自然観察大学ブログ

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧




ツユクサ-6 二輪咲きと自家受粉

いきなりクイズ。
この写真で、おかしいところにお気づきだろうか。
d0163696_22350092.jpg
気づいた方は、ふだんからよくツユクサを観ている方だろう。
苞を開いてみると…
d0163696_22351970.jpg
主軸には花ではなくて、葉のような、あるいは苞のようなものがついていた。
普通に観られる主軸の途切れたタイプのものは、朝の早いうちはこんなふうになっていて、その後落ちるものなのだろうか?
それとも先祖がえりのような突然変異なのだろうか。

もう一つ、側枝の花はこれから開こうとしているのだろうか。それとも開くことなく過ごすのだろうか?
この写真を撮ったのは朝の5時6分。まだあたりは暗い。

ところで、花序のつけ根にはアブラムシがいる。少し色が淡いがツユクサアブラムシだろうか。

同じ群落にあった別の頭花。
d0163696_22353568.jpg
写真左の主軸は途切れていて、側枝には3つ目の花が開こうとしているところ。
ツユクサは開花の時点で自家受粉をしているという〝なかなか〟さんの観察記録 (⇒) があったので、この日それを確認しようと早起きしたのだ。

苞を開いてみよう。
d0163696_22361583.jpg
左の二つはすでに実になっている。
花を無理やり開いてみたが受粉しているかどうかは分からない。
反対側から観てみよう。
d0163696_22363362.jpg
雌しべの柱頭(紫色の部分)はまわり込んで人字形の雄しべの葯に接近しているが、花粉は着いてないようだ。
花粉が付いているか否かをルーペで観ただけでは、受粉の有無を確認することはできないが…


少し移動して、別のツユクサの群落を観た。
d0163696_22364807.jpg
こちらでも開きかけの花をこじ開けてみたが、受粉は確認できない。
なお、このころようやく日が昇ってきて、背景が少し明るくなった。

この群落では、二輪咲きのツユクサがたくさんあった。
d0163696_22372823.jpg
例によって、苞を開いてみよう。
d0163696_22380726.jpg
予想通り、通常は花のつかない主軸に立派な花がついている。
ここで注目したいのは主軸の花(画面上の花)に雌しべがあること。
主軸の花は雌しべのないことが多いが、まれには雌しべを持つものもあるということだ。
ちなみに、この二輪咲きの同じ株の下では、普通に主軸の途切れた花序であった。

なお、上の写真で二輪とも柱頭に花粉がついていることにも注目。

こちらはまた違ったタイプ。
d0163696_22382671.jpg
主軸の花は、つぼみの状態。
このつぼみはこの後、開くことなくポロリと落ちるのか、それとも立ち上がって花を開くのか?

うーむ。続けて観察したいが、出勤前の観察ではそうしてもいられない。残念。

次はすでに開花済みのツユクサ。
d0163696_22370434.jpg
この状態で、雌しべの柱頭には花粉はついていない。

この写真で注目したいのは仮雄しべ。
一般に、ツユクサの雄しべは長い2個(上の画面の左)が本当の雄しべで、花の奥にあるΠ字形の3個(右側の花弁に隠れたもの)と、その間にある人字形の1個(画面中央)は仮雄しべであるとされているが、人字形の雄しべはたっぷりと花粉を持っているように観える。

〝なかなか〟さんの詳しい観察では、人字形の雄しべ(なかなかさんはY字形と呼んでいる)は授粉能力があり、Π字形の雄しべ(同X字形)は少量の花粉はあるものの授粉能力はないことが確認されている。 (⇒)
〝なかなか〟さんは前述のように、ツユクサの8-9割が自家受粉であることも観察している。 (⇒)


今回の観察では自家受粉が多いことを確認することはできなかったが、自家受粉が多いのであれば、二輪咲きのなどの性質は群落ごとにその傾向が強くなるのも納得できる。
そういえば、今回もそうだが、昨年の自然観察大学での岡発戸の観察会でも二輪咲きのツユクサが群生していた。
群落ごとに性質が違うのであれば、自家受粉かどうかも群落ごとに違ってくることになるので、そう簡単なものではない。

参考までにこれまでのツユクサの観察記録は次の4件。

1花を観る⇒ 2芽生え⇒ 3マルバツユクサ⇒ 4マルバツユクサの地中の花 5二輪の花のこと


ツユクサの開花はまだまだシーズン真っ盛りだ。
みなさんも観察してみては?

2014年8月24日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2014-08-24 23:09 | 植物 | Comments(2)

ツユクサ-5 二輪の花のこと

おととし以来のツユクサの観察である。
二輪の花をつけたツユクサを観た。
d0163696_21272466.jpg
ツユクサの花は一つずつ咲くのがふつうなのだが、ときどきこんなふうに二つ同時に開花するものに出会う。

もともとツユクサは貝殻のような苞の中に複数の花がある花序で、一日に一つずつ花を咲かせるとされている。

通常のツユクサの花序はこのようになっている。(苞をめくったところ)
d0163696_21274255.jpg
左に見える棒状のものが主軸で、ふつうこちらには花をつけない。
右の太い側枝には今咲いている花と、その下に見えるつぼみがある。さらにその下にごく小さなつぼみも見えるが、こちらはたぶん咲かずに終えると思われる。

詳しい花のつくりは一昨年(2012年)の記事をご覧いただきたい。
※「ツユクサ-1 花を観る」 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/16416456/

上の写真では、雌しべの柱頭に黄色い葯がついていて、受粉完了していることに注目。撮影は朝6時過ぎ。自家受粉(後述)か?

