自然観察大学ブログ

江戸川べりの観察-1 つる植物

近くの江戸川べりでは、夏から秋にかけてつる植物の季節になる。
ササやヨシのやぶやエノキやクルミなど、それらのすべてを覆いつくしてしまう。
…というわけで江戸川べりでの観察は、つる植物が中心になる。
d0163696_23561284.jpg
繁茂した中にとび出すササは、つる植物の格好の獲物だ。
d0163696_2356564.jpg
からんでいるのはヘクソカズラとカナムグラ。
上昇志向の面々が繰り広げる静かな勢力争いだ。
d0163696_23573132.jpg

こちらはアレチウリとカナムグラに引き倒されたヨシ。
“出る者はからまれる” と言ったところか…
つる植物には徒長枝の剪定のような、そんな作用があるのかもしれない。

ところで、せめぎ合っているようにも見えるつる植物たちだが、シーズンを通してこの川べりをみると、それぞれが交替で主役をつとめているようだ。
一番手のヘクソカズラはすこし控えめな性格。
続いて盛夏のころには、ヤブガラシとクズが他を覆いつくして、熱い陽ざしを一身に受ける。
つぎにカナムグラが伸びてきて、強靭なとげで周りを穴だらけにしながら花粉を散らす。
これからここはカナムグラの季節になる。
そしてみんなが落ち着いた頃、最後にすべてを覆いつくすのはアレチウリだ。

2012年9月1日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-09-02 00:01 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

立春のロウバイ
at 2018-02-06 17:58
「季節の生きもの観察手帖」ト..
at 2018-02-05 18:39
ハクウンボクの冬芽
at 2018-01-25 18:40
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-12-20 13:03
漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル