自然観察大学ブログ

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧




マメハンミョウと人との深いかかわり

今年の夏はマメハンミョウの集団に2度遭遇した。

d0163696_19411900.jpg
なかなかダンディな姿をしている。
カンタリジンという毒を体内にもつだけあって、目立ちたがりなのだろう。


斑猫(はんみょう)の毒というのはこのカンタリジンで、ネットで調べたことを無責任に列記してみよう。
●斑猫粉はトリカブトとともに毒薬として利用された。暗殺の歴史には欠かせない存在。
●致死量は30ミリグラム。成虫数にすると4、5頭~10頭くらい。
●漢方薬としてイボとり(発疱剤)や、ごく少量の服用で利尿剤、媚薬などの効能がある。

マメハンミョウはツチハンミョウ科に属し、この仲間はみなカンタリジンを持つようだ。誤ってつぶしたりすると、皮膚がただれるので注意。かくいう私もこの仲間のキイロゲンセイによってただれた経験がある。(夜の昆虫採集

ちなみにハンミョウ科のハンミョウたちはまったく別物で、彼らには毒はない。( ハンミョウとアリとマーガリン

話を元に戻そう。
今年マメハンミョウを見たのは8月7日と14日で、猛暑の中、すこぶる元気だった。
ネット上の風説では、どうも昨年(2013年)あたりからマメハンミョウの発生が多いらしい。

さて、このとき我々は雑草の写真を撮っていたのだが、多数のマメハンミョウがぞろぞろと移動していた。

d0163696_19413350.jpg
ある時はハキダメギクを食べ… 
d0163696_19414472.jpg
またある時はオヒシバの葉上で… (これは食べてないかも)

そしてこちらでは畑のトマトを食べている。

d0163696_19415546.jpg
彼らはどこから来て、どこへ行くのか、団体行動の理由は何か、ナゾだ。

マメハンミョウは、幼虫がイナゴの卵に寄生し、成虫は広食性の植物食だという。
これまでに見たマメハンミョウ成虫は田んぼの脇のダイズを食べていた。広食性とはいえ、やはりダイズは美味かろう。
田んぼの脇にダイズが点々と植えられるのを見かける。たぶん自家用の枝豆なのだろうが、この環境はマメハンミョウにとっては好都合で、まるで理想郷だ。

これまでに何度かそんな光景を見て、しかも名前がマメハンミョウということもあって、成虫はマメ科植物を食べると思っていたのだが、それは私の思い込みだったようだ。

日本では第二次大戦後イナゴが激減したものの、その後低毒性の農薬への切り替えによるものか、1980年前後にはイナゴが復活した。
それにともなって、一時は希少な存在となっていたマメハンミョウもゆっくりと増加傾向にあるのかもしれない。

ヒトとマメハンミョウの関係を考えてみると、幼虫はイナゴ食で競合関係にあり、成虫は枝豆食でこれまたライバルである。
謀殺での活用で歴史を積み上げてきたこといい、縁の深い昆虫である。

2014年10月22日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-10-22 19:48 | 昆虫など | Comments(0)

またへんなエノキグサ

またまた、へんなエノキグサを見た。

d0163696_18522130.jpg
今度は雌花だらけ。
雄花穂があるべきところにも雌花がならぶ。
前回のニュー・ハーフとちがって、ちょっと不気味だ。

こういうのを観ると、ついついいろんなことを考えてしまうものだが、いかがなものだろうか。
生き物には例外はつきもので、とくに植物の雌雄に関してはかなりあります〟 とはI瀬先生の言だ。

2014年10月1日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-10-01 18:55 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル