自然観察大学ブログ

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧




親愛なる、そのへんの植物-6 「クサギ」

暑い夏の真っ盛り、クサギは林縁の至る所で白い花を咲かせます。遠くからでもよく目立ち、近寄ると強い花の香りもします。
d0163696_12225964.jpg

クサギは、クマツヅラ科(APG植物分類体系ではシソ科)クサギ属の落葉低木で、アカメガシワと並び、路傍や林縁でよく見かける典型的なパイオニア種です。(前回ご報告したネムノキも、パイオニア種でした。)
  http://sizenkan.exblog.jp/16253183/

d0163696_12243444.jpg

今回も、その花に注目して観察してみました(観察地:岐阜)。

クサギの花もおもしろい形をしています。
d0163696_12252459.jpg
クサギは合弁花であり、花冠は白色で、赤みがかった長い筒部があります。筒部を包んでいるピンク色の部分は萼です。萼のピンク色と花冠の白色が鮮やかなコントラストを成していて、なかなかきれいです。

続いて、めしべとおしべですが、何かお気づきになるでしょうか。
そう、めしべがくるりと曲がっているのです。

他の花はどうでしょう。
d0163696_12265719.jpg
やはり、めしべがくるりとそっぽを向いています。
おしべが活き活きとしていることから、これは雄性期です。自家受粉しないように、オス機能が働いている間のめしべの工夫だと思われます。
d0163696_12273581.jpg
う~ん、見れば見るほど、見事に曲がっているのに感心します。おもしろいですね。

やがておしべが枯れてくると、どうなるのでしょうか。
d0163696_12275950.jpg
ご覧のように、めしべがピンと真っ直ぐに立っています。
このように、クサギの花は雄性先熟であり、おしべとめしべが入れ替わりに運動して、自家受粉を避けているのですね。

ここでさらに、雌性期の柱頭の先端に注目してみました。
d0163696_12283278.jpg
なんと、先端が割れているのを確認!

それでは、雄性期のときの柱頭は?
d0163696_1228593.jpg
思ったとおり、先端は割れていませんでした。

雄性期、雌性期といくつかの花を観察したところ、雄性期からの移行直後と思われる柱頭は割れておらず、雌性期に入って落ち着いたと思われるものは割れていました。

花冠が落ちた後は、このようになります。
d0163696_12331621.jpg
赤い萼から、めしべだけがスッと伸びています。
残っている萼が花弁のようで、再びつぼみに戻ったようにも見えますが、なんだか美しさを感じます。

萼に包まれた中を覗いてみると、
d0163696_12333664.jpg
ちゃんと子房が大きくなっていました。

ちなみに、つぼみはこんな感じです。
d0163696_12302672.jpg
花冠の筒部が見えますね。なんだか、かわいらしいです。

クサギの実は、熟すと鮮やかな紫青色になります。そのときにも萼は残り、真っ赤になって、青い実を受けるように花弁のごとく開きます。その様子は花の時期より目立つほどです。
今回はご紹介できませんが、もしも思い出されることがあれば、秋になったらぜひ、その個性的な装いを見ていただきたいと思います。

最後に、クサギは「臭木」と書かれますが、葉に独特の強い匂いがあるためです。植物を見分けるときに匂いは重要な要素となりますが、このクサギも、一度覚えたら忘れられない一種になるのではないでしょうか。
その匂いを「くさい」と感じるかは人によりけりですが、私はゴマの香りにも似ている気がして、まんざら嫌な感じはしません。

そのクサギの葉は、佃煮にして食べることができるそうです。昔はよく食べられていたそうですが、そのお話に「なるほど」と思えるのが、クサギの展葉の仕方です。
クサギは順次展葉型であり、春から夏まで次々と新しい葉を出していきます。つまり、佃煮にできる食料が、次々と自然に手に入るというわけです。重宝されたわけがわかります。
人はそうして自然を知り、恵みを頂いていたのだなと考えると、興味深いお話だと思いました。

この度も、読んでくださった方、どうもありがとうございました。

2012年8月28日、報告:自然観察大学 植物生態学部 S子
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-28 12:35 | 植物 | Comments(1)

