自然観察大学ブログ

真田幸村とカメムシ

新年あけましておめでとうございます。
2016年も寛大な心でお付き合いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

11月末に、大阪城と大坂の陣にかかわる旧跡を観てきた。

d0163696_16013513.jpg
真田幸村は、大阪冬の陣の真田丸で奮戦したことと、夏の陣での野戦で徳川家康を追いつめたことで知られる。幸村には信繁という名前もあるが、どちらかというと幸村が一般的なので、ここでは幸村と記させていただく。

d0163696_16014203.jpg
真田幸村が最期を迎えたとされる、安井神社。(安居神社、安居天神などともいう)
茶臼山(今は公園になっている)のすぐ近くで、住宅街のど真ん中にある。
小さな神社で、この写真にほぼ全域が映っている。

うっそうとした神域の一画には真田幸村の銅像があった。

d0163696_16015042.jpg
最近建立されたもののようで、この場ではちょっと浮いた感じ。
左脇(向かって右)にある刀は、もしかすると村正だろうか?
あの、徳川家に仇をなす妖刀村正として知られる名刀だ。
d0163696_16015752.jpg
この像の右肩にカメムシがいた。(見えますか?)
d0163696_16020562.jpg
ひなたぼっこをしているところだろうか。
背面には彫刻のような重厚な紋様があり、どことなく甲冑に似ている。格調高い紋様は、幸村よりもずっと立派である。
d0163696_16021177.jpg
横から観ると、かっこいいアスリート体型。
図鑑で調べるとミナミクモヘリカメムシのようだ。よく似た種でオオクモヘリカメムシがあるが、前者は両肩のとげが鋭く突き出る由なので、たぶんこれだろう。

幸村の頭の上にもカメムシがいた。

d0163696_16022060.jpg
アオクサカメムシだろうか。

真田幸村はいま話題の中心のようだが、カメムシたちにまで人気がある。



余談ですが…

真田幸村は2016年のNHK大河ドラマで話題になっている。真田親子(特に昌幸と幸村)は以前から人気が高かったが、これは不思議だ。歴史や伝承といったものは、権力者によってつくられるものだからだ。
徳川政権以降の真田人気は、将軍家の度量の広さからくるものなのだろうか。

「華、散りゆけど-真田幸村連戦記-」(海道龍一郎、集英社文庫)というのがある。
これはぜひ読んでいただきたい、おすすめの一冊である。とくに、冬の陣の真田丸の準備から攻防戦までは目を離すことができない。一気読みの覚悟が必要だ。

私はこれまで真田昌幸(親父のほう)ファンで、巷間の幸村人気には抵抗を感じていたのだが、これを読んで、俄然幸村ファンになってしまった。家人もこの文庫を読んで感激し、ぜひ現地を観に行こうと思い立った次第である。

なお、このブログでは過去にいくつか真田にかかわる報告をさせていただいてきたので、ご覧いただけるとありがたい。

上田城の攻防 -エゾタンポポとセイヨウタンポポ-
真田の庄-その1 砥石城を守る「雀の槍」 
真田の庄-その2 佐久間象山とタンポポ 
真田の庄-その3 真田氏本城のタンポポ 
真田の庄-おまけ イタドリハムシの美容法   


安井の清水

さて、私が安井神社を訪れた一番の目的は、境内にある安井の清水だ。カメムシ探しに来たわけではない。
幸村は夏の陣での家康襲撃のあと、安井の清水を末期に飲んだとされる。前述の海道龍一郎氏の文庫本でも安井の清水は重要な位置を占めている。
これは、真田ファンならずとも見のがすことはできない。

ところが、境内にはそれらしき清水が見当たらない。
社務所でうかがったところ、社務所の脇の石段を少し降りたところにあるが、石段が危険な状態なので進入禁止だという。
な、なんということか。

指示されたほうへ向かうと、怪しげな看板があった。

d0163696_16022731.jpg
簡素なのはよいとして、周辺の掃除用具は何とかならないものだろうか。

石段のところにロープが張られ、立ち入り禁止区域となっている。

d0163696_16023260.jpg
石段の上から覗いた「安井の清水」。
清水は枯れているようには見えないが、どうなのだろう。
飲むことはおろか、近づくこともできないとは、無念である。
崩れかけた石段が危険だというのなら、ぜひ、最優先で修復していただきたい。
幸村の銅像よりもはるかに価値が高いと思う。
人間にとっても、カメムシにとっても、である。



もう一つ余談

d0163696_16023889.jpg
これは「あべのハルカス」からの夜景。
はるか向こう、画面右上(奥)に見えるのが大阪城だ。(クリックすると拡大できます)
画面左を貫通する明るい通りは谷町筋で、手前の暗い一画は天王寺。フレーム外の左手前には茶臼山と安井神社がある。
ということは、かつての大阪城総構(そうがまえ)は、すぐ目の前まであったことになる。その距離約4km。壮大なスケールに改めて驚かされた。


なお、今回の写真は新しく導入したオリンパスOM-D M5 MarkⅡで撮ったものだ。
暗い境内でカメムシがバッチリ撮れていることにも感激したが、夜景が手持ちで撮れたことに驚いた。シャッター速度は1/6秒であった。本機の手ブレ補正機能は本物のようだ。

新発見された本当の真田丸跡地のことなど、報告したいことはまだまだあるが、やめておこう。自然観察とどんどん離れてしまいそうだ。

2016年1月4日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2016-01-04 16:19 | フィールド | Comments(0)

江戸川べりの観察-38 イノコズチに来た虫③

チョウ類、カメムシ類に続き3回目はその他の虫。

d0163696_14433273.jpg
まずはコアオハナムグリ。
花さえあればどこにでも姿を現す虫だ。
チョウやカメムシと違ってコガネムシ類の口器はブラシ状なので、頭を花に突っ込んでいる。
豪快というか下品というか…
花の奥に潜った時に頭や爪で子房に傷をつけるので、ミカン類の害虫とされている。


d0163696_14433832.jpg
訪花昆虫の代表といえる花蜂の仲間。
この仲間の口器は大あごと長い舌を兼ね備えた複雑な形。


d0163696_14434454.jpg
ヒラタアブの仲間。
ハエ・アブの仲間も訪花昆虫としては最有力で、数的にはハチよりもずっと多いだろう。
蜜をなめるために進化してきたような、すごい口器で、しかも格納式だ。

参考:アセナガヤセバエ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/19421268/


最後はこれ。

d0163696_14435228.jpg

花を撮るのでゴミをどけようとしたら、虫だった。

d0163696_14440097.jpg
クサカゲロウの仲間の幼虫だ。
ゴミや食べかすなどを背中に貼り付けてカモフラージュしている。

ときどき、彼らがゴミ拾いをしているシーンに遭遇する。植物体上の付着物を大あごではがすのだが、樹皮の突起をはがそうとして悪戦苦闘するシーンを見かけたことがある。
もちろん大あごは本来獲物を捕らえるためのものである。
クサカゲロウとは別の仲間だが、ウスバカゲロウの幼虫(アリジゴク)の大あごは、獲物を捕らえるだけでなく、差し込んで体液を吸収する構造になっていると聞いたことがある。たぶんクサカゲロウの大あごも似たような構造ではないかと思う。

d0163696_14440773.jpg
このときはイノコズチの植物体上を活発に移動しながら、時々蜜を吸っていた。
クサカゲロウは捕食性だが、吸蜜もするらしい。

蜜は行動食なのか、それとも栄養ドリンクのようなものか、あるいは単に獲物がないので仕方なく吸っているのか…

参考:カイガラムシとテントウムシ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/11318324/

2015年12月26日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2015-12-26 14:50 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-37 イノコズチに来た虫②

今回はカメムシ編。

d0163696_12480763.jpg
まずはヒメマダラナガカメムシ。
鮮やかな美形カメムシである。
d0163696_12481658.jpg
ちゃんと吸蜜している。
それにしても、いつ観ても感心されられるが、昆虫の口吻はよくできている。
ちょいと伸ばせば花の奥に届き、あっという間に吸ってしまう。

 参考:カメムシの口器-4 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/19440205/
(キバラヘリカメムシの内容ですが、末尾にカメムシの口器1-3のリンクがあります) 


d0163696_12482596.jpg
こちらはホソハリカメムシ。
よく見かけるカメムシだが、横から観るとなかなかかっこいい。


d0163696_12483249.jpg
つぎはブチヒゲカメムシ。
白黒のひげが特徴。ヨコヅナサシガメほどではないが白黒の腹側も目立つ。
こちらの化粧まわしは平幕クラスか…


d0163696_12483803.jpg
ブチヒゲカメムシの幼虫もいた。
いろんなところで見かける広食性のカメムシだが、幼虫がいるということは、イノコズチの植物体上で繁殖しているということだ。

