自然観察大学ブログ

タグ:ロゼット ( 15 ) タグの人気記事




春の雑草 ロゼットのようで、ロゼットではない

変幻自在のスズメノカタビラ

d0163696_18412938.jpg
スズメノカタビラは越年草の代表の一つだ。
主に秋に発芽して越冬し、翌年の春に花をつけるのが越年草。
でも、発芽してその年のうちに開花結実するものや、春になってから芽生えて素早く成長するスズメノカタビラもある。さらに近年は、ツルスズメノカタビラといって多年草化したものもある。
越年草とされているが、1年草として生活するのもあり、そのうえ多年草の系統もある。
スズメノカタビラこそ、まさに「雑草の中の雑草」と言えるだろう。
その変幻自在ぶりは、ほんとうに見事である。


とろで「越年草」といえばロゼットで冬を越すかというと、そうとは限らない。
スズメノカタビラはロゼットではない。

このスズメノカタビラをロゼット植物とする図鑑もあるが、それは誤りだ。
ロゼットでは、地上に出るのは葉(根生葉:こんせいよう)だけで、それが放射状に地表に広がる形をいう。茎は地表面すれすれの、有るか無いかのごく短い部分のみである。
スズメノカタビラは放射状に葉が出ているように思えるが、よく観ると根元から分かれた茎が出て、それに葉がついている。
イネ科はこのタイプで、ロゼットではなく叢生(そうせい)という。

※ 用語というのは人間の都合で決めたものだから、植物にとってはどうでもよいことかもしれない。しかしながら、歴代の植物学者の方たちが積み上げてきたものを、図鑑という立場で誤って伝えるのはよくない。ポケット版といえども図鑑なのだから… (この図鑑は売れているというのでなお困る)

近くに小さなスズメノカタビラがあった。

d0163696_18414220.jpg
大きさからして、これは春になって発芽したもののように思える。
それでも、もう、しっかりと出穂している。


ロゼットではなく、茎が放射状に出て、叢生していることが分かる。(しつこくてすみません)

もっと小さいスズメノカタビラがあった。

d0163696_18415234.jpg
なんと、すでに穂がある。
草丈は2-3cmくらいだが、この幼さで立派に大人なのだ。
う~む。変幻自在!



神出鬼没のノボロギク

芽生えてすぐに開花するといえばノボロギク。

d0163696_18420205.jpg
芽生えて間もない小さな葉(写真ではわかりにくいが葉の長さは1cm未満)の間にもうつぼみをつけている。
この形は、一見するとロゼットのようでもあるが、これはロゼットとは言わないだろう。

ノボロギクは、畑が耕起された直後などに、あっという間に芽を出す。
そしてすぐに開花結実する。


d0163696_18421133.jpg
大きくなったノボロギクはこれ。
耕した後に一面のノボロギク… という光景をしばしば目にする。

春に限らず、冬でも夏でも、チャンスがあればいつでも出芽し、一年中開花結実する。
神出鬼没の雑草だ。

2015年4月30日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-04-30 18:56 | 植物 | Comments(0)

春の雑草 ロゼットの観察-3

2月と3月のロゼットを比較してみよう。
(相変わらず季節外れですみません)

まずは2月末のヒメムカシヨモギ。
d0163696_23064211.jpg
整った形のロゼットだが、顔色が悪い。
冬のヒメムカシヨモギは、みな寒さに耐えるような色になっている。

次は3月末のヒメムカシヨモギ。(だと思う)
d0163696_23065800.jpg
春らしい、鮮やかな緑になった。(ヨカッタ)

次はオニノゲシ。
d0163696_23071230.jpg
2月末のオニノゲシは低い姿勢で寒さに耐える。
ロゼットの時期は、ノゲシと見分けやすいような気がする。

次は同じロゼットの1か月後。
d0163696_23085826.jpg
立体的に盛り上がって、元気いっぱい。
写真では大きさがわかりにくいが、元気に2まわりくらいでっかく成長している。

そして2月末のナガミヒナゲシ。
d0163696_23073175.jpg
1か月後のナガミヒナゲシ。
d0163696_23074434.jpg
これも中心部が上方へ盛り上がっている。
ナガミヒナゲシは、以前中心部の断面も観察しているので、そちらもご覧いただきたい。 ⇒ 

オニノゲシもナガミヒナゲシも、この時期早いものはもう花を開いているのに、まだこんな観察記録を書いている。
いいかげん、イヤになってくるが、もう少しだけお付き合いいただきたい。

2015年4月22日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2015-04-22 23:18 | 植物 | Comments(0)

春の雑草 ロゼットの観察-2

※ 前回のタイトルは「早春の雑草」だったが、タイトルを変更した。
(ペースが季節に追いついていない!)

前回と同じ場所の1か月後、3月末のようすを観に行った。
d0163696_07043411.jpg
春爛漫である。
ナズナがすっかり大きくなって、ホトケノザも成長している。

成長したナズナ。
d0163696_07044656.jpg
上のナズナは、たぶん一か月前にロゼットだったものだろう。
ロゼットで冬を越した、正統派の越年草タイプである。

こちらはロゼットのないナズナ。
d0163696_07045752.jpg
草丈は6~7センチ程度。
遅く発芽したナズナはロゼットを作らず、すぐに茎を立てて花をつける。
型にはまらない柔軟な生活ぶりは、さすが雑草である。

ところで、上の写真で花序のつけ根のところが黒っぽくなっているのは、アブラムシである。
遅れて外の世界に出て、なんとか花茎を立てたナズナだが、一歩出ると七人の敵がいるということだ。

ナズナの花を拡大してみよう。
d0163696_07050763.jpg
ナズナは十字型のアブラナ科の花だ。
小さくてわかりにくいが、雄しべが6本で、外側に出ている2本は少し短いのが特徴。
花序の中心部にはつぼみがあって、次々に新しいつぼみを着けては、花を開かせる。
ひとつヘンなものがあることにお気づきだろうか。
画面中央やや右下に、アブラムシの尻が観える。たぶんこれはニセダイコンアブラムシ。
つぼみにの中に埋もれて擬態しているようにも観える。

余談だが、上の花のアップは、新しいクローズアップレンズによるものだ。これまで使っていたものを紛失してしまったので、新しく購入したのだ。マルミ光機というメーカーのDGH3というもので、なかなか好い。
ヨドバシカメラの店員さんに勧められたのだが、大手フィルターメーカーのK社よりも、かなりよさそうだ。
クローズアップレンズは簡単手軽に倍率を上げられるので、いつもポケットに入れている。

ここでクイズ。これはなんのロゼット?
d0163696_07051995.jpg
ヒント:
 ●ナズナと同じアブラナ科植物。
 ●ちょっと元気がない。
 ●もしかするとウイルス病かも…

横からのカットでタネアカシ。
d0163696_07052959.jpg
ほったらかしにされたダイコンでした。

上の写真の1か月後には抽苔していた。
d0163696_07053841.jpg
ダイコンはナズナと同じアブラナ科植物である。

花を観よう。
d0163696_07054898.jpg
雄しべ6本で、外側の2本が短いところもナズナと同じ。
大きいので観察しやすい。

2015年4月13日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2015-04-13 07:10 | 植物 | Comments(0)

早春の雑草 ロゼットの観察-1

2月末の暖かい日のこと。久しぶりに雑草を観に行った。
d0163696_07170236.jpg
ネギ畑の周りの雑草。
南向きに行儀よくならんで、日なたぼっこでもしているようだ。

気の早い、花をつけたヤツもいる。
d0163696_07171111.jpg
ホトケノザにスズメノカタビラ、奥で花茎を伸ばしているのはナズナ。

ロゼットがたくさんあると思ったら…
d0163696_07172067.jpg
よく観ると全部ナズナだ。
葉の切れ込みの深いものや浅いものといろいろある。
大小の違いは発芽時期の違いだろう。小さなものはどう見ても今年になってからの発芽と思う。

越年草(秋以降に発芽し、翌春成長して花をつける)とされるナズナだが、越年しないものも多い。秋に発芽して年内に花から実になるものもたくさんあるし、年を越してから発芽してロゼットを作らずに開花結実するのもある。その柔軟さ、型にはまらないところが雑草の雑草たるゆえんだ。

これもナズナのロゼット。
d0163696_07172892.jpg
寒さに当たったためか、古い葉(大きな葉)は色が悪い。
でも、中心部から新しく緑鮮やかな葉が出てきている。

次は切れ込みが細かくて深いもの。
d0163696_07173534.jpg
葉先のほうに緑が残っているのは、積雪や霜に触れてなかったためなのだろうか。
葉の数が多いのは、枯れた葉を補うために次々に出たものか。
厳しい寒さに震えながら育ったのだろう、このナズナの苦労がうかがえる。

好対照なのが次のロゼット。
d0163696_07174434.jpg
切れ込みが少なく、葉の緑は鮮やか。これもナズナである。
全体に丸っこくて、暖かいところでのんびりと育ってきたのかと想像してしまう。
(同じ畑のナズナだが…)

次はごく小さなロゼットだが、これもやはりナズナ。
d0163696_07175182.jpg
せっかく芽生えたのに、寒さにやられてしまって、なんとか新芽を出して持ちこたえている、といったところか。
d0163696_07175726.jpg
横から見ると宙に浮いたようになっているのは、たぶん霜で持ち上げられたのだろう。


余談ですが…
昨年後半から、なかなか更新できない日々が続いている。
毎週1回は更新できるようにしたいのだが、それが2週に一度になり、最近は月に一度たらずのペースになってしまっている。
雑用(本業とも言う)に追われて時間が作れなかったのだが、それもほぼ解消できた。
ぼちぼちと更新しますので、見捨てずにこれからもお付き合いのほど、よろしくお願いします。

2015年3月25日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2015-03-25 07:22 | 植物 | Comments(2)

いにしえの雑草タビラコ

3月下旬に、飯島先生(自然観察大学講師)の農園にうかがった。

※ 飯島農園ブルーベリーヒル ⇒ http://blueberryhill.web.fc2.com/

自宅の目の前が田んぼ。

d0163696_23475666.jpg
左側が飯島先生の田んぼで、隣はよその農家。
比べてみて驚いた。
飯島先生の田んぼでは雑草が茂っているのに対し、右の田んぼはまったくない。
話によると、お隣はごく普通の除草剤を使用する稲作だそうだが、雑草はおろかコンバインで散らした稲わらに覆われて土面さえも見えない。
左の飯島農園の田んぼは、手取り除草のみ。今時めずらしい手植え&手刈りだそうだ。
どちらがよい田んぼなのか、立場や見方によって違ってくると思うが、こうもはっきりとした違いが出るとは驚きである。

耕起前の田んぼの代表といえば…

d0163696_23480600.jpg
タネツケバナ。
そしてスズメノカタビラ、スズメノテッポウなどにまじって、コオニタビラコがあった。
d0163696_23481488.jpg
コオニタビラコの旧名はホトケノザで、かつては春の七草のひとつとして食べられていたそうだ。
今はとんと見かけない貴重な雑草だが、昔はいたるところの田んぼで普通にあったのだろう。
d0163696_23482628.jpg
田平子の名前のとおり低い姿勢でロゼットが広がっている。
この田んぼでは、稲刈りあとの株間にコオニタビラコが点々と観察された。
d0163696_23483530.jpg
オニタビラコに比べると全体は小さく花茎は短いが、頭花はかなり大きい。
在来植物も帰化植物も同じ地球に生きる仲間であり、エコヒイキをしたくはないのだが、在来種には独特の品格があるように思えてしまう。
 …というのは私だけだろうか。

飯島先生ご夫妻がここで稲作をはじめて4年が経ったそうだが、昔ながらの稲作を続けると、チャンといにしえの雑草が戻ってくるということなのだろう。
このあと、水をひいて稲作がはじまると、どんな生物が観られるか… ぜひまたおじゃましたいものだ。

多様な生物をたのしめそうな田んぼではあるが、おそらく労働力は隣に比べるとけた違いだと思う。

2014年4月12日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-04-12 23:51 | 植物 | Comments(0)

ナズナのロゼットの年越し その2

年が明けてから寒い日が続くが、急に寒くなった1月中旬、あのロゼットはどうなったか?
前回報告したナズナのロゼット がどうなったのか観察した。

d0163696_07330597.jpg
紫褐色がかっているのが前回と違うところ。やっぱり寒いと顔色が悪くなる。
しかし肝心の葉の切れ込みが細かくなったのか?
変わったといえば、そんな感じもするのだが、はっきりしない。
切れ込みの少ないタイプは見当たらないが…
d0163696_07332956.jpg
全体に切れ込みの多いタイプが目立つ。
古い葉は消失してしまっていて、はたしてこれが、元は切れ込みの少ないタイプだったのかどうか、わからない。
う~む。
個体に目印をつけるなどして、もっと厳密に観察するべきだった。失敗である。



外来雑草は寒さに強い?

上の写真の中央右がナズナで、いかにも寒さに耐えている感じ。

d0163696_07334776.jpg
左隣はナガミヒナゲシで、こちらはいたって元気。


近くにあったナガミヒナゲシの群落。

d0163696_07335668.jpg
原産地は地中海沿岸だそうだが、はじめから寒さに強かったのではなく、移転先で揉まれて、したたかさを身につけたというのだろうか。

2014年1月20日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-01-20 07:39 | 植物 | Comments(0)

ナズナのロゼットの年越し その1

ご挨拶が遅れましたが、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ナズナは、基本的に秋に芽生えロゼットで越冬して翌春開花・結実する 〝越年草〟 とされているが、その年越しのようすを観てみよう。

去年の12月。例年にくらべ暖かい日が続いて、ナズナたちも元気いっぱい。

d0163696_07340013.jpg
同じナズナでも、葉の切れ込み方でいろんな形のロゼットがある。

d0163696_07341664.jpg
ナズナのロゼットというと、普通はこのイメージだろうか。

d0163696_07342882.jpg
これは葉の切れ込みが少ないタイプ。

d0163696_07344557.jpg
こちらは切れ込みが多い。


最後の写真をよく観ると、古い葉は切れ込みが少なく、新しい葉は切れ込みが多くなっている。
これまで、葉の切れ込みの違いは個体差なのかと思っていたのだが、どうもそれだけではないらしい。
もしかすると、ナズナは 『切れ込みの少ない葉』 ⇒ 『切れ込みの多い葉』 と形を変えているのだろうか。それは気温と関係があって、切れ込みが多い葉は耐寒性に優れた厳冬期用なのか?
この推測が当たっているのかどうか、引き続き観察したい。


ところで、越年草のナズナではあるが、例外は多い。

d0163696_07345470.jpg
春を待たずに抽苔したナズナ。
越年にこだわることなく、チャンスと見たらいつでも開花結実する。雑草らしい柔軟さだ。



余談ですが…

d0163696_07350561.jpg
ナズナが生えていたネギ畑。
こんな光景を観ると、何となくうれしくなるのであった。

2014年1月14日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-01-14 07:44 | 植物 | Comments(0)

冬の雑草-6 雪の下のタンポポとハルジオン

真冬でも花を開き、結実している。
d0163696_675840.jpg
セイヨウタンポポは一生をロゼットの形で過ごし、真夏以外は、ほぼ一年中花を付ける。
多年生のタフな雑草だ。

こちらはハルジオン。
d0163696_685025.jpg
同じく多年生、で冬をロゼットで過ごすのだが、整ったきれいな形にはならない。

上の2点はどちらも千葉県で観たロゼットで、どちらも少し色が悪いものの、何とかがんばっている。

もっと寒いところではどうだろうか。
長野県でもロゼットを観てみた。
d0163696_693866.jpg
雪融けの下のセイヨウタンポポは悲惨な姿。

一方のハルジオンは…
d0163696_61010100.jpg
少し顔色(?)が悪いが何とかがんばっている。

雪の下に埋もれたのも観てみよう。
d0163696_6104616.jpg
雪をどけてみると、おあつらえ向きにタンポポとハルジオンのロゼットが並んでいた。
我慢くらべはハルジオンの勝ちのようだ。

2013年2月12日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-02-12 06:12 | 植物 | Comments(0)

冬の雑草-4 ロゼットの我慢くらべ

紫褐色のロゼットはヒメムカシヨモギ。
d0163696_2313059.jpg
冬の色だ。
d0163696_2321976.jpg
この色は紅葉か、それとも凍傷か? どちらにしても重傷だろう。
この葉が回復することはないと思う。
d0163696_2333420.jpg
でも、中心部からちゃんと緑の葉が出ているのでひと安心。
これも新緑としたい。

ところで、もう一度、はじめの写真を見ていただきたい。画面中央やや左にナズナがまぎれこんでいるのに気付かれたと思う。

近くにその二つのロゼットが並んでいた。
d0163696_2341170.jpg
ヒメムカシヨモギは、顔色(?)が悪いながらも姿勢を正している。
右のナズナはいかにも尾羽打ち枯らした姿だ。
我慢くらべはヒメムカシヨモギの勝ちだろう。

そうはいっても、ナズナのほうも新しい葉が出ている。
d0163696_235991.jpg
さすがは、いにしえより冬越しを繰り返してきた越年生雑草だ。先祖代々の筋金が入っている。

大雪の一週間後に、同じ場所でヒメムカシヨモギを観察した。
d0163696_235526.jpg
雪融けからロゼットが姿をあらわしていた。
あいかわらず顔色は悪いのに凛とした姿は 〝武士は食わねど高楊枝〟 を思い起させる。
いや待て、ヒメムカシヨモギは北米原産の帰化植物だった。

さらに元気なのが、画面左側のコマツヨイグサ。今回の我慢くらべは彼の勝ちのようだ。
こちらも北米原産の帰化物植物とされているが、北米でも寒いところの出身なのだろう。

2013年1月26日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-01-26 23:09 | 植物 | Comments(0)

冬の雑草-3 ロゼットは寒さに耐えるためのカタチか?

セイタカアワダチソウのロゼット。
d0163696_1374260.jpg
ロゼットの定義は 〝根から(ごく短い茎から)放射状に根生葉を広げる〟 ということなので、厳密に考えるとこれはロゼットではないかもしれない。
セイタカアワダチソウは地下茎を伸ばして、地上に顔を出したその先に葉をつけるからだ。根生葉ではなく茎生葉ということになる。
d0163696_13858.jpg
そうはいってもロゼットである。

植物がロゼットの形をとる理由の一つは 〝冬の寒さに耐えるため〟 と言われているが、それを示してくれる場面に遭遇した。

地上茎を立てたセイタカアワダチソウ。
彼は早まって抜け駆けしてしまったようだ。
d0163696_139680.jpg
先のほうは萎れたようになっている。
上の写真は12月末であるが、その後継続して観ると…
d0163696_1392478.jpg
1週間後には上の写真のように全身が萎れていた。
こうして見ると、やはりロゼットは寒さに絶えるのに有効と考えられる。

それにしても、雑草の世界でも 〝出る杭は打たれる〟 ということらしい。

2013年1月21日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-01-21 13:10 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13
ツユクサもだいぶ進化した..
by take_it_easy at 20:15
> なおぼんさん コメ..
by sizenkansatu at 13:33
イヌホウズキはよく見ます..
by なおぼん at 13:47
> 飛行機雲さん コメ..
by sizenkansatu at 20:24

検索

ブログジャンル