自然観察大学ブログ

江戸川べりの観察-3 蜂の雨宿り

d0163696_19225329.jpg
コヒルガオの花に、蜂がすっぽりと納まっていた。
さっきまで降っていた雨を避けてもぐりこんだのだと思う。
d0163696_19232657.jpg
体にぴったりフィットするらしく、すっかりお気に入りのようす。
至近距離でカメラを向けても、いっこうに逃げるそぶりはない。

いたずら心がわいて、ハマスゲの葉で突いてみた。
d0163696_1924697.jpg
さすがに怒ったのか、猛然とかみ切られてしまった。
この蜂はハキリバチの仲間か?

クリっとした眼の表情からは解らなかったが、かなりお怒りだったようだ。

せっかくお休みのところ、お邪魔しました。

2012年9月4日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-09-04 19:29 | 昆虫など | Comments(2)
Commented by 飛行機雲 at 2018-05-22 19:57 x
初めまして。自然観察をしているものです。
昆虫たちを見せていただきました。エゴヒゲナガゾウムシやビロウドツリアブなど、肉眼で捉えきれない精細な写真に見入ってしまいました。出会ったことのないニホンヒラタタマバチも興味深いです。
ところで、コヒルガオ雨宿りしているハチはキホリハナバチではないでしょうか。日本産ハナバチ図鑑ではシロオビキホリハナバチで載っています。
私は川崎市で1度出会ったものを環境省の『いきものログ』にキホリハナバチで報告しています。数枚報告した中に同じ正面顏があります。(日本産ハナバチ図鑑にも)
その時はフヨウの花に訪花していました。
Commented by sizenkansatu at 2018-05-24 20:24
> 飛行機雲さん
コメントありがとうございます。
多数の記事を見ていただいたうえに、おほめの言葉をいただき、感謝です。
今後ともよろしくお願いいたします。

ハナバチの種名については、当方不勉強でよくわかりません。
申し訳ありません。
ハチ類は私にとって難しく、未知の世界なのであります。
たいへん面白い世界と思うのですが、こちらの手が回りません。
ニホンヒラタタマバチの際は、狩蜂の田仲義弘先生に教えていただいたのだと記憶しています。
(事務局Oより)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

御嶽山のレンゲショウマ
at 2018-08-02 19:17
タケウチトゲアワフキ
at 2018-05-08 13:02
スギの花
at 2018-03-29 16:50
立春のロウバイ
at 2018-02-06 17:58
「季節の生きもの観察手帖」ト..
at 2018-02-05 18:39

最新のコメント

> take_it_ea..
by sizenkansatu at 20:13
ツユクサもだいぶ進化した..
by take_it_easy at 20:15
> なおぼんさん コメ..
by sizenkansatu at 13:33
イヌホウズキはよく見ます..
by なおぼん at 13:47
> 飛行機雲さん コメ..
by sizenkansatu at 20:24

検索

ブログジャンル