自然観察大学ブログ

モミジバフウの話(1)

紅葉か楓か、それとも…

去年の11月のモミジバフウの紅葉。(毎度季節外れですみません)

d0163696_12395441.jpg
モミジバフウは、漢字で書くと紅葉葉楓。
名前のとおり、美しく紅葉し、葉の形もカエデ(楓)類に似ている。
d0163696_12400522.jpg
しかし名前に反して、カエデの仲間ではない。
モミジバフウはフウ科(あるいはマンサク科)で、カエデ類はムクロジ科(あるいはカエデ科)とされる。
ややこしいことである。

この公園ではたくさんのモミジバフウ(別名アメリカフウ)が植栽されているが、写真のような鮮やかな紅色になったのは数株だけであった。

d0163696_12401400.jpg
上の写真の奥のように黄色になるものや、褐色になってしまうものも多数あった。
(手前の紅葉はニシキギ)

色づき方に違いがあるのは、遺伝的なものか、それとも環境によるものなのか?



枝に翼がある

モミジバフウの枝には翼がつくものがある。

d0163696_12402671.jpg
コルク層とよばれるコルク形成層由来のものだそうだ。
d0163696_12403623.jpg
翼がある株には枝という枝にたくさんのコルクがあるが、ない株にはまったくない。
遺伝的なものか、それとも環境によるものか?

いずれにしても、この翼には特段の意味(メリット)はなさそうだ。
新梢が伸びてからコルク層ができるまでを継続観察したら面白いかもしれない。
裂け目ができて、中からもりもりとコルクが出てくるのだろうか?
だとしたらそれはいつか?
翼は何層にもなっているが、これは年輪のようなものか?

なお、枝の翼といえばニシキギだが、次に詳しく解説されている。
植物Q&A:ニシキギの翼について(日本植物生理学会HP)
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2916


ところで、モミジバフウは果実もおもしろい。

d0163696_12405598.jpg
上の写真の左の方にあるのが果実。
次回はこれについて書かせていただく。

2017年2月6日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-02-06 12:44 | 植物 | Comments(0)

ロウバイの花

ロウバイの花を見てきた。

d0163696_12444198.jpg
ときおり雪の舞うなか、一瞬の陽光が、透明感のある花を表現してくれた。

先日、ある方からの便りのなかで、季節のあいさつにロウバイのことが記されていた。
それを読んで、ぜひロウバイを見たいと思い立ったのだが、おりしも日本全土が最強寒波におそわれた先週末(1月14日)である。
カメラを持つ手は凍り付くような状態だったが、ロウバイは寒風にさらされながらも、独特のかぐわしい香りを漂わせていた。“漂う”というよりは“吹き飛ぶ”といった感じではあったが…

ロウバイの花を下からのぞいてみよう。

d0163696_12445302.jpg
内側は赤紫色。
雄しべが雌しべを包むようにくっついているが、これは熟期の問題だろうか。
このとき観たロウバイの花は、すべて同じ状態であった。



ロウバイの隣に、ソシンロウバイが植えられていた。

d0163696_12450656.jpg
ソシンロウバイはロウバイの栽培品種の一つとされる。
全体がぽってりと福々しい形で、中心部まで黄色一色だ。

ソシンロウバイの花は…

d0163696_12451796.jpg
内側まですべて黄色で、雄しべと雌しべもはっきり観察できる。

かんじんの香りだが、ロウバイの方が圧倒的に強く感じられた。
さすが御本家の面目躍如といったところか。
写真で表せないのが残念。

2017年1月19日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-01-19 12:47 | 植物 | Comments(0)

タイワンリスの話

正月の3日に鎌倉でタイワンリスを見た。

d0163696_13002468.jpg

しっぽが切れているようだが、タイワンリス(クリハラリス)で間違いないだろう。

庭木の枝から枝へ、樹上を身軽に移動する。
まるで飛ぶような動きで、ムササビなどと同じグループであることが納得できた。

鎌倉では、タイワンリスが増えているようだ。
菜園の作物(さくもつ)や、庭先の果樹を食べたり、庭木に傷をつけるという。
鎌倉市では捕獲機の貸出などを行い、駆除に苦心しているらしい。

私が見た人家の果樹(ミカン類)では、一つずつ丁寧にネットが掛けられていたのだが、掛け忘れた果実は無残に齧られていた。

タイワンリスは、動物園で飼育していたものが逃げ出して増えているという。
特定外来生物だそうだが、タイワンリスには罪はない。

2017年1月15日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-01-15 13:02 | その他 | Comments(0)

タカサゴユリの果実の巧妙なつくり

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年早々から季節外れの話で恐縮だが、晩秋に目立つタカサゴユリの果実の話。

d0163696_12575296.jpg
つんと立った茎の先の果実が開きかけている。
この中に多数の種子があって、風で散る。

タカサゴユリは「新版 形とくらしの雑草図鑑」で紹介されている。

d0163696_12580229.jpg
夏になると急に茎を伸ばして花をつけ、高速道路の法面などで目立つ。

「高砂」とはおめでたい名前だが、名前の由来は台湾から入った帰化植物、ということらしい。

話をもとに戻そう。
タカサゴユリの果実の裂け目に注目。

d0163696_12581069.jpg
果皮が3つに割れ、果皮どうしは網目状の繊維でつながっている。
d0163696_12584003.jpg
網の目から吹き込んだ風に吹き上げられて、翼のある種子が舞うのだろう。
風の強いときだけ種子が出て、遠くへ飛ぶ…
もしもこの網がなければ、種子は裂開した果実からこぼれ落ちるだけだろう。
う~む。うまくできている。

ところで、
タカサゴユリに似たものにシンテッポウユリというのがある。
かなりややこしいようで、次に詳しく掲載されているが、結論は出ていないようだ。
全農教 日本帰化植物友の会通信 NO.5  

2017年1月6日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-01-06 13:06 | 植物 | Comments(0)

エゴヒゲナガゾウムシの幼虫

先日の自然観察大学の観察会(2016.10.2、野川公園)で、エゴノキの実を食べるヤマガラを観察した。
そのとき落ちていた実には、エゴヒゲナガゾウムシと思われる幼虫が入っていたが、そのつながりで…

9月はじめのエゴノキの果実。みごとな稔り。

d0163696_13094445.jpg
ちょっと美味しそうに見えるが、有毒なのでご用心。
かつては、この毒を利用して魚採りが行われたという。

近くの別のエゴノキでは、孔の開いた実が目立った。

d0163696_13100369.jpg
これはエゴヒゲナガゾウムシの産卵痕と思われる。
8月ころに、このように孔を開けて産卵するのだ。

ところで、エゴヒゲナガゾウムシは、雄成虫がとんでもない顔をしている。

d0163696_13101039.jpg
正面がのっぺらぼうで、突き出た眼がナント後ろ向きについている。
この独特な姿が魅力だ。
(写真は以前このブログで掲載したもの)

どうしてこんな顔になったのか、次にその特異な進化が推察されているのでご覧いただきたい。
●星谷仁のブログ『エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ)』 


話を元に戻そう。
エゴノキの樹冠下に落ちていた果実。

d0163696_13101802.jpg
果皮がはがれて、茶褐色の種子があらわになっている。
画面下の孔の開いたのはおそらく前年の果実で、大きな孔はエゴヒゲナガゾウムシの脱出口だろう。

落ちた果実の一つ割ってみると、中には幼虫がいた。

d0163696_13102657.jpg
中はきれいに食べつくされていて、糸状の黒いのは幼虫の糞。
この幼虫は「ちしゃ虫」の名で釣り餌として販売されていたというが、確かにちょっと美味しそうだ。
先日の野川公園でヤマガラが食べていたのは、もしかすると種子ではなくこの幼虫かもしれない。

エゴヒゲナガゾウムシは毎年決まったエゴノキに集中して産卵するという。
来年はぜひこの樹で成虫のウシヅラ(牛面)を拝ませていただこう。

過去の参考記事
『妖怪変化か? ウシヅラヒゲナガゾウムシ』 
『ウシヅラヒゲナガゾウムシの “くらし” を考える』 
『ウシヅラヒゲナガゾウムシ、とっておきの裏話』 


2016年10月19日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2016-10-19 13:18 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