上で紹介したカメムシで、幼虫がいたのはブチヒゲカメムシのみである。
ブチヒゲ以外は、イノコズチ上で生活しているのではなく、成虫が飛来して花の蜜を吸ったということなのだろう。
カメムシといえば、果実や穀類、豆の子実を吸うと思われがちだが、吸蜜もする。
参考までに以下をご覧いただきたい。
 ● 吸蜜するカメムシ? ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/12457076/
 ● カメムシの吸蜜 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/12495921/ 


季節外れのイノコズチの虫は、あともう一回報告させていただく。

2015年12月21日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2015-12-21 12:53 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-36 イノコズチに来た虫①

イノコズチの花は小さくて目立たない。

d0163696_18390993.jpg
前回と同じ写真で恐縮だが、画面下の花の子房のつけ根にキラリと光るのが蜜。
この蜜を目当てに訪花する昆虫は多いようだ。


d0163696_18391894.jpg
ヤマトシジミ。(だと思う)
口吻を当てて蜜を吸っているのがわかる。
さすがに一個で満腹というわけにはいかないようで、移動しながら次々に吸蜜する。
(画面下方にクモも潜んでいる)
d0163696_18392738.jpg
クロウリハムシもいた。近くのカラスウリから移動してきた浮気者だろう。


d0163696_18393550.jpg
ベニシジミ。
見かけるたびに撮ってしまう、お気に入りの虫だ。


d0163696_18394466.jpg
これはたぶんチャバネセセリ。
撮っているときは気付かなかったが、口吻に何か付いている。
別カットを見てみよう。
d0163696_18395373.jpg
やはりいた。
これはアブラムシの幼虫か? それともダニの一種か?
(お分かりの方はご教示ください。写真をクリックすると拡大表示されます)

何かの拍子にこんなところに張り付いてしまったのだろうか。
それとも、もしかして、口吻の合わせ目から蜜を横取りしていたりして…

ちなみに、口吻は筒状ではなく、左右の小顎髭が合着したものなので、隙間から横取りするのは可能だともう。

参考:「昆虫の口/山﨑秀雄」(自然観察大学室内講習会、2015年2月)
⇒ 
http://www.sizenkansatu.jp/index_2.html 


次回はカメムシの予定。
前回から続くイノコズチシリーズは、今年の9月から11月まで継続して観察した記録です。
いつものんびりした季節外れの報告で申し訳ありません。

2015年12月18日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2015-12-18 18:42 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-35 イノコズチの花

下の写真が何の花かわかるかたは、普段からよく観察しておられる方だと思う。

d0163696_19185459.jpg

小さくて目立たないが、星形の整った形をしている。
ちなみに花弁はなく、星形に開くのはがく。
イノコズチの花だ。
地味な花だが、これでもヒユ科の雑草の中では大きくて観察しやすい。

果実はひっつく実として知られる。

d0163696_19190816.jpg

反り返った2本のとげ状のものは、小苞(しょうほう)といわれるもので、これで衣服に引っかかる。(11月半ばに撮影)

全体はこれ。

d0163696_19191571.jpg
イノコズチは、道ばたや空き地など、どこにでもある雑草で、夏のおわりころから目立つ。(9月末に撮影)


d0163696_19192145.jpg
花は穂(花序)の下から上に順番に咲く。
上の写真は茎のもとのほうで咲きはじめた時期で、開花したものよりも上は蕾である。(9月はじめに撮影)
上へ上へと穂を伸ばしながら、次々に花を開かせる。

d0163696_19193062.jpg
こちらは先端近くの花が開いている。すでに伸びきって打ち止めというところだろう。
下の部分はすでに花が終わり、実になってきている。(9月末に撮影)

イノコズチ類には2種類あって、陽の当たるところではヒナタイノコズチが多い。

d0163696_19194326.jpg
ヒナタイノコズチは毛が多く、茎は赤みを帯びることが多いようだ。
ちなみに、ここまでに紹介したものはすべてヒナタイノコズチである。

もう一つは単にイノコズチ、あるいは別名ヒカゲイノコズチだ。

d0163696_19200305.jpg
毛が少なめ、葉は肉薄で茎も細め。
名前のとおり、林縁などやや日陰の場所で観られる。

ところで、
意外なことに、イノコズチの花は虫に人気が高い。

d0163696_19200934.jpg
蜜があるのが写真でわかるだろうか。
子房の根もとのところにキラリと光るのが蜜だ。

この蜜を求めて、虫たちがやってくる。
アゲハのような目立つチョウは来ないが、シジミチョウや小さなハエ・アブがよく飛来する。
花も虫も目立たないのでつい見逃してしまうが、よく観ると意外にたくさん訪花する。
次回からはその報告をさせていただく。

2015年11月27日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2015-11-27 19:24 | 植物 | Comments(2)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル