自然観察大学ブログ

タグ:カビ ( 3 ) タグの人気記事




江戸川べりの観察-14 うどんこ病の観察

エノキは河川敷などに先駆的に育つ、いわゆるパイオニア植物のひとつだ。
10月末のある日、そのエノキの葉裏が真っ白になっていた。
d0163696_20163846.jpg

近寄ってみると小さな粒々がある。 …うどんこ病だ。
〝うどん粉〟はいわゆる小麦粉のことで、これをまぶしたように白くなるので 〝うどんこ病
白い粉の正体は、うどんこ病菌の菌糸と胞子(分生子または分生胞子と言う)だそうだ。
d0163696_20173693.jpg
拡大すると表面に粒々があった。
d0163696_20175375.jpg
これは子嚢殻(しのうかく、こまかく言うと閉子嚢殻)と言うのだそうである。黄色から橙色と成熟して、黒いのが完熟なのだろう。直径は0.2㎜強で、よく見ると脚立のような付属器(付属糸)ではなく、カッパの頭状になっている。 (写真をクリックすると拡大します)
この粒のまま飛散して越冬し、翌春、中から子嚢胞子を出して新しいエノキに感染するのだそうだ。
なお、子嚢殻ができるのは秋で、普段は前述の分生子で繁殖する。


ややこしい 〝うどんこ病菌〟

うどんこ病のことを調べてみると、いろいろとややこしいことが分かった。
ちょっと長いが、お時間のある方はお付き合いいただきたい。

●まず カビ図鑑』 (細矢剛ほか、全農教)  で入門させていただいた。
うどんこ病菌は宿主植物を枯らすことなく、落葉するまで仲良く共存する。〝絶対寄生菌〟というそうだ。
植物とともに進化してきたためか、宿主植物とうどんこ病菌の種類は、組み合わせがほぼ決まっているらしい。

●では、どのくらいの種類が知られているのか…
日本植物病名データベース』(日本植物病理学会、農業生物資源ジーンバンク) で調べると、各種植物のうどんこ病といわれる病名が405件あった。これに対し、病原菌の種類は判明しているだけで180種弱である。
十把一からげに 〝うどんこ病〟 と呼んでいるが、その正体は多種多様だ。
ちなみに、エノキには〝エノキうどんこ病〟と〝エノキ裏うどんこ病〟の2種が確認されている。

●さらにエノキうどんこ病、エノキ裏うどんこ病を調べよう。
病害虫・雑草の情報基地』 で 『インターネット版 日本植物病害大事典』(岸國平、全農教) のp1116-1117に掲載されている。(閲覧には無料会員登録が必要)
病徴の写真からは両者の区別はつかないが、裏うどんこ病の解説に 「付属糸は閉子嚢殻の頭部に冠状に生じ…」 とあるので〝裏〟と判明した。
ちなみに、直径0.2~0.25mmの子嚢殻の中には16~33個の子嚢があり、さらにその中に3個(まれに2個)ずつの子嚢胞子が入っているそうである。


超ややこしい話ですが…

菌類のなかで、子嚢殻をつくるものを〝子嚢菌類〟という。
うどんこ病菌の中で子嚢殻が確認されたものは子嚢菌類であり、未確認のもの(あるいはもともとつくらないものもあるか?)は糸状不完全菌類(不完全菌類)に分類される。
うどんこ病菌は絶対寄生菌であり、人工培養はできないのだから、子嚢殻の確認は難しそう。

子嚢菌類と糸状不完全菌類の分類のレベルは、亜門 (門と綱の間)だという。
なんということか !
粒々(子嚢殻)が確認されると、そのときから所属の亜門が変わるとは !!

ミクロの世界でありながら、ダイナミックな世界を感じてしまった。

2012年11月8日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-11-08 20:28 | その他 | Comments(2)

大町公園-2 ついにカビ観察。そして…

カビ観察
d0163696_12261030.jpg
鮮やかなオレンジ色の物体。これはカビだ。
d0163696_12264799.jpg
変形して膨れた植物はキツネノボタン。表面のブツブツは “さび病菌” らしい。
キツネノボタンさび病だ。

ブツブツを拡大してみると面白い形をしていた。
d0163696_12285853.jpg
これがいわゆる “さび胞子” なのだろうか。
まわりの白いものはなんだろう? ハルジオンの舌状花にも似ているが…

後日、植物病理学者の岸 國平先生に写真を見ていただいたところ、次のようにご意見いただいた。
………………………………………………………
さび病で間違いないでしょう。橙色のところにさび胞子がたくさんできていて、周りに散っているのが分かります。
周りの植物にはさびがないので、このさび菌の場合はキツネノボタンだけに寄生するのが分かりますね。
舌状花のようなものははっきり解りませんが、胞子を包んでいた膜がはじけたようなものではないでしょうか。
………………………………………………………
“キツネノボタンさび病”は正式に発表されてないということだ。この後さび胞子で他の植物に宿主を移す由だが、どこへ移るのだろうか。

自然観察大学では昨年の講習会で『カビライフ入門』 をテーマにしているので、そのレポートをご覧いただきたい。 http://sizenkansatu.jp/index_2.html
『カビ図鑑』(細矢剛ほか、全農教)にはさび病の生活史などが詳しく載っているので、そちらもぜひどうぞ。 http://www.zennokyo.co.jp/book/kagak/kb.html

うどんこ病とテントウムシ
こちらはトウカエデのうどんこ病。
d0163696_12305996.jpg
果実の表面が、名前の通り、うどん粉をまぶしたようになっている。翼が変形しているのはうどんこ病菌のせいだろう。
d0163696_12312217.jpg
果房全体にうどんこ病が出ているが、注目していただきたいのは、画面下の葉上の小さなテントウムシ。

このキイロテントウは、うどんこ病菌などのカビを食べる。
食べるところを撮らせてもらおうと、果実の上に移動していただいたのだが…
d0163696_123288.jpg
満腹なのか、じっとして眠そうな顔。複眼にピントを合わせようとしても、ぼんやりしてうまくいかない。
仕上がり写真をチェックして解ったのだが、透明カバーのような構造があって、複眼はその下に隠れている。うまくできているものだ。
d0163696_12323338.jpg
やっと顔を出した。
おまけに見えてなかったヒゲもサービスしてくれた。
こんな立派なヒゲを何処に隠していたのか、特大のふっくらしたマガタマ型のヒゲだ。

先述の岸先生に、このテントウムシの写真も見ていただいた。
………………………………………………………
ほぉ、カビを食べるテントウムシがいるとは面白い。
うどんこ病菌だったらたっぷりと、腹いっぱい食べられるかもしれないね。
キイロテントウもいいところに目をつけたものですね。
………………………………………………………

多彩なテントウムシ
テントウムシはアブラムシなどを捕食するナナホシテントウ・ナミテントウなどの肉食性と、ジャガイモやナスなどの植物を食べるニジュウヤホシテントウ、今回紹介したカビを食べるキイロテントウなどがいる。
同じテントウムシ科というグループで 肉食、植物食、菌食に分かれるというのは面白い。

2011年5月30日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-05-30 12:35 | その他 | Comments(3)

カビ観察ブームか?

少し前に発行された 『カビ図鑑』 という本が評判を呼んでいるようだ。
これは “カビ” を自然観察の対象にしようというマニアックな本である。もともと自然観察をしようという人たちは、多かれ少なかれマニアックな資質を持っていたのだろう。この 『カビ図鑑』 が予想外に売れているらしいのだ。

アウトドア雑誌で 『ガルヴィ(Garrrv)』 というのがある。その10月号の巻頭特集が “カビ観察のススメ” なのだ。下がその記事。
d0163696_2048239.jpg
これは驚いた。一見して出版社(全農教)の広告かと思ったが、そうではない。編集部がカビは面白いと判断したのだろう。

ところで…
これはまだ極秘事項だが、自然観察大学の室内講習会で 『カビ図鑑』 著者の細矢先生に講演をしていただく予定だ。細矢先生は “カビを観察対象にする” という革命的な考えを持っておられる。ご期待ください。

岩瀬学長の 『カビ図鑑』 の紹介は、 http://www.sizenkansatu.jp/index_11.html をご覧ください。

2010年9月9日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-09-09 20:56 | その他 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13
ツユクサもだいぶ進化した..
by take_it_easy at 20:15
> なおぼんさん コメ..
by sizenkansatu at 13:33
イヌホウズキはよく見ます..
by なおぼん at 13:47
> 飛行機雲さん コメ..
by sizenkansatu at 20:24

検索

ブログジャンル