自然観察大学ブログ

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧




春の雑草 ロゼットのようで、ロゼットではない

変幻自在のスズメノカタビラ

d0163696_18412938.jpg
スズメノカタビラは越年草の代表の一つだ。
主に秋に発芽して越冬し、翌年の春に花をつけるのが越年草。
でも、発芽してその年のうちに開花結実するものや、春になってから芽生えて素早く成長するスズメノカタビラもある。さらに近年は、ツルスズメノカタビラといって多年草化したものもある。
越年草とされているが、1年草として生活するのもあり、そのうえ多年草の系統もある。
スズメノカタビラこそ、まさに「雑草の中の雑草」と言えるだろう。
その変幻自在ぶりは、ほんとうに見事である。


とろで「越年草」といえばロゼットで冬を越すかというと、そうとは限らない。
スズメノカタビラはロゼットではない。

このスズメノカタビラをロゼット植物とする図鑑もあるが、それは誤りだ。
ロゼットでは、地上に出るのは葉(根生葉:こんせいよう)だけで、それが放射状に地表に広がる形をいう。茎は地表面すれすれの、有るか無いかのごく短い部分のみである。
スズメノカタビラは放射状に葉が出ているように思えるが、よく観ると根元から分かれた茎が出て、それに葉がついている。
イネ科はこのタイプで、ロゼットではなく叢生(そうせい)という。

※ 用語というのは人間の都合で決めたものだから、植物にとってはどうでもよいことかもしれない。しかしながら、歴代の植物学者の方たちが積み上げてきたものを、図鑑という立場で誤って伝えるのはよくない。ポケット版といえども図鑑なのだから… (この図鑑は売れているというのでなお困る)

近くに小さなスズメノカタビラがあった。

d0163696_18414220.jpg
大きさからして、これは春になって発芽したもののように思える。
それでも、もう、しっかりと出穂している。


ロゼットではなく、茎が放射状に出て、叢生していることが分かる。(しつこくてすみません)

もっと小さいスズメノカタビラがあった。

d0163696_18415234.jpg
なんと、すでに穂がある。
草丈は2-3cmくらいだが、この幼さで立派に大人なのだ。
う~む。変幻自在!



神出鬼没のノボロギク

芽生えてすぐに開花するといえばノボロギク。

d0163696_18420205.jpg
芽生えて間もない小さな葉(写真ではわかりにくいが葉の長さは1cm未満)の間にもうつぼみをつけている。
この形は、一見するとロゼットのようでもあるが、これはロゼットとは言わないだろう。

ノボロギクは、畑が耕起された直後などに、あっという間に芽を出す。
そしてすぐに開花結実する。


d0163696_18421133.jpg
大きくなったノボロギクはこれ。
耕した後に一面のノボロギク… という光景をしばしば目にする。

春に限らず、冬でも夏でも、チャンスがあればいつでも出芽し、一年中開花結実する。
神出鬼没の雑草だ。

2015年4月30日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-04-30 18:56 | 植物 | Comments(0)

春の雑草 ロゼットの観察-3

2月と3月のロゼットを比較してみよう。
(相変わらず季節外れですみません)

まずは2月末のヒメムカシヨモギ。
d0163696_23064211.jpg
整った形のロゼットだが、顔色が悪い。
冬のヒメムカシヨモギは、みな寒さに耐えるような色になっている。

次は3月末のヒメムカシヨモギ。(だと思う)
d0163696_23065800.jpg
春らしい、鮮やかな緑になった。(ヨカッタ)

次はオニノゲシ。
d0163696_23071230.jpg
2月末のオニノゲシは低い姿勢で寒さに耐える。
ロゼットの時期は、ノゲシと見分けやすいような気がする。

次は同じロゼットの1か月後。
d0163696_23085826.jpg
立体的に盛り上がって、元気いっぱい。
写真では大きさがわかりにくいが、元気に2まわりくらいでっかく成長している。

そして2月末のナガミヒナゲシ。
d0163696_23073175.jpg
1か月後のナガミヒナゲシ。
d0163696_23074434.jpg
これも中心部が上方へ盛り上がっている。
ナガミヒナゲシは、以前中心部の断面も観察しているので、そちらもご覧いただきたい。 ⇒ 

オニノゲシもナガミヒナゲシも、この時期早いものはもう花を開いているのに、まだこんな観察記録を書いている。
いいかげん、イヤになってくるが、もう少しだけお付き合いいただきたい。

2015年4月22日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2015-04-22 23:18 | 植物 | Comments(0)

春の雑草 ロゼットの観察-2

※ 前回のタイトルは「早春の雑草」だったが、タイトルを変更した。
(ペースが季節に追いついていない!)

前回と同じ場所の1か月後、3月末のようすを観に行った。
d0163696_07043411.jpg
春爛漫である。
ナズナがすっかり大きくなって、ホトケノザも成長している。

成長したナズナ。
d0163696_07044656.jpg
上のナズナは、たぶん一か月前にロゼットだったものだろう。
ロゼットで冬を越した、正統派の越年草タイプである。

こちらはロゼットのないナズナ。
d0163696_07045752.jpg
草丈は6~7センチ程度。
遅く発芽したナズナはロゼットを作らず、すぐに茎を立てて花をつける。
型にはまらない柔軟な生活ぶりは、さすが雑草である。

ところで、上の写真で花序のつけ根のところが黒っぽくなっているのは、アブラムシである。
遅れて外の世界に出て、なんとか花茎を立てたナズナだが、一歩出ると七人の敵がいるということだ。

ナズナの花を拡大してみよう。
d0163696_07050763.jpg
ナズナは十字型のアブラナ科の花だ。
小さくてわかりにくいが、雄しべが6本で、外側に出ている2本は少し短いのが特徴。
花序の中心部にはつぼみがあって、次々に新しいつぼみを着けては、花を開かせる。
ひとつヘンなものがあることにお気づきだろうか。
画面中央やや右下に、アブラムシの尻が観える。たぶんこれはニセダイコンアブラムシ。
つぼみにの中に埋もれて擬態しているようにも観える。

余談だが、上の花のアップは、新しいクローズアップレンズによるものだ。これまで使っていたものを紛失してしまったので、新しく購入したのだ。マルミ光機というメーカーのDGH3というもので、なかなか好い。
ヨドバシカメラの店員さんに勧められたのだが、大手フィルターメーカーのK社よりも、かなりよさそうだ。
クローズアップレンズは簡単手軽に倍率を上げられるので、いつもポケットに入れている。

ここでクイズ。これはなんのロゼット?
d0163696_07051995.jpg
ヒント:
 ●ナズナと同じアブラナ科植物。
 ●ちょっと元気がない。
 ●もしかするとウイルス病かも…

横からのカットでタネアカシ。
d0163696_07052959.jpg
ほったらかしにされたダイコンでした。

上の写真の1か月後には抽苔していた。
d0163696_07053841.jpg
ダイコンはナズナと同じアブラナ科植物である。

花を観よう。
d0163696_07054898.jpg
雄しべ6本で、外側の2本が短いところもナズナと同じ。
大きいので観察しやすい。

2015年4月13日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2015-04-13 07:10 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