自然観察大学ブログ

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧




再び ニホンヒラタタマバチを観に…

<文末に追記があります。2013.7.4>


6月中旬、前回の観察から10日後。
ニホンヒラタタマバチのいた樹を再訪した。
〝寄主を確認できれば…〟 と田仲先生が言っておられたこともある。

※ 前回ご覧いただいてないかたはこちらをどうぞ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/19052848/

さっそくいた!
d0163696_19544353.jpg
ニホンヒラタタマバチだ。
ふだんからかなりの数がいるのだろう。
d0163696_1956032.jpg
この日のヒラタマ嬢は、触角をあてながら、樹の中にいる産卵すべき相手(キバチ)を探しているらしい。
見えない寄主を察知するわけだから、すごい能力である。
蜂の触角は小さな孔が多数あって、においなどの情報を感じると考えられているようだ。

あちこち探しまわって、急に立ち止まって真顔(?)になる。
樹皮にあてた触角にもぐっと力が入る。
d0163696_19565891.jpg
獲物(寄主)を確認したのだろう、おもむろに尻を曲げて産卵の態勢に入った。
d0163696_19575459.jpg
硬い樹幹に産卵管を刺すのだから、容易ではない。
腹部に沿ってある 〝さや〟 を添えて突き立てる。
d0163696_20152763.jpg
産卵管が刺さると、さやをはずす。
針を刺したまま長時間この姿勢なので、写真は撮り放題である。
途中微妙な動きで針を操作するが、樹の中のキバチに刺すためなのか、それとも卵を送り出すためのものなのか。

樹の中にいるキバチの幼虫(?)にとっては、迫り来る針は命にかかわる恐ろしい注射だ。
長い恐怖の時間だろう。


ややこしい蜂の世界

はじめは樹に産卵するからキバチだと思ったら、じつは樹の中にいるキバチに産卵するヒラタタマバチだった。 
そしてタマバチはふつうは植物寄生だが、ヒラタタマバチのようにキバチに寄生するのがいる。
う~む。蜂の世界はややこしい。

蜂に寄生する蜂はほかにもたくさんいるようで、田仲義弘先生が次で紹介してくれている。

※ 全国農村教育協会 : 話のたねのテーブルのバックナンバー一覧 から…
No.3 『クリの大害虫クリタマバチ』 :
 クリに寄生するクリタマバチと、クリタマバチに寄生するチュウゴクオナガコバチ
No.85 『クリオオアブラムシの孵化』 :
 クリオオアブラムシに寄生するマダラアブラバチと、さらにそのアブラバチに寄生するコバチ


もちろん、田仲先生の著書狩蜂生態図鑑にも、ややこしくて面白い話がいっぱいだ。

2013年6月28日、報告:自然観察大学 事務局O


<以下、2013.7.4追記>………………………………………………………

羽化殻としていたものは、成虫の残骸ではないか、というご意見をいただいた。
おちゃたてむしさんからのご指摘である。(コメント参照)

参考:
おちゃたてむしさんのタカチホヒラタタマバチの記事 


コメントのとおり、同時に横からのカットも撮っていたので追加で掲載させていただいた。
(前回掲載の背面からの写真とあわせてご覧いただきたい)
d0163696_1932648.jpg
たしかに、おちゃたてむしさんの言われるとおり、産卵管と思われるものが刺さっている。
上端から右へ突き出ているのが産卵管で、うしろに長く突き出るのは産卵管のさやだ。
産卵管とさやの感じからして、これはヒラタタマバチではなく、キバチのものだろう。
おそらく寄主であるクロヒラアシキバチではなかろうか。

それにしても、この殻が産卵管の箇所でブッツリと切れたようになっているのは何故か?
やはり おちゃたてむしさんの推察どおり、何者かに食われたのか、それとも産卵管が抜けなくなって外皮を棄てていったのか?
同じような殻はこの幹に多数あった。前者の場合も悲劇的だが、後者だとしたら、キバチ本人のその後の姿は想像するだに恐ろしいものだ。
………………………………………………………以上追記
[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-28 20:20 | 昆虫など | Comments(2)

キバチのようでキバチじゃない

キバチではないことを、すでに田仲義弘先生に正解をうかがっているのだが、私の思考過程を記しながら一緒に悩んでいただきたい。

6月上旬、千葉市の青葉の森公園で、ハチの産卵シーンに遭遇した。
d0163696_12443486.jpg
樹幹に産卵しているので、当然キバチだと思った。
しかし、よく観るとキバチにしては胸部と腹部の間が少しくびれているのが気になる。
d0163696_1245046.jpg
背面から見ても、くびれが有るような、無いような…

以前観たキマダラヒラアシキバチは、くびれが全く無くてズン胴だった。産卵管の形も違う。

※ 『キバチの産卵』 のキマダラヒラアシキバチと比較してご覧いただきたい ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/16547132/


狩蜂や寄生蜂は 〝細腰類〟 とされ、腰(胸部と腹部の間)が極端にくびれているのだが、キバチの仲間はハバチとともに 〝広腰類〟 とされ、腰のくびれがないのだ。

ちょっとおじゃまして、顔も観てみた。
d0163696_12472676.jpg
〝お人好し〟のマダラヒラアシキバチにくらべると、ちょっと精悍な蜂らしい顔だ。

産卵していた樹はこれ。
d0163696_12474944.jpg
枯れかかったコブシで、右下部分だけから新芽が出ている。衰弱すると樹脂が少ないのでキバチなどに寄生されやすいという。

…となると、やっぱりキバチかなぁ。キバチでも、進化の過程で少しくびれが出てきて、顔も精悍になったとか…
などと考えながら、帰宅してネットで調べる。
なんとなくニホンキバチに似ているような気がしたが、こいつの寄主植物はマツやスギなどの針葉樹らしい。

悩んだ末に、自然観察大学講師で『狩蜂生態図鑑』の著者である田仲義弘先生に写真をお送りすると、即座に次の返答をいただいた。
……………………………………………………
キバチではなく、キバチに寄生する ニホンヒラタタマバチ です。
広い意味ではタマバチの仲間ですが、ヒラタタマバチ科は植物に寄生してゴールを作るのではなく、昆虫に寄生します。クロヒラアシキバチに寄生することが多いようです。小石川植物園、石神井公園、秋ヶ瀬公園でクロヒラアシキバチに寄生することを確認しています。同じ木から出てくるキバチがわかれば、ホストと寄生者の関係がまた増えるかもしれません。
……………………………………………………


さっそく ニホンヒラタタマバチ で検索すると、まさしくこれ!
そうか… 検索キーワードを 〝キバチ〟 にしているのだから、見つかるはずがないのだった!!
便利なようでいて、ネット検索の盲点 である。

ついでに クロアシヒラアシキバチ を検索すると…
蜂が好き』にあった。 ⇒ http://www.raipon.jp/hachi/?p=121 

ところで、このとき同じコブシの樹幹に、多数の羽化殻があった。
d0163696_12513752.jpg
これがクロヒラアシキバチのものなのか? 
ニホンヒラタタマバチにしては、産卵管の抜けた跡が違うような気がする。

10日後にもう一度同じ場所を訪れた報告は次回に続く…

2013年6月25日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-25 12:59 | 昆虫など | Comments(0)

「虫目」のススメ …が出た!

<文末に追記があります2013.6.21>
<文末に再度追記があります2013.7.4>

たのしい昆虫観察の本が発刊された。
タイトルは 『-毎日が楽しくなる-「虫目」のススメ
d0163696_1543310.jpg
著者の楽しい虫目体験をつづったフォトエッセイである。
d0163696_15432837.jpg
サブタイトルに 〝虫をめぐる人の話〟 とあるが、それらの話もたいへんに興味深いものばかり。

著者の鈴木海花さんの、ご本人によるブログでも、喜びいっぱいの記事がアップされている。(怖くて読めないという複雑な気持ちも…)
⇒ http://blog.goo.ne.jp/mushidoko64/e/9978c9ca178add99856d298b118fc0f6

鈴木海花さんは、前著『虫目で歩けば』で 〝虫好き女子〟 として話題になったかたである。もちろん、NPO法人自然観察大学の会員でもある。

※ 「虫目で歩けば」 は自然観察大学【本の紹介】をご覧いただきたい。
⇒ http://www.sizenkansatu.jp/index_11.html
(バックナンバー一覧の上から二つ目。紹介者は不肖事務局O)


前著『虫目で歩けば』が、〝虫好き以外の人たちを虫好きに誘う〟という色合いだったのに対し、新刊『「虫目」のススメ』は虫好き女子全開である。私も楽しく読ませていただいた。
極秘ではあるが、どうやらY﨑先生も海花さんのファンになってしまったようだ。間もなく自然観察大学ホームページに、Y﨑先生からの紹介文が掲載されるので、乞うご期待。

発行元:全国農村教育協会、A5判、176ページ、本体1,900円
発行元の紹介 (6月26日追記) 


余談ですが…
本書のあたたかいソフトな雰囲気は特筆もので、デザインを担当されたのは海花さんのご主人である。私もお会いする機会があったのだが、このご主人があればこそ、海花さんが思う存分活躍できるのだろう。
巻末のご主人とお嬢さんへの謝辞に、海花さんの気持ちが込められているようだ。

2013年6月20日 報告:自然観察大学 事務局O

<2013.6.21追記> 事務局Oあてに以下の感想を寄せていただきました。
…………………………………………………………………………………………………………

鈴木海花さんの 『「虫目」のススメ』 読みました。
読み進むうちに気持ちがあたたかくなりました。

この現代の 「虫愛ずる姫君」 は、文章に嫌味がなく、虫好きの想いがこもり、
我が身を振り返り楽しく読ませていただきました。
また、共通の知り合いもたくさん出てきて、場所がもう少し近ければ虫カフェにも行ってみたい気がします。
つくばに来た時は声をかけてくださるよう、よろしくお伝えください。

難を言えば、活字が小さい!

つくば市けんぞう より

…………………………………………………………………………………………………………


<2013.7.4追記>
自然観察大学HPの 【本の紹介】 で山﨑先生が紹介してくれました。
 http://www.sizenkansatu.jp/index_11.html 

[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-20 15:54 | 昆虫など | Comments(0)

親愛なる、そのへんの植物-10 「ヒメコウゾは雄花が下? 雌花が上?」

5月の中旬、雑木林の林道脇でなにやらおもしろい形の花を見つけました。
d0163696_19395824.jpg
ヒメコウゾです。ヒメコウゾは、クワ科カジノキ属の落葉広葉樹の低木で、低山地の林縁や林道沿いでよく見かけます。
d0163696_1940229.jpg


d0163696_19404359.jpg
ひとつのシュート(枝)に2種類の違った花がついていました。どちらも個性的な姿をしています。
シュート(枝)の下の方にあるのが雄花序、上の方にあるのが雌花序になります。ヒメコウゾは、同じ個体の中で雄花と雌花が分かれている“雌雄異花同株”です。

d0163696_19411952.jpg
雄花序は、雄花がたくさん集まって球状になっています。雄しべがいっぱい突き出して、まるでボンボンのようですね。花糸の先端の葯には花粉がいっぱい詰まっています。

d0163696_19414474.jpg
雌花序も同じく、まん丸の球状になっています。赤色の花柱が糸のように長く伸びて、イソギンチャクのようです。


ところで、なぜシュート(枝)の上部が雌機能、基部が雄機能になっているのでしょう? 植物の中には、雄花が上で、雌花が下につくものも数多くいます。雄花と雌花の配置は、何と関係しているのでしょうか。

雄花が上につく理由として、訪花昆虫との関係が言われています。一般的に雄花の方が派手で目立つ場合が多く、シュート(枝)の先端に咲かせた方が虫を引きつけやすいと考えられます。また、特にハナバチは下から上へ移動していく習性があるため、飛んできたハナバチは下方の雌花を通ってから、上方の雄花を通ります。つまり、他花の花粉(同種の他個体のものならラッキー)を体に着けて雌花を訪れ、その花粉を雌花の柱頭に付けた後に雄花へ移動し、雄花の花粉を付けて別の雌花へと飛び立ちます。自家受粉のリスクを減らし、他家受粉を促進しようという仕組みです。

それでは、ヒメコウゾのように下が雄花で上が雌花の場合はどうなのでしょう? 虫媒花だとすると、自家受粉が多発して、不利になってしまいそうです。

そう考えて、調べてみました。
すると、どうやらヒメコウゾは風媒花のようです。
風媒花の場合、雄花の花粉は自然落下するので、上についていては下の雌花に花粉が着いて、自家受粉しやすくなってしまいます。雌花の方も、風に乗って飛んでくる花粉を効率よく捕まえるためには、上に着いていた方が有利な気がします。長い花柱も、花粉をうまくキャッチするためかもしれません。
風媒花では、雄花が下で雌花が上という配置がしばしばみられるそうです。

ふとした好奇心から、なかなか奥深い知識につながりました。「なぜ?」と考えることから、世界は広がるのですね。

6月に入り、ヒメコウゾの雌花は実になりました。
d0163696_19423678.jpg

d0163696_19425129.jpg
なんだか、マリモに毛が生えているみたいです。

これがもうしばらくすると、赤く熟して、食べられるようになります。

※参考までに、こんな感じです(以前の写真)。
d0163696_1943257.jpg
私も食べたことがあるのですが、味はなんとなく甘いものの、花柱(やはり毛みたい)が口の中に残って、味よりもそっちの方が気になりました。
今年も試してみようと思います。

2013年6月17日、報告:自然観察大学 植物生態学部 S子
[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-17 19:45 | 植物 | Comments(1)

イトトンボの顔

種名がわからないのだが、おそらくアジアイトトンボ、あるいはアオモンイトトンボの顔。
d0163696_12414416.jpg
愛嬌のある顔と観るか、それとも気味悪いと思うか…
好みがわかれるところだろうが、ここでそんなことを争うつもりは毛頭ない。
(毛頭と言えば、写真のはかなげな頭髪とあごひげが、親近感をおぼえてしまうワタシである)
顔から判断すると、いろいろと考え悩むことなく、シンプルに直感で行動するタイプに思えてくる。
(ますます親近感を感じる)

両サイドの大きな複眼と、3つの単眼(ヒタイのところの3つの丸い玉)が、すぐれた視力を物語っている。その反面で触角は申し訳程度の小さなものである。

同じトンボの仲間でも、イトトンボの仲間(イトトンボ亜目)と、ヤンマやアカネなどのトンボ亜目とではかなり違う。イトトンボは両眼(複眼)の間が離れていることと、大あごを唇で覆い隠しているので、凶暴なオニヤンマなどと違って、味のあるとぼけた顔だ。

※ 参考:オニヤンマの顔 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/12010925/

ところでイトトンボは、そして昆虫は、いったいどんな情景を見ているのだろう。
ネットで調べると、複眼で形を見て、単眼で光を感じるとされている。また、複眼は個眼(こがん)で構成され、一つの個眼は色を感じるだけで像は結ばないため、複眼になってはじめて対象を認知するとも言われている。
なんだかややこしい。具体的な画像として 〝昆虫の見る世界はこれだ〟 というのを見せてもらえるとありがたい。

2013年6月12日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-12 12:44 | 昆虫など | Comments(0)

トゲトゲか、トゲハムシか、それともアンギラス?

写真で観ていた虫で、ぜひ一度は観てみたいと考えていたトゲトゲのハムシ。
d0163696_23941100.jpg
ごていねいに触角の付け根のところまでトゲがある。
写真ではけっこうゴツイ感じだが、実物は4mmほどと小さく、たぶん今までは虫の糞だと思って見過ごしていたのだろう。
横からの写真も撮らせてもらおうと思ったら、飛び立ってしまった。見かけによらず軽快だ。

標準和名はクロトゲハムシだそうだが、旧い図鑑には カヤノトゲトゲ と記されている。
漢字を当てはめるとそれぞれ、黒棘葉虫、茅の棘々 だと思うが、トゲトゲ亜科がいつの間にかトゲハムシ亜科となったらしい。
個人的には トゲトゲ に一票。トゲトゲという語感が、どこか剽軽でぴったりくると思うのだ。(茅はススキやオギなどのこと)

全身トゲトゲの姿は怪獣映画の アンギラス を連想させるが、触ってみたら意外に軟らかく、チクチクと刺さるようなトゲではなかった。(羽化後だった可能性もある)
アンギラスとはゴジラ映画に出てくる怪獣で、アンキロサウルスという恐竜が、ゴジラ同様に核実験の影響で巨大化したとされている。はじめは凶暴だったが、のちに温和な性格になるという設定。

トゲトゲで武装して、本人はいっぱしの強者のつもりでいたが、いざ、世に出てみたらゴジラとかムシヒキアブといった自分よりもっと強いのがいて、〝好い人になって、うまく世渡りしていこう〟 と考えたに違いない。うむ。


余談が続きますが…

トゲトゲの仲間には、トゲのない異端者がいて、〝トゲナシトゲトゲ〟と言う。
分類上はトゲトゲ亜科(トゲハムシ亜科)に属するのだが、トゲがないのでこんなややこしい命名となったらしい。

巷ではもっとややこしい話題がある。トゲナシトゲトゲにはとげのある変種があり、名前は 〝トゲアリトゲナシトゲトゲ〟 だというのだ。こちらはガセネタのようだが、考えると楽しくなる。

2013年6月7日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-07 23:15 | 昆虫など | Comments(0)

シリアゲムシ 馬面のワケ

頭のてっぺんから、あごの先でまで、ずーっと観ていく。
d0163696_195787.jpg
ひととおり観たあとに 〝はて、はじめのほうはどんな顔だったか?〟
落語にある馬面の表現だが、それがぴったりハマるシリアゲムシの顔である。

全身はこれ。
d0163696_1953089.jpg
ヤマトシリアゲの雌成虫。
名前のとおり尻を上方にそらした姿は、凛として、なかなかかっこいい。
林縁を飛ぶ姿を目にするが、ヘロヘロといかにも下手な飛翔。そのかわり脚力はなかなかのもののようだ。

d0163696_1955756.jpg
こちらはヤマトシリアゲの雄成虫。
雌よりも盛大に尻が上がっている。英語でスコーピオン・フライというそうだが、まさしくサソリの尻尾だ。

なお、ヤマトシリアゲは第1世代が黒色で、第2世代がべっこう色になる。
写真の雌は第1世代で、雄のほうは第2世代ということである。馬にたとえるなら、初夏の第1世代は黒鹿毛で、第2世代は栗毛ということになる。
(かつて栗毛はベッコウシリアゲとして別種扱いされていたそうだ)

シリアゲムシの専門家であるS木先生によると、シリアゲムシは完全変態(内翅類)の中でもっとも古い歴史ある昆虫のひとつだそうである。(ほんとうのご専門はシリアゲムシの発生学)

※ シリアゲムシの詳しい生態については、自然観察大学室内講習会バックナンバーから
 2004年 『シリアゲムシのくらしとかたち』 をご覧いただきたい
 ⇒ http://sizenkansatu.jp/index_8.html


そんな、由緒正しいシリアゲムシだが、太古の昔から長い顔をして尻を上げていたのだろうか。そしてそれらには何らかの意味があるのだろうか。

馬面が発達した理由を考えてみよう。(以下、かってな推測)
シリアゲムシで思い出すのは、クモ網にかかった獲物の横捕りである。
d0163696_1913232.jpg
クモ網にかかった昆虫に、5頭のヤマトシリアゲが集まって、横捕りをしていた。
昨年5月に岡発戸で観た光景だが、シリアゲムシによる横捕りは、日常で頻繁になされることらしい。

ここで、はじめの顔写真を思い返していただきたい。
クモ網に絡まった獲物を食べるには、馬面は都合がよいだろう。しかも表面はつるつるしているので、糸にくっつきにくいはずだ。

一方、尻を上げる理由だが、こちらはまったく想像もできない。もしかして、馬面とバランスをとるためのポーズだったりして…
いずれS木先生にご意見をうかがいたいものである。

余談ですが…
ネットで 〝シリアゲムシ〟 を調べたら、画像検索結果にS木先生の写真があった。
驚き!

2013年6月3日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-06-03 19:15 | 昆虫など | Comments(2)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル