自然観察大学ブログ

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧




アオスジアゲハの観察-2

青太の祈り

10月末に生まれたアオスジアゲハの観察のつづきである。
もうすぐ12月だというのに、今日も元気に成長している。

日付はいまから3週間前の11月3日。
d0163696_23523480.jpg
黒いツノが目立つ。体長は7-8ミリ程度。
観察しやすい場所(喫煙所の正面)に移動して、この幼虫を追っている。
私は彼を 青太(あおた) と名づけた。(雌雄は不明だが…)
d0163696_23525668.jpg
4日後の11月7日。体長は10数ミリになっている。ツノが小さく見えるが、脱皮したのだろうか。
青太の足元(脚元?)をご覧いただきたい。葉上に糸を張っているのが見える。つるつるしたクスノキの葉上だが、これで安定させているのだろう。腹脚・尾脚を貼り付かせている。
上半身を立たせ、うつむきがちに胸脚を合わせて、祈るようなポーズだ。

それにしても、いつ観ても同じ場所で同じポーズなのでドラマがない。
何かの擬態なのだろうか?
近くの葉に食われた痕があるから、断食ということはなさそうだが…

11月11日は雨だった。
d0163696_23532940.jpg

驚いたことに、雨が流れ落ちるように葉の角度を立てている。(前回の葉の角度と比べていただきたい。)

11月15日は引っ越し。
d0163696_2353567.jpg
近くの大きめの葉に転居した。体長は2センチほどになっている。
前の住まいが手ぜまになったようだ。
脱皮を経過したらしく、ツノが小さく丸くなり、青太も少し大人びてきた。

空き家になった旧い葉を詳しく観てみよう。
d0163696_23542270.jpg
なかなか美しい糸だ。
鱗翅目の幼虫(イモムシ)が、糸で葉を綴ったりネットを張ったりするのは知っていたが、足場にするとは知らなかった。
ハダニ類も葉上に糸をめぐらすが、そちらは足場兼移動用なのでアオスジアゲハとは少し雰囲気が違う。
(参考 『粉塵とダニ』 http://sizenkan.exblog.jp/13082962/

顔を見てみよう

動きがなくて面白くないので、今度は違った角度で顔をのぞいてみた。
d0163696_2357386.jpg
意外にも、コブラにも似た迫力満点の青太。
寄生蜂やアシナガバチなどの天敵を、このコワモテで追い払おうというのだろうか?

次は一週間後の11月14日の顔。
d0163696_23572414.jpg
ずっと同じポーズなので撮りやすい。
ちなみに大きな目玉に見えるのは複眼ではなく筋肉。
筋肉袋の両側下部に、縦一列に並ぶ黒褐色の点々が本当の眼で、個眼という。

詳しくはバックナンバーの 『イモムシの眼は筋肉袋http://sizenkan.exblog.jp/12032640/ をご覧いただきたい。

2011年11月24日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-11-25 00:03 | 昆虫など | Comments(3)

アオスジアゲハの観察-1

11月になったというのにアオスジアゲハの幼虫がいる。
d0163696_12364310.jpg
写真では暖かい日差しに見えるが、けっこう寒い。そのためか、幼虫はほとんどじっとして動かない。
現在は体長15mm程度で3齢ではないかと思うが、このまま成長して蛹化~越冬できるのか、心配だ。

さかのぼること一箇月前の10月12日、同じ場所でアオスジアゲハの羽化に遭遇した。
d0163696_12372161.jpg
羽化したばかりは、ひときわきれいで鮮やかだ。
写真下方には抜け殻も見える。(自然観察大学事務局のSN嬢による撮影)
今年の秋は暖かいが、それにしてもずいぶん遅い時期に羽化するものだ。

自然観察大学事務局のある台東区のビル前 (室内講習会の会場になるビルです) には3本のクスノキがあり、ここでアオスジアゲハが生活している。
季節には盛んに飛来し、産卵から成長を繰り返すのだが、彼らの多くはこの壁面や庇の下で蛹化する。もともとは樹幹などで蛹化したものと思うが、これも人間との共進化なのだろう。

さて、10月半ばに羽化した成虫はその後どうするのか、気になるところである。蛹で越冬と聞いているが…

羽化を観察した約二週間後の10月28日。
d0163696_1238422.jpg
小さな幼虫(おそらく2齢)を見た。体長は5mmほど。
先の羽化成虫の卵かどうかは定かではないが、場所は同じビル前のクスノキのひこばえで、やわらかい新葉を狙って産卵したものと思われる。

わずかなエリアに6-7頭の幼虫が群がっていたので、そのうち1頭を樹上の新葉へ移動した。
事務所のある2階から、ちょうど目の前で見られる位置だ。
次回以降、その観察記録を紹介させていただく。

2011年11月10日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-11-10 12:48 | 昆虫など | Comments(3)

マジックハンド

近所の道具屋で、面白いものを見つけた。
d0163696_17184211.jpg
d0163696_17185514.jpg
“指し棒” と同じつくりで、縮めたときは15cmほどで、伸ばすと1m弱。

d0163696_17191638.jpg

頭はミニ熊手状。伸びる孫の手といった印象だ。
この “タタズマイ” が気に入って、即座に購入してしまった。

野外観察で高所の枝を引き寄せるのに重宝するし、観察会では “指し棒” にもなる。
見沼田んぼの観察会では、H井先生にご利用いただいた。
d0163696_17194042.jpg
お気に入りのご様子。

きのこの生態観察』でも大活躍。表土をかき分けて菌糸を探すのに、N田先生にご利用いただいた。
観察会でお世話になったK林さんも、その後購入した由である。この道具はK林さんの琴線にも触れたらしい。

この “伸縮孫の手” は、ファクトリー・ギアという道具屋で扱っている。
http://www.f-gear.co.jp/shop/shitamachi/index.html店構えは小さいが、本格的な(マニアックな)道具が所狭しとならぶこの店で、伸縮孫の手は店頭に林立させて華やかに陳列されている。ちょっと不思議な道具屋さんだ。

ところで、そもそも “伸縮孫の手” は何の道具なのか?
商品知識が豊富な店員さんによると…
「これはですね、車のエンジンルームなどの狭い隙間に落としてしまったボルトなどを引き寄せる道具です。磁石の効かない非鉄性のボルトは、これでないと捕れません。」
嬉々として、親切丁寧な説明が始まった。
「仕入れたものの、売れるかどうか心配だったんですが、意外とよく売れています。使っているお客さんの評判もいいですよ。ただ、みなさん作業用のツナギを着た状態で背中を掻くときに重宝しているようなんですけどね。」

2011年11月3日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-11-03 17:23 | その他 | Comments(0)

つる植物の話-6

カナムグラの続き

以前、『つる植物の話-3』 http://sizenkan.exblog.jp/14599053/ で9月中旬のカナムグラを紹介させていただいたが、その後10月にも観察を継続したので雌花と果実を報告する。

前回は多数の雄花に比べて雌花が極端に少なかったのだが、10月はじめには雌花も十分に発達していた。
d0163696_23131270.jpg
雄花が先熟し、雌花は時間差をつけて後から熟すのだろうか。

しかし雄花もまだ盛りで、ミツバチが数多く訪花していた。
カナムグラは風媒で受粉すると思っていたのだが…
d0163696_23134567.jpg
大きな花粉団子は、色から判断して確かにカナムグラの花粉のようだ。
d0163696_23141512.jpg
落下しそうになるが、片足の爪をひっかけて、アクロバチックな態勢でこらえている。

カナムグラの花はふらふらと不安定で、ミツバチにとって花粉採取は難しそうだ。

雌花を訪花するミツバチは見当たらないので、やはり受粉に貢献しているとは思えない。
上の写真を見直すと、ミツバチがゆすったために花粉が飛んでいる。やはり風媒か…

10月には、果実も目立ってくる。
d0163696_23145816.jpg
カナムグラの果実は折り重なるように付く。
d0163696_23152399.jpg
紅く色づいたものもある。なかなか上品な美しさ。
d0163696_23154883.jpg
下から覗き込むと、ほとんどは抜け殻だったが、一つだけ種子が残っていた。

余談ですが…
カナムグラの果実は同じクワ科のつる草であるホップに似ている。
d0163696_23162595.jpg
ホップは関東近県で目にすることはないが、東北や北海道では普通に栽培されている。(写真提供:全国農村教育協会)
ちなみに、カナムグラもホップもクワ科の同じカラハナソウ属(Humulus属)の仲間とされているが、最近はクワ科でなくアサ科とする説もある。植物分類学もいろいろあるようだ。

2011年11月1日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-11-01 23:22 | 植物と虫 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