人気ブログランキング |

自然観察大学ブログ

ハンノキの花芽~開花を観察

1月20日の観察記録。
この日から“大寒”。一年で最も寒い季節とされ、二十四節気の最後にあたる。
しかしこの日の千葉県は予想外に暖かく、観察日和だった。

さて、1月20日のハンノキ。
ハンノキの花芽~開花を観察_d0163696_19585369.jpg
これが花芽というか、つぼみである。
枝先から垂れ下がった大きいのが雄花序、画面上方、枝の少し手前にある小さいのが雌花序だ。
ハンノキの花は見た目は地味だが、なかなか味わい深い。

厳冬期のことであり、ほとんどがこの冬芽の状態であったが、ひと株だけ開花したハンノキを見つけた。
ハンノキの花芽~開花を観察_d0163696_19590286.jpg
雄花が開花すると葯が顔を出して全体が黄色っぽくなる。
全体の長さも、ずいぶん伸びている。
同じ枝の雌花はワックスがはがれはじめているが、未だ開花はしていない。
雄性先熟で自家受粉を避けるということだろう。

一年前の2月下旬に撮った開花の写真はこれ。
ハンノキの花芽~開花を観察_d0163696_19591142.jpg
どうです。なかなかGoodでしょう。
可愛い姿であるが、これこそ機能美なのである。
花といっても花弁はなく、鱗片の間から雌しべの柱頭を出すだけ。
風媒花なので、飾ったりする必要がないのだ。

雄花も拡大して撮っていた。
ハンノキの花芽~開花を観察_d0163696_19591861.jpg
黄色いのが葯。
こちらも機能を追求したシンプルな花だ。

果実についてはまた改めてご報告させていただこう。


余談ですが…

ハンノキが花粉を飛ばすところを撮るように言われている。
この日(1月20日)、試しに雄花序をつついてみたが、わずかに飛散が確認できた程度で、とても写真にできるような量ではなかった。開花盛期に改めてチャレンジするつもりだが、撮影は難しそうだ。

同じ風媒花でも、スギやマツにくらべると圧倒的に花粉の量は少ないらしい。
ハンノキも花粉症の原因を疑われているようだが、はたしてどうだろうか。

2019年1月24日、報告:自然観察大学 事務局O





by sizenkansatu | 2019-01-24 20:02 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 13:18
ヤマボウシの名前の由来、..
by チョコ at 20:02
> イネ科かじった一般市..
by sizenkansatu at 15:28
エノコログサの記述につい..
by イネ科かじった一般市民 at 15:46
> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13

検索

ブログジャンル