自然観察大学ブログ

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧




ホソミオツネントンボの産卵ラッシュ

お詫びと訂正(2016年12月5日)
この記事でホソミオツネントンボの産卵とされているものは、すべてオツネントンボだそうです。
ホソミオツネントンボは、産卵時期にはすべて成熟した空色に代わっているそうです。
お詫びして訂正させていただきます。
訂正いただいた山崎秀雄先生、ありがとうございました。


しつこいですが、前回の続きで5月はじめの長野県の話。
神社に隣接した田んぼで、荒起こし後に芽を出したイネ科雑草に、ホソミオツネントンボが産卵していた。
d0163696_12422265.jpg
画面下の雌は、腹端を葉鞘に刺して産卵中だ。
上が雄で、交尾後も連結したままで場所選びと産卵行動を繰り返す。これはほかのトンボの仲間と同じ。

ちなみに連結飛行については次をご覧いただきたい。
 「赤トンボの産卵」 http://sizenkan.exblog.jp/20013896/ 
交尾のときは雌が腹端を雄の胸元の貯精嚢にくっつける形となる。

この田んぼは、ホソミオツネントンボたちに人気のようで、たくさんのペアが連結飛行し、わずかに点々とある雑草へ、競うように産卵をしていた。
d0163696_12423404.jpg
2ペアがバッティングするシーンも見られる。

この田んぼは、このあと水を張って代かき、そして田植えと進むわけだが、どこかでこの雑草は除かれてしまうだろう。それまでに孵化・脱出していればよいのだが…

ところで、ホソミオツネントンボは冬の間は褐色で、春になって成熟すると鮮やかな空色になる。しかし、写真のペアはみな褐色。ということは未熟なトンボたちが交尾・産卵しているということになる。

上の写真を拡大したら、部分的に空色になりかけていた。
d0163696_12424620.jpg
撮影地は標高600メートル以上の高冷地であった。急に春になってしまい、あわてて産卵したということだろうか。

空色のホソミオツネントンボは次でご覧いただける。
 「十二天の森(2)」 http://sizenkan.exblog.jp/11129305/ 

それにしても、複眼まで色が変わるとはすごい。どんよりとした冬の色から、春の青空を飛んで空色の眼になるとは、童謡の『とんぼのめがね』のそのまんまだ。

かつてバイクに乗っていたころ、スキー用の黄色のゴーグルを着けて走ったことがある。夜になって、街中の信号がすべて黄色に見えてパニックになったことを思い出した。
褐色の眼と空色の眼で、ホソミオツネントンボが観ている世界はどうなのだろうか。

2014年6月14日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-06-14 12:52 | 昆虫など | Comments(3)

スプリング・エフェメラル 2014 ツリアブと五芒星

関東は梅雨に入ったが、こちらは前回の続きで、まだ5月はじめの話。
(なんというマイペース!)

神社の裏の河原にツリアブがいた。
d0163696_06164810.jpg
たぶんビロウドツリアブの雄。
これも春先限定のスプリング・エフェメラルだ。
妖精というより小悪魔のような怪しげな風貌。よく観ると、ふっくらして見えるのは全身をおおう長毛によるもので、本体は意外に痩せているようだ。
蜂類に寄生するという生態からしても、ダーティーなイメージである。

近づくとすぐに飛ぶのだが、遠くへ去ることはなく、すぐに戻ってくる。
何かの拍子で驚かしてしまったときは、激しいスピードで、前後左右に行ったり来たり…
ときにマークを描いて飛ぶようにも観える。
こっ、これは、五芒星ではないか! 
ビロウドツリアブが魔除けの呪符を結んでいる!!
…ということは、もしかして祓われているのはワシ??
このワシを魔物扱いするとは、フトドキモノめがっ!

などと考えながら待っていると、また着地してくれた。
d0163696_06170159.jpg
雄は体が一回り小さいのと、左右の複眼がくっついているので見分けられる。

雌は真面目に花を渡り歩いて栄養を摂っている止まる瞬間がないので、写真に撮るのは難しかった。
それに対して雄は、ときどき縄張り争いのような行動も観られたが、おおむね河原の石の上で日向ぼっこをしている。気楽なくらしのようだ。

それにしてもこの口器はすごい。
この日はタンポポやカキドオシの花に来ていたが、ドウダンツツジのような筒型の花も吸蜜可能だ。筒形の下向きの花に吊り下がるようにして吸蜜する姿から 〝吊り虻〟 だそうである。とはいえ、ここまで極端な形になったのは何か理由があるのだろうか。不思議だ。


私が怪しいものではないと認めてくれたのか、こんどは後ろ向きに止まった。
d0163696_06171576.jpg
なかなかキュートだ。やはりスプリング・エフェメラルである。
どこかのゆるキャラに似ているかも…

2014年6月8日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2014-06-08 06:23 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル