自然観察大学ブログ

タグ:ハンミョウ ( 4 ) タグの人気記事




マメハンミョウと人との深いかかわり

今年の夏はマメハンミョウの集団に2度遭遇した。

d0163696_19411900.jpg
なかなかダンディな姿をしている。
カンタリジンという毒を体内にもつだけあって、目立ちたがりなのだろう。


斑猫(はんみょう)の毒というのはこのカンタリジンで、ネットで調べたことを無責任に列記してみよう。
●斑猫粉はトリカブトとともに毒薬として利用された。暗殺の歴史には欠かせない存在。
●致死量は30ミリグラム。成虫数にすると4、5頭~10頭くらい。
●漢方薬としてイボとり(発疱剤)や、ごく少量の服用で利尿剤、媚薬などの効能がある。

マメハンミョウはツチハンミョウ科に属し、この仲間はみなカンタリジンを持つようだ。誤ってつぶしたりすると、皮膚がただれるので注意。かくいう私もこの仲間のキイロゲンセイによってただれた経験がある。(夜の昆虫採集

ちなみにハンミョウ科のハンミョウたちはまったく別物で、彼らには毒はない。( ハンミョウとアリとマーガリン

話を元に戻そう。
今年マメハンミョウを見たのは8月7日と14日で、猛暑の中、すこぶる元気だった。
ネット上の風説では、どうも昨年(2013年)あたりからマメハンミョウの発生が多いらしい。

さて、このとき我々は雑草の写真を撮っていたのだが、多数のマメハンミョウがぞろぞろと移動していた。

d0163696_19413350.jpg
ある時はハキダメギクを食べ… 
d0163696_19414472.jpg
またある時はオヒシバの葉上で… (これは食べてないかも)

そしてこちらでは畑のトマトを食べている。

d0163696_19415546.jpg
彼らはどこから来て、どこへ行くのか、団体行動の理由は何か、ナゾだ。

マメハンミョウは、幼虫がイナゴの卵に寄生し、成虫は広食性の植物食だという。
これまでに見たマメハンミョウ成虫は田んぼの脇のダイズを食べていた。広食性とはいえ、やはりダイズは美味かろう。
田んぼの脇にダイズが点々と植えられるのを見かける。たぶん自家用の枝豆なのだろうが、この環境はマメハンミョウにとっては好都合で、まるで理想郷だ。

これまでに何度かそんな光景を見て、しかも名前がマメハンミョウということもあって、成虫はマメ科植物を食べると思っていたのだが、それは私の思い込みだったようだ。

日本では第二次大戦後イナゴが激減したものの、その後低毒性の農薬への切り替えによるものか、1980年前後にはイナゴが復活した。
それにともなって、一時は希少な存在となっていたマメハンミョウもゆっくりと増加傾向にあるのかもしれない。

ヒトとマメハンミョウの関係を考えてみると、幼虫はイナゴ食で競合関係にあり、成虫は枝豆食でこれまたライバルである。
謀殺での活用で歴史を積み上げてきたこといい、縁の深い昆虫である。

2014年10月22日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-10-22 19:48 | 昆虫など | Comments(0)

ハンミョウとアリとマーガリン

ハンミョウがアリを食べるところを撮影した。
ハンミョウの運動能力がすごいことはコハンミョウと同じだ。野外で撮ることは難しいのでポリ容器内に砂を敷きセットした。

狩猟の名人
意外なことにハンミョウの狩猟は、運動能力を生かして追い掛け回すものではない。無駄のない動きに驚いた。
まずアリが近くに来るまで不動の姿勢で待つ。
獲物を視界にとらえ、射程内に入ると、迅速かつ的確に捕らえる。射程距離は4、5センチ程度か。
ススッと滑らかに移動し、狙いを外すことなく大あごで挟む。
一連の動きは武道の達人のようである。“ハエを箸で挟む宮本武蔵” と例えるとわかりやすいだろうか。アリが、まるで止まっているように見えるのだ。
d0163696_19145216.jpg
私のカメラはとうてい追いつけず、写真は捕らえた直後のものである。しかも若干ピントがずれているが、ご容赦いただきたい。
捕らえた獲物は咀嚼してつぶし、体液を吸収するらしい。咀嚼は比較的長時間にわたり、大あごをゆっくりと開閉する。
d0163696_19163265.jpg

