自然観察大学ブログ

<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧




早春の雑草 ロゼットの観察-1

2月末の暖かい日のこと。久しぶりに雑草を観に行った。
d0163696_07170236.jpg
ネギ畑の周りの雑草。
南向きに行儀よくならんで、日なたぼっこでもしているようだ。

気の早い、花をつけたヤツもいる。
d0163696_07171111.jpg
ホトケノザにスズメノカタビラ、奥で花茎を伸ばしているのはナズナ。

ロゼットがたくさんあると思ったら…
d0163696_07172067.jpg
よく観ると全部ナズナだ。
葉の切れ込みの深いものや浅いものといろいろある。
大小の違いは発芽時期の違いだろう。小さなものはどう見ても今年になってからの発芽と思う。

越年草(秋以降に発芽し、翌春成長して花をつける)とされるナズナだが、越年しないものも多い。秋に発芽して年内に花から実になるものもたくさんあるし、年を越してから発芽してロゼットを作らずに開花結実するのもある。その柔軟さ、型にはまらないところが雑草の雑草たるゆえんだ。

これもナズナのロゼット。
d0163696_07172892.jpg
寒さに当たったためか、古い葉(大きな葉)は色が悪い。
でも、中心部から新しく緑鮮やかな葉が出てきている。

次は切れ込みが細かくて深いもの。
d0163696_07173534.jpg
葉先のほうに緑が残っているのは、積雪や霜に触れてなかったためなのだろうか。
葉の数が多いのは、枯れた葉を補うために次々に出たものか。
厳しい寒さに震えながら育ったのだろう、このナズナの苦労がうかがえる。

好対照なのが次のロゼット。
d0163696_07174434.jpg
切れ込みが少なく、葉の緑は鮮やか。これもナズナである。
全体に丸っこくて、暖かいところでのんびりと育ってきたのかと想像してしまう。
(同じ畑のナズナだが…)

次はごく小さなロゼットだが、これもやはりナズナ。
d0163696_07175182.jpg
せっかく芽生えたのに、寒さにやられてしまって、なんとか新芽を出して持ちこたえている、といったところか。
d0163696_07175726.jpg
横から見ると宙に浮いたようになっているのは、たぶん霜で持ち上げられたのだろう。


余談ですが…
昨年後半から、なかなか更新できない日々が続いている。
毎週1回は更新できるようにしたいのだが、それが2週に一度になり、最近は月に一度たらずのペースになってしまっている。
雑用(本業とも言う)に追われて時間が作れなかったのだが、それもほぼ解消できた。
ぼちぼちと更新しますので、見捨てずにこれからもお付き合いのほど、よろしくお願いします。

2015年3月25日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2015-03-25 07:22 | 植物 | Comments(2)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