセリチョウの仲間〟というところまで判定しよう、という図鑑なのである。
そのかわり、成虫だけでなく幼虫を含めたその仲間の昆虫がどんな生活をしているかが分かるようになっている。
そもそも、昆虫の種類は日本産の既知のものだけで3万を種はるかに超えるそうだ。いきなり昆虫の種類名を調べようというのはよくばった話で、初心者にとっては〝盲亀の浮木、優曇華の華〟である。


表紙の話(御礼)
中身についてはまたの機会にお知らせするとして、今回は表紙の話である。
決めるにあたっては、会員(NPO法人自然観察大学の会員)のみなさんにご意見をうかがった。表紙の候補案はほかにも何パターンかあって、決めかねていたのである。
候補案をメール添付でお送りしたところ、期待した以上に多くの方々からていねいなご意見をいただいた。

そんなわけで、上のような表紙に決まりました。
みなさん、お忙しい中、ありがとうございました。

 ※「昆虫博士入門」と自然観察大学の関係  
 ※「昆虫博士入門」出版社からの紹介  

2014年7月8日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-07-08 07:02 | その他 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

最新のコメント

> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13
ツユクサもだいぶ進化した..
by take_it_easy at 20:15
> なおぼんさん コメ..
by sizenkansatu at 13:33
イヌホウズキはよく見ます..
by なおぼん at 13:47
> 飛行機雲さん コメ..
by sizenkansatu at 20:24

検索

ブログジャンル