ハンミョウの口器は見るからに複雑で私にはよくわからないが、獲物を保持する部分と捕らえる部分が別にあるようだ。目の前の獲物を複数捕らえておいて、あとでゆっくり咀嚼するものと考えられる。先の報告で書いたが、このときは目の前であっという間に4頭のアリを捕らえたのだ。この間に咀嚼する時間はない。

マーガリンがお好き
もうひとつ驚いたことがある。ハンミョウはマーガリンを好むのだ。
マーガリンはアリがポリ容器を登って外に出ないようにと塗っておいたのだが、なんとハンミョウがこのマーガリンを夢中で舐めるのだ。
d0163696_19173467.jpg
容器壁面のマーガリンの存在を知ってしまったハンミョウは、這いつくばって口を押し付けるように貪欲に舐める。このときばかりは自慢の大あごが邪魔になるらしい。
幼虫はどうなのだろうか。マーガリンで育つとメタボなハンミョウになってしまうのだろうか。マーガリンはこのところ健康面で色々と言われているのでバターやマヨネーズ、ケチャップはどうだろうか。想像は際限ないが、やめておこう。
興味を持つのはたいせつですが、もてあそんではいけません。生物はみな同志です。

参考:このブログの以下の記事を見ていただくと、より深い(?)ところに進めます。
“安土城とハンミョウ”(8/19) http://sizenkan.exblog.jp/11770382/
“コハンミョウの脚”(7/22) http://sizenkan.exblog.jp/11597474/
2010年8月27日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-08-26 19:21 | 昆虫など | Comments(1)

安土城跡とハンミョウ -滋賀その4-

安土城は言わずと知れた信長の城だ。
四百段以上とされる大手道という石段を登る。
かつては荒れ果てていたということだが、今は20年間の発掘調査が終了し、石垣と石段が整備され、往時の壮大さを偲ぶことができるようになった。
安土城跡をはじめ、かつての日本の建築物のなんと風格のあることか。それに比べると現代の六本木ヒルズや東京スカイツリーなど味も素っ気もない。
d0163696_1852766.jpg

それにしても猛暑の中でこの石段はこたえる。汗だくになって
“織田家中の人たちは毎日この石段を行き来したのだろうか。昔の人はすごい。エスカレーターがほしいなぁ”
などと考えていると、目の前をハンミョウが横切った。石段をものともせずに移動している。信長の時代から石段の上り下りで足腰が鍛えられているのだろうか。うらやましいくらい軽やかな動きだ。
d0163696_1862052.jpg

写真のハンミョウは持ち帰って一眼レフカメラで撮ったものである。今回コンパクトカメラのみの携行で、動きの早いハンミョウを撮ることは不可能ということもあるが、実はそのコンパクトカメラのバッテリー残量がなくなったためである。

光っているようで、光ってない
ハンミョウの金属光沢は頭部と胸部に限られる。前翅は一見して光り輝いているように見えるが、これはその斑紋のマジックであった。じっくりと撮ってはじめて気がついた。
これと同じことはアカスジキンカメムシにも見られる。
(ハンミョウもカメムシも画像をダブルクリックすると拡大されます)
d0163696_1872974.jpg

アカスジキンカメムシでは頭部は金属光沢があるが、胸部と小楯板は紋様によって輝くように見えるのである。光るように見せるのは何かわけがあるのだろうか。それとも光っているように見えるのは私だけだろうか。
話がそれたついでにもうすこしアカスジキンカメムシの話。
小楯板(しょうじゅんばん)というのは、他の昆虫の前翅にあたるところにある。小楯板は普通は前翅の間にある三角形の部分で、アカスジキンカメムシなどキンカメムシ科ではこれが大きくなって背面を覆っているのだ。
飛ぶときは小楯板の下から翅を出す。飛ぶ写真は 『鎮(チン)さんの自然観察記』 2008年5月28日 で写真が紹介されている。クズでよく見かけるマルカメムシも同じように紹介されている。
鎮(チン)さんのブログは飛翔をテーマにしていて、自然観察大学ブログよりもっとマニアック。おもしろいですよ。

天守台ではコハンミョウが…
話は安土城に戻る。石段を登りきると天守台だ。写真はその入り口。
d0163696_18101981.jpg

肝心の天守台はバッテリー切れで写真がないが、このブログの主旨ではないのでご容赦いただきたい。遺構はほかで見ていただこう。
天守台跡では地下の礎石が残る。60-70個の礎石が規則正しく並んでいる。小説『火天の城』や映画で見た話とは違うようだ(好きなので両方見ています)。たしか小説では4本、映画では1本の柱で天守を支えるという話だったが…
などと悩んでいると、こんどはコハンミョウがいた。天守台跡地一面にかなりの数がいる。小さく地味なので誰も気づかないようだが、私一人は双眼鏡で虫を追いかけ、雌雄の確認をすることに熱中していた。
コハンミョウについては、このブログの7月22日、
あるいは 自然観察大学 2010年6月27日の観察レポートを見ていただきたい。

ついでで恐縮だが小説の『火天の城』(文春文庫)は面白い。おすすめです。

後日談
ハンミョウを持ち帰って、撮らせていただいた後に自宅付近で放した。放した途端すぐに逃げ去ると思ったら、さにあらず。近くにいたアリをたてつづけに4頭、見ている前で食べた。数日間の断食でよほど空腹だったらしい。
近日中に改めてこの報告をさせていただく。

2010年8月19日、報告:事務局O

【Y先生より補足】8/23
アカスジキンカメムシが飛ぶ時に小楯板の下から出す翅は後翅です。前翅は小さくなって小楯板の横につきます。
ところで、鎮(チン)さんのブログでは、かなり正確に同定されていますね。撮影場所が明記されているのもいいです。飛ぶところの写真も参考になりました。
[PR]



by sizenkansatu | 2010-08-19 18:21 | 昆虫など | Comments(3)

また昆虫の脚

ハンミョウの脚:秘密の肉球?
野川公園の観察会で話題になったコハンミョウの脚が気になったので、7/17にまた現地へ行った。この日は猛暑がはじまった日で、家族連れなどヒトはぐったりしているようだったが、コハンミョウは相変わらず超元気だった。長い脚で地表をすばやく歩くだけでなく、捕まえようとすると細い脚からは想像できないほど激しく動き、大きくジャンプする。その上よく飛ぶ。
(HPの観察会レポートで“飛ばない”とあったのは、“通常の生活では飛ばない”という意味で、ピンチには飛ぶということだそうです。勘違いのないようにHPも修正しておきます)
d0163696_1257145.jpg

華奢に見えるこの脚のどこに、あの運動能力を秘めているのだろうか。
よく観ると脚のつけ根に茶褐色袋状のものがある。
d0163696_12572916.jpg

確かなことは分からないが、この肉球のようなものに秘密がありそうだ。アシナガバチの仲間にも、このような袋状の物体があるらしい。
(どなたか知っている方はお教えください)

イモムシの脚:キャタピラー
同じ日、野川公園でイボアシの発達したすばやい動きのイモムシを見た。3対の本当の脚(胸脚)と俗に言う“イボアシ”(4対の腹脚と1対の尾脚)がある。イモムシが全部の脚をリズミカルに連動させ、クヌギの葉から葉へ元気よく移動しているのは、私に驚いたせいか?
d0163696_12584443.jpg

イモムシのことを英語でキャタピラーというのは、この動きを観るとうなずける。
感心しながら観ていると、突然移動をやめ、ワシワシと葉を食べること数分間。写真はその間に撮ったものだ。
大きな吸盤状のイボアシ。体に比べてイボアシが大きいのは、若齢幼虫のためか。
食べ終わるとまたすぐに葉から葉へリズムに乗った移動をはじめた。

2010年7月22日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-07-22 13:02 | 昆虫など | Comments(1)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

最新のコメント

> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13
ツユクサもだいぶ進化した..
by take_it_easy at 20:15
> なおぼんさん コメ..
by sizenkansatu at 13:33
イヌホウズキはよく見ます..
by なおぼん at 13:47
> 飛行機雲さん コメ..
by sizenkansatu at 20:24

検索

ブログジャンル