ホソヘリカメムシ カメムシの口器-3

d0163696_1736317.jpg
アレチウリの花(雄花)を吸収しているのはホソハリカメムシ。

※ カメムシが訪花・吸収に関しては、高井幹夫先生からの投稿 『カメムシの旧蜜』 をご覧いただきたい。(ほかにも専門の方からコメントをいただいています)
 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/12495921/


以前から気になっているカメムシの口器だが、今回はホソヘリカメムシだ。
d0163696_17392661.jpg
葉の上を口でつんつんして、探るように歩いていた。
d0163696_1740254.jpg
口吻と口針がわかる。

※ 口吻と口針については次をどうぞ
⇒ http://sizenkan.exblog.jp/16494772/ (ツノアオカメムシ)
⇒ http://sizenkan.exblog.jp/16499371/ (アカスジカメムシ)


d0163696_17421382.jpg
口器だけが独立して右に左にフレキシブルに動く。

d0163696_17423682.jpg
ホソへリカメムシの全身。(全国農村教育協会提供)
実物はけっこうゴツイ印象。
ぶ~んと翅音をたてて活発に飛ぶ。
d0163696_17425845.jpg
幼虫はアリの擬態とされている。たしかにそっくり。(これも全国農村教育協会提供)

ホソへリカメムシはダイズなどの豆類の害虫として知られている。
枝豆の莢の中で豆が変形・変色していることがあるが、その犯人はたぶんカメムシだ。名前はホソヘリだが太いヤツだ。

2012年8月27日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-27 17:44 | 昆虫など | Comments(0)

アカスジカメムシの幼虫

アカスジカメムシがいたウイキョウを観に行った。
『洒落者のアカスジカメムシ』 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/16460833/ の続きである。
近所なので何度でも行ける。

ウイキョウは花がほぼ終わって、若い果実の状態。(8月11日)
d0163696_12451953.jpg
すごい数のアカスジカメムシが群がっていた。
順調に繁殖している(?)ようすだ。
d0163696_12454831.jpg
成虫・幼虫、大きいのや小さいのが入り乱れている。

この機会にアカスジカメムシの成長(齢期)を推測しながらたどってみた。
カメムシ女子のS.K.さんの依頼もあるし…

まずは 1齢。
d0163696_12462185.jpg
アカスジカメムシらしさは感じられない。
卵からふ化した後も集団でとどまっている。白い半透明のは卵の抜け殻だ。

次は2齢幼虫。
d0163696_1247921.jpg
ますますアカスジカメムシらしさがなくなる。
ちなみに、撮影倍率は適当にやっているが、だいたい同じ倍率になるようにしたつもりだ。
ウイキョウの幼果との比較で感じていただけたらありがたい。

3齢。
d0163696_12474084.jpg
縁取りの赤黒ダンダラ模様に片鱗が現れた。

4齢。
d0163696_1247596.jpg
縦縞模様も現れた。これなら単独で見てもアカスジカメムシと推察可能だろう。
体色は個体差があるが、幼虫は赤というよりベージュの感じ。

5齢。
d0163696_12482019.jpg
4齢から劇的な変化はないが、全体がくっきりしてくるようだ。
4齢よりも翅芽が大きくはっきりしてきたが、これは成虫になると巨大化した小楯板に隠れて見えなくなる。

2012年8月21日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-21 12:53 | 昆虫など | Comments(0)

八方尾根に行ってきました

残暑いかがお過ごしでしょうか。
8月はじめの八方尾根での写真を、気楽に観てやってください。

クルマユリ。
d0163696_235449.jpg
画面の下の輪生する葉で “車百合” だそうだ。

タテヤマウツボグサ。
d0163696_23545040.jpg
上品さと派手さのバランスが good。
d0163696_2355451.jpg
シソ科の唇形花。

この日いちばん目立っていたのはシモツケソウ。
d0163696_23553688.jpg
漢字では下野草とするらしい。不思議。
d0163696_23555763.jpg
花のアップ。雄しべが長い。

