自然観察大学ブログ

ハンノキの冬芽の観察

ハンノキの冬芽の動きを観察した。
d0163696_17170816.jpg
これは10月半ばの冬芽。
光沢があるのはワックスでおおわれているため。
ハンノキは裸芽とされるが、裸芽といえども素裸ではないことがわかる。

d0163696_17171735.jpg
こちらは11月はじめの冬芽。
褐色が濃くなっている。

d0163696_17172582.jpg
12月下旬の冬芽。
さらに色濃く、引き締まった印象だ。
冬芽のつけ根にあった葉が落ちて、葉痕が観える。

さて、冬芽が堅いワックスで守られているのはよいのだが、このあと芽吹きのときは果たしてどうなるのだろう。
暖かくなるとワックスが溶けるのか、それとも…
その成り行きに、一人しずかに興味を持ったのであった。

なお、この観察記録は2018年末まで複数年にわたる写真だ。
同じ冬芽ではないことはもちろん、私の気まぐれで撮影倍率も異なることは、ご容赦いただきたい。


話をもとに戻そう。

d0163696_17173441.jpg
年が明けて1月半ばの冬芽。
ワックス層にひびが入ってきた。(やっぱり!)

d0163696_17174323.jpg
つぎは2月はじめ。
まだ大きな変化はない。

d0163696_17175174.jpg
3月の中旬、いよいよ活発に動き出した。
d0163696_17175882.jpg
同じ日の別の冬芽。
芽が膨らむとき、ワックス層は細かく割れる。

外側の葉は、展開することないようだ。
裸芽は芽鱗がないのだが、外側の葉が芽鱗のような役割をするのだろう。

d0163696_17180914.jpg
3月下旬から4月にかけては、芽吹きのラッシュだった。
葉裏に残るワックスのかけらが、冬芽のときの名残だ。

念のためハンノキの全形はこちら。
d0163696_17182093.jpg
湿地のようなところにも先駆的に広まる。
シラカンバなどと同じカバノキ科とされる。


3種の冬芽

ところで、ハンノキには3種の冬芽がある。
d0163696_17182983.jpg
冬芽と言っていいのかどうかわからないのだが、この枝にその3種がそろっている。
わかりにくいので、それぞれ拡大してみよう。
d0163696_17183633.jpg
枝の下の方にあるのがこれ。
すでにおなじみの葉芽(ようが)である。

d0163696_17185148.jpg
枝先にあるのは雄花序。
これを冬芽と言ってよいのかどうかわからないが、葉芽同様にワックスでおおわれている。

d0163696_17190370.jpg
こちらは雌花序。
雄花序と葉芽の間の位置にある。

雄花と雌花がこのあとどうなるのか、それは近日中にご報告させていただくことにしよう。

これは9月1日の撮影。この時期にはすでに冬越しの準備をしていることに驚かされる。
ずぼらな人間に比べて、なんと計画的なくらしぶりだろう。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

2018年12月27日、報告:自然観察大学 事務局O



by sizenkansatu | 2018-12-27 17:24 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13
ツユクサもだいぶ進化した..
by take_it_easy at 20:15
> なおぼんさん コメ..
by sizenkansatu at 13:33
イヌホウズキはよく見ます..
by なおぼん at 13:47
> 飛行機雲さん コメ..
by sizenkansatu at 20:24

検索

ブログジャンル