二輪の花をつけたツユクサに話をもどそう。
はじめの写真のツユクサの苞をめくってみた。
d0163696_21280676.jpg
予想どおり、主軸と側枝のそれぞれに花をつけている。
主軸も普通のツユクサよりも太くて立派な感じだ。

主軸の花(上の花)をよく観てみよう。
d0163696_21284136.jpg
雌しべがない。
主軸の花はふつう開かないが、開いたとしても雌しべがないのが普通なようだ。

側枝の花(下の花)のほうはどうか。
d0163696_21293897.jpg
くるりと巻いているのが雌しべ。
こちらはまっとうな両性花(雌しべも雄しべもある花)である。

以前も紹介したが、次のサイトでとても詳しい観察がなされている。ぜひご覧いただきたい。
※ 「なかなかの植物ルーム/ツユクサ」 ⇒ http://www.juno.dti.ne.jp/~skknari/tuyu-kusa-top.htm


もう少し続けて観察したが、以下続報へ

2014年8月20日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2014-08-20 21:41 | 植物 | Comments(0)

江戸川べりの観察-28 不思議なハゴロモ

カナムグラ上の不思議な虫…
d0163696_13183999.jpg
ハゴロモの仲間の幼虫だ。
不思議な白い毛の束はロウ物質で、尻から分泌したものがこんなふうになるのだそうだ。
d0163696_13185437.jpg
う~む。精密な細工もののよう。

外敵から身を守る手段らしいが、はたして効果があるのだろうか?

ハゴロモの名前は、羽衣に由来するらしいが、だとするとこの毛束からきているのかもしれない。
この姿でゾロゾロと歩き回る。
d0163696_13194202.jpg
動きにくいこと甚だしいと思うのだが…
そのうえ、いざというときはピンッと跳ねる。


d0163696_13210740.jpg
写真で一番下の反対側に隠れた幼虫は、毛束を閉じている。
ふだんは尻の毛の束を閉じているらしい。
残念ながらこのあと回り込もうとしたら、いつの間にか全開してしまった。意外に警戒心が強い。
(カナムグラの茂る中での移動は困難を極めるのだった。)

ところで、画面上の成虫はスケバハゴロモだ。
一緒にいるからといってスケバハゴロモの成虫と幼虫と考えてよいのだろうか。

きちんと撮ったスケバハゴロモはこれ。
d0163696_13212611.jpg
翅が透けているのでスケバ。

ところが、すぐ近くに別のやつがいた。
d0163696_13213692.jpg
ベッコウハゴロモ。
この藪にはスケバハゴロモとベッコウハゴロモの成虫が混じっていた。
う~む。どっちの幼虫か悩ましい。

<追記 2014年12月27日>
幼虫はスケバハゴロモでした。
フッカーSさんからご教示いただきました。
詳しくはいただいたコメントを見てください。
フッカーSさん、ありがとうございました。


2014年8月16日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-08-16 13:26 | 昆虫など | Comments(2)

江戸川べりの観察-27 ミドリグンバイウンカ

カナムグラのつるにいた不思議な虫。
d0163696_23273906.jpg
ミドリグンバイウンカの幼虫だ。
放射状の細い糸はロウ物質の分泌物だそうである。
写真では7本見えるが左から二番目にごく短い糸が観えるから、もとは8本だったのだろう。


横から観るとこんな感じ。
d0163696_23274535.jpg
ところで、この糸は何のためなのか?
何かの役に立っているのだろうか?
脱皮した後に少しずつ分泌して伸びてくるのだろうか?


ちなみに成虫はこれ。
d0163696_23275430.jpg
クワ科の植物につくようで、体長は5mm程度。
ここ数年、江戸川べりのカナムグラでたくさん観ることができる。
成虫はよく見るとかなり美しいが、この日の主役は幼虫だったためちょっと手抜き撮影。
以前一生懸命にとった写真はこちら 

2014年8月9日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2014-08-09 23:32 | 昆虫など | Comments(0)

江戸川べりの観察-26 アリのようなカメムシ

大豆畑でたくさんのホソヘリカメムシを観た。

d0163696_12561994.jpg
これは成虫。
体長15㎜程度で、エラそうに踏ん張った後脚にはとげがあったりして、細身ながらけっこうゴツイ。飛ぶときはブ~ンと蜂のような音を出す。
大豆の害虫として知られ、若い莢の外から口針刺して、中の豆を吸ってしまう。変形した枝豆の犯人の多くはこのホソヘリカメムシと思われる。


d0163696_12563448.jpg
こちらは幼虫。
右の幼虫は少し小さめで全体が黒っぽい。たぶん4齢。
左の虫は少し大きめで、たぶん5齢(終齢)。全体に褐色がかって、翅芽(しが)も大きめ、後脚の踏ん張り方も成虫に近い。


d0163696_12564886.jpg
これは4齢か、あるいはその前の3齢か?
アリに似ているが、口吻がある。


d0163696_12565868.jpg
さらに若い幼虫。上の写真にくらべてゴツゴツした感じがなく、さらにアリに似ている。
姿かたちだけでなく、動きもアリのように活発で、写真に撮りにくい。
アリに擬態して敵に襲われるのを回避するといわれる。(アリは昆虫界では嫌われ者なのだ)


もっと若い幼虫を探すと、アリそっくりのがいた!

d0163696_12570901.jpg
…と思ったら、本物のアリ。
口吻ではなく大あごが観える。
う~む。それにしても似ている。

2014年8月1日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-08-01 13:08 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル