自然観察大学ブログ

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧




メタセコイアの花から実

4月下旬のメタセコイア。場所は千葉県の柏の葉公園。
d0163696_20512398.jpg
巨木が広げた枝を、見上げた写真である。
ちょっとわけの分からない写真かもしれないが、新緑が逆光に映えていた。
ちなみに、メタセコイアは単葉で、複葉の小葉に見えるのが一枚ずつの葉である。

この季節には若い実(球果)も見られる。

d0163696_20515343.jpg
実はよく見かけるが、メタセコイアの花はどんな花か?
毎度季節外れの話で申し訳ないが、この花を冬の間に追跡したので、以下にまとめてみたい。


メタセコイアの雄花

まずは、今年の2月14日のメタセコイア。

d0163696_20522321.jpg
高い位置で、たわわに穂がついている。
しかし、近くで見ることができない。
下枝は剪定されることが多く、そもそも剪定されたメタセコイアには花はつかないようだ。

低い枝に穂の付いたメタセコイアを探し回って、やっとみつかったのがこれ。

d0163696_20525461.jpg
d0163696_20532352.jpg
ルーペで観ると、雄花だけであった。
葯が顔を出しているものもあったが、まだワックス質で被われているようだ。

それにしても、雌花はどこにあるのか?
あちこち探したのだが、見あたらない。
雌花は遅れて出るのだろうか?

10日ほど過ぎた2月25日に、同じ柏の葉公園でメタセコイアを観察した。
このときは自然観察大学のI島先生と一緒だった。

d0163696_20540170.jpg
前回より雄花が膨らんでいるのがわかる。

しかし、あいかわらず雌花が見当たらない。
メタセコイアの枝を、棒で引っ掛けて手繰り寄せては雌花を探す。
I島先生と二人で、手当たり次第に観た。
(柏の葉公園にはメタセコイアがたくさんある)



ついに雌花を発見!

公園のほぼすべてのメタセコイアを観て、最後に行きついたのがこれ。
ずっと成熟が進んで、りっぱな雄花になっている。

d0163696_20543051.jpg
ここで、穂の先端に注目!
d0163696_20550039.jpg
こっ、これは雌花ではないか!
I島先生と二人で喜び合った瞬間である。
それにしても、穂の先の、こんなところに雌花が付くとは、予想外であった。

いったんわかってしまうと、雌花は次々に見つかった。

d0163696_20553948.jpg
こちらは少し若いものである。
雄花はまだ顔を出しかけた状態だが、ふんだんに花粉を飛ばしていた。
逆に、満開のように見える熟した雄花(ひとつ前の写真)からは、花粉は出なかった。すでに雄花は終わっていたのであろう。



花から実へ

さて、この雌花はこの後どうなるか。継続して観察した。

d0163696_20563538.jpg
上の写真は3月13日の雌花。
3週間前よりも、すこし伸び出してきた。
それにしても、この雌花は枝先ではなく、脇芽から出ている。こんなケースもあるということだ。

次は4月2日。

d0163696_20563844.jpg
さらに伸びて、何やら葉らしきものが確認できる。

同じ4月2日には、葉芽も膨らんできた。

d0163696_20565158.jpg
よく観ると、たくさんの葉が出番を待っているのがわかる。
花芽から遅れること約1か月だ。

そして4月23日。

d0163696_20570232.jpg
これで冒頭の4月下旬(23日)の若い実(球果)となるわけだが、つけ根には褐色の鱗片が、まだ残っている。
一つの冬芽から球果と枝葉が出てきたことになる。

ちなみに、5月21日の球果はこれ。

d0163696_20571442.jpg
褐色の枝は雄花がついていた部分だが、雄花はすべて落ちてしまっている。
その先の緑色の枝葉が、今年雌花と一緒に伸びた部分である。

球果がやや膨らんでいることが、前回4月23日との違い。あまり変化はない。
このへんで経過観察は終了としよう。

次回はラクウショウとの比較をしてみたい。
よく似ているが花から実についてはかなり違っている。

2017年5月24日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2017-05-24 21:16 | 植物 | Comments(0)

「季節の生きもの観察手帖」が好評ですが…

索引を用意しました

本書を利用していただいている方のために、索引を作成した。

d0163696_20243018.jpg
自然観察大学HPの本書の紹介コーナー http://www.sizenkansatu.jp/pbl/index_tcho.html からPDFをプリントしてご活用いただきたい。
ちょっと小さく端をカットして、巻末に貼り付けておくと便利だ。
(両面プリントはちょっとややこしいかもしれませんが…)

HPにも記してあるが、索引を掲載するか否か、編集委員会で検討した結果、
“本書はそのような図鑑的な使い方を目的としていない”
という理由で、採用を見送った。それどころか、ノンブル(ページ番号)も掲載すべきかどうか悩んだほどだった。しかし、実際に使い始めてみると、