アサギマダラは長距離移動で知られている。
d0163696_23563184.jpg
蜜を補給して、これからどこまで行くのか…

ツノアオカメムシ。
d0163696_23564846.jpg
ちょっと前に登場したばかりだが、お気に入りの虫は何度も出てくる。
⇒ http://sizenkan.exblog.jp/16494772

ハッポウタカネセンブリ。
d0163696_23585488.jpg
苦い生薬として知られるセンブリの仲間だそうだ。

タカネマツムシソウ。
d0163696_2359393.jpg
マツムシソウ科マツムシソウ属。
何者にも似ていない、孤高の存在だ。

こんな山の上にも、ミミナグサが…
d0163696_00288.jpg
と思ったが、花が少し大きくて、葉の感じも違う。
d0163696_003676.jpg
クモマミミナグサという高山植物だった。

d0163696_005988.jpg
八方池までは、ゴンドラ&リフトの終点から2時間ほどかかった。
残念ながら白馬連山は雲の中だったが、ゆっくりと山の生き物に親しんだ。

おまけ。
d0163696_012956.jpg
帰路、道の駅で見たツバメの巣。
親が餌を与えるのを撮ろうとしばし粘ったが、早すぎて追いつかない。
与えるのも飲み込むのも一瞬だった。

2012年8月14日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-15 00:03 | フィールド | Comments(2)

通算201回です

2010年5月にこのブログをはじめて以来、2年と3箇月。今回で201回となった。
今後ともよろしくお願いいたします。

自然観察大学ブログのコンセプトは、 ブログをはじめました (2010年5月)にまとめているので、よろしければ読んでいただきたい。


6-7月のアクセスランキング

最近の人気記事のランキングを紹介しよう。
このところブログの機能が多少は理解できてきたので、アクセス解析ができるようになった。(えへん!)
まずはベスト3。

第1位 : ジャガイモの実がなった! (2011年6月、ミルフイユさんより投稿)
第2位 : ムシヒキアブ -最強伝説を解く- (2012年6月)
第3位 : 夜の昆虫採集 (2010年8月)


第1位の 『ジャガイモの実がなった!』 は今年5月から急激にアクセスが増え、多いときは200件/日ものアクセスがあった。この記事だけで200件である(!)
今年アクセスが多かった原因は、おそらくあちこちでジャガイモの実がなったからで、ネットで検索した人々が殺到したのだと思う。
この記事は、昨年6月の自然観察大学群馬支局通信員のミルフイユさんの投稿によるものだった。
アクセス急増のころ、“ジャガイモの実” でGoogle検索 (若者は “ググる” と言うらしい) すると、わが 『ジャガイモの実がなった!』 がトップにランクしていたのでびっくり。(ミルフイユさんに感謝!)
その後は新しい記事が増えたためか、今日現在検索してみると6ページ目までランクダウンしていた。
本ブログの 『ジャガイモの…』 へのアクセスは6月いっぱいでほぼ終了し、現在は落ち着いた元のペースになっている。ちょっとさびしい。

2位、3位は昆虫。昆虫愛好家はネットと馴染むものらしい。
ちなみに“ムシヒキアブ 最強”のキーワードで検索すると(“ムシヒキアブ”と入力すると“最強”まで自動的に出てくる)、Googleの3位が、わが自然観察大学の記事であった。

続いて4位から15位までを一気に紹介する。

4位 チュウレンジハバチの幼虫人生 
5位 キジラミか? ウンカ・ヨコバイか? それともハゴロモ?
6位 話題のヒマラヤスギ 
7位 アザミウマの話 
8位 オニヤンマの顔
9位 カイガラムシとテントウムシ 
10位 虱(シラミ)生物 
11位 紅白花くらべ 
12位 ツユクサ-3 マルバツユクサ 
13位 イモムシの眼は筋肉袋 
14位 双頭のアカツメクサ
15位 親愛なる、そのへんの植物-5 ネムノキ 

最後の 『親愛なる…』 は自然観察大学植物生態学部S子さんの投稿である。
この春からシリーズで投稿いただいているが、本職(?)でも大学院で植物生態学を学んでおられる。岩瀬名誉学長が毎回感心するほどの内容である。


裏技紹介

右下にある検索というボックス内に “S子” と入力すると、自然観察大学ブログ内のS子さんの報告が一覧で表示される。
この検索機能は、本ブログ全体から入力したキーワードで検索できる便利なものだ。
ほかにも “雑草” “雄花” “脚” といったいろいろなキーワードで、即座に検索してくれるから驚き。
恥ずかしながら、事務局Oがこの機能を知ったのは、つい最近である。(管理者のくせに!)


投稿いただいた記事

S子さん以外にも、たのしい投稿をいただいているので、主な記事をピックアップしよう。(掲載の旧い順)

● "ひょう干し"で盛り上がっています(茨城県 Hさん) 
● アシダカグモのお陰です(KMサクラさん) 
● 「さかき」異説(品川駐在 小田さん) 
● 我が家のムササビ(長野県支部 M.O.さん) 
● 虫のショート・ショート(全4話、つくば市 けんぞうさん) 

投稿いただいたみなさん、ありがとうございました。


そのほかおススメの記事

以下は個人的に面白いと思っているのだが、残念ながらランク外の記事。

● 妖怪変化か? -ウシヅラヒゲナガゾウムシ- 
● ウシヅラヒゲナガゾウムシの “くらし” を考える 
● ウシヅラヒゲナガゾウムシ、とっておきの裏話 
この3つは、正式和名 “エゴヒゲナガゾウムシ” のこと。珍妙な姿をした昆虫でネット上がにぎわっている。

そのほか、虫ネタばかりだが…
● キベリタテハに好かれて… 
● ハンミョウとアリとマーガリン 


熱射病に注意
d0163696_2024717.jpg
コヒルガオもヤブガラシも暑い日はぐったり。
(8月はじめの昼過ぎ、都内の植えマスにて)

猛暑の中の外出&観察は控えましょう。
そんな日は自然観察大学ブログを涼しく見るのが一番!
時間のあるときに、今回紹介した記事をチェックしていただけるとうれしいです。

これからもよろしくお願いいたします。
投稿やコメントも大歓迎です。

2012年8月10日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-10 19:25 | 自然観察大学ブログのこと | Comments(2)

ニジュウヤホシテントウ –食痕の謎を解く-

d0163696_12555553.jpg
ニジュウヤホシテントウは黒い斑紋(星)が28個ある。
ジャガイモやトマト、ナスなどのナス科の農作物(のうさくもつ)を食べる農業害虫とされている。
西日本ではニジュウヤホシテントウが多く、北日本ではよく似たオオニジュウヤホシテントウというのが多いというが、関東では両方が見られる。

d0163696_12561635.jpg
スジスジに削り取られたような食痕で、ニジュウヤホシテントウのしわざとすぐにわかる。(オオニジュウヤホシテントウも同じ)

どうやったらこの不思議な食痕になるのか、以前から食事シーンを観たいと思っていたのだが、やっとそのチャンスが来た。

d0163696_12564935.jpg
葉の表面をスジ状にかじり取り、ごく細い食べ残し部分をつくる。

d0163696_1257977.jpg
意外にしっかりした大あご。
拡大してみよう…
d0163696_1257318.jpg
鋸状でかなり鋭い感じ。切れ味といい、薄皮一枚だけを残す技といい、たいしたものだ。
剣豪の “見切り”“間積り” に通じるのではないかと思う。

ときどき粗相をして食べ残しができてしまうと、戻ってかじりなおしていた。いたって几帳面な性格のようだ。
本人は稽古不足を反省しているのかもしれない。

筋は、頭だけを動かして、手前から前方に向かってたどられる。
一筋食べると、その右へ筋をつくる。
この虫は左から右方向に食べ進んでいた。
前掲の食痕の写真を観ると、ほとんど身体を動かさずに、効率よく食べ進む手順が推察できる。

連続写真をご覧いただきたい。(頭しか動かないので地味ですが…)
はじめは手前に頭をひきつけて、かじりながら頭を前方に伸ばしていく。
d0163696_12583033.jpg
d0163696_1301275.jpg
d0163696_1303825.jpg
d0163696_1305385.jpg
d0163696_131778.jpg
d0163696_13119100.jpg
けっこうなスピードで、一筋あたり5秒程度だったと思う。(タイムを記録したわけではない)


考 察 (えらそうにすみません)

どうしてこんな食べ方をするか、考えてみた。

普通、葉をかじる昆虫は、縁から食べる。食べながら自分の足場を確保しなければいけないから、これは当然のことだ。
まれには葉柄のほうから食べて、いつの間にか葉と一緒に落下してしまうという、おバカな個体もいるかもしれないが、そんなキケンなDNAは瞬く間に淘汰されるのだろう。

ニジュウヤホシテントウの場合、薄皮もさることながら、細く食べ残された筋により、足場としての強度が保たれるのだと思う。
ニジュウヤホシテントウが独自に編み出したテーブルマナーなのだろう。
この流儀と作法は、幼虫にも徹底され、親族のオオニジュウヤホシテントウにも引き継がれている。

手前から前方へ、左から右へなど、細部のしぐさまで決まっているものなのか、今後さらに観察をしていきたい。


200回御礼

ところで今回、自然観察大学ブログはめでたく200回目です。ご覧いただいたみなさま、投稿いただいたみなさま、コメントいただいたみなさま、ありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。


2012年8月7日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-07 13:06 | 昆虫など | Comments(2)

キバチの産卵

<2015年6月15日追記> 文末に訂正があります。

遠目には
アシナガバチかと思ったが…

d0163696_1904796.jpg
近寄ると雰囲気が違う。
どうやら産卵中のようだ。
樹幹に産卵するということは、キバチの仲間か?
d0163696_1911769.jpg
スズメバチ類に似た紋様だが、腰のくびれのない、キバチだ。
キマダラヒラアシキバチではないかと思う。(文末に訂正あり)
(キバチやハバチは腰のくびれがないので広腰亜目、ふつうのくびれたハチは細腰亜目という)

同じ樹幹の少し離れたところに、別の個体がやはり産卵していた。
d0163696_1921436.jpg
これもキマダラヒラアシキバチだと思う。(文末に訂正あり)

このカエデは前々回のツノアオカメムシを観たカエデのすぐそばで、こちらは枯れかかっている樹だった。
健康な樹は樹脂が豊富で幼虫の障害になると聞いたことがある。そんな理由で衰弱したカエデが好まれるのだろう。
d0163696_1924371.jpg
産卵管は幹に突き立った黒い管で、後方に伸びるのは鞘(さや)だろう。

この産卵管が針へ進化し、その針を自在に動かすために腰がくびれ、細腰亜目の狩蜂や寄生蜂などになったと考えられている。
その意味で、キバチやハバチはハチの中では原始的なグループということだ。
そういえば、顔つきからも牧歌的な原始の生き物を感じさせる。
d0163696_191478.jpg
暢気そうな表情で、たぶん穏やかな性格なのだろう。
(と思うのだがいかがだろうか…)

余談ですが…
田仲義弘先生(自然観察大学講師)の 『狩蜂生態図鑑』 が全農教からまもなく(8月末ころ?)刊行される。
全編が圧倒的な写真であることは、言うまでもない。
みんなで期待しましょう!

……………………………………………………………………………………
<2015年6月15日追記:訂正> 

キマダラヒラアシキバチ ⇒ ナカネヒラアシキバチ
本稿の写真は「昆虫博士入門」に掲載したのだが、謹呈させていただいた本書を見て、ご指摘いただいたものだ。両種は見分けにくいが発生時期が異なるほか、翅の紋様も異なるそうだ。
本のほうは正誤表で訂正させていただいたが、本稿での訂正はうっかり忘れていて今ごろになってしまった。
ご指摘いただいたSさん、ありがとうございました。
……………………………………………………………………………………

2012年8月1日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-08-01 19:22 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