 「5月11日にアオスジアゲハを見たが、この本に載っていたかな?」
 「掲載されていたような気がするが、何月何日(何ページ)だったか?」
などという使い方は頻繁に出てくるのだ。



正誤表(お詫びと訂正)

本書に誤りがあることが判明し、自然観察大学HPに正誤表を掲載させていただいた。
http://www.sizenkansatu.jp/pbl/teisei.pdf
(PDFファイルです。お詫びして訂正させていただきます。)

d0163696_20245742.jpg
申し訳ないことであり、発刊早々に誤りが見つかったのは残念なことでもある。

チョウの春型か夏型かに関して、言い訳ではないが、今後のために原因を考えてみよう。

掲載した写真は約700点。これをどのように選定したか…

NPO会員から応募いただいた写真は約1,300点、これに加えて編集委員が提供した写真が数千点あった。さらに自然観察大学のライブラリー数万点である。
この中から、テーマに合致し、なおかつ高品質の候補写真を選ぶ。掲載写真は約700点である。
これを専門家である編集委員にチェックいただく。写真と種名のチェックをしていただくのが主目的であった。
春型、夏型などの季節的なことは、校正の紙面で見ていただいたが、このときの写真はごく小さなものであり、詳細の確認は困難である。
次回編集のときは、この手順の改善が必要だ。

今回の誤りをご指摘いただいたのは、NPO法人自然観察大学の会員であり、
はけの森調査隊 http://hakenomori.seesaa.net/ のO隊長である。
O隊長、ありがとうございました。



おかげさまで好評です

関係者に伝え聞いたところでは、この本に関するご意見・ご感想は、ありがたいことに、どれもご好評をいただいている。
社交辞令もあるのかもしれないが、多くの方が追加の再注文をしてくれるので、本当に好評価をいただいているのだろう。

追加の注文は、知人へのプレゼントなのだろうか。
あるいは仲間でまとめてくれているのだろう、5冊、10冊と追加してくれる方も多い。

本当にありがとうございます。
そして上手な利用例、うまい工夫などがありましたら、ぜひ事務局までご一報ください。



気になるAmazonのランキング

4月26日にベストセラー1位になって以来、ランキングが気になってチェックしている。
ランキングは一時間ごとに更新されるので、朝・晩にチェックしてしまうこともある。
情けない私、事務局Oである。

ランキングはそのあと約1週間、トップを維持した。
その後は浮き沈みがあって、昨日(5/10)は13位まで落ちてしまった。勢いはこれまでかと思ったのだが、さにあらず。
今日(5/11)は再び1位に返り咲いた。


ランキングは一定期間の販売数だと思うのだが、カウントする期間は1日(24時間)なのか、それとも1週間なのか…
そんなことを考えながら、一喜一憂する小心者の私である。(見かけによらず!)


2017年5月11日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2017-05-11 20:32 | その他 | Comments(0)

モミジバフウの話(3)

……………………………………………………………………………………
よろしければ、あわせて次もご覧ください
● モミジバフウ(1)葉の話など ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23824359/ 
● モミジバフウ(2)実と種の話 ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23865438/ 
……………………………………………………………………………………


花から実へ

狙っていたモミジバフウの花が観察できた。

d0163696_22110366.jpg
上に伸びるモコモコしたのが雄花序で、雌花序は下方に垂れている。(写真は4月13日)


モミジバフウはマンサク科なのだが、マンサクとはまったくイメージが違う。
● マンサクの花 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/23941931/ 


雌花はこれ。

d0163696_22111587.jpg
淡いピンク色が、いかにも女性的。

雄花はこちら。

d0163696_22112497.jpg
こちらはまだ熟してないようだ。
モミジバフウは雌性先熟ということなのだろう。



10日後

10日が過ぎた4月23日。

d0163696_22114006.jpg
雄花が熟し、
d0163696_22115318.jpg
多量の花粉を出していた。
このとき雌花は…
d0163696_22120439.jpg
柱頭が茶色になって、花はもう終わり。
すでにイガイガ、トゲトゲの果実の雰囲気になっている。

やはり雌性先熟だろう。
雄花と雌花の位置関係から考えて、熟期をずらさなければほぼ100%自家受粉してしまうだろう。雌性先熟はそれを避けるためのシステムなのだ。



感 想

それにしても…

d0163696_22121220.jpg
この冬芽のなかに、たくさんの花や葉が仕込まれていたとは驚きである。
念のため途中経過も紹介しておこう。(上と同じ芽ではありません)
d0163696_22123340.jpg
これは4月2日の萌芽のようす。
雄花序が顔を出して、下のほうには葉が観える。

羽化したチョウも舌を巻くような変態だ。
えっ、下はもともと巻いてるって?

2017年5月9日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2017-05-09 22:17 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル