自然観察大学ブログ

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧




マツに観る生物多様性

3月のはじめに、アカマツを観た。
正月に剪定したマツで、自然観察大学ブログの 『2011年の正月は松で3年分を観る』http://sizenkan.exblog.jp/12686655/ のアカマツだ。
一か月前の記録で申し訳ないが、お許しいただきたい。

d0163696_17485644.jpg
上の写真は葉芽だろう。順調に芽が育っているもようだが、中には変わった形のものがあった。
d0163696_17491542.jpg
松ぼっくりにも似ているが雌花穂になる芽だろうか。それにしては正月に観たものとは形が違うようだ。継続して観てみたい。

剪定した切り口には松ヤニが溢出して固まっている。
d0163696_17501822.jpg

d0163696_17505553.jpg
樹脂の神秘的な美しさにしばし見とれる。
大きな枝ほどヤニが少ないようだが、活動の程度によって松ヤニの出かたも違ってくるようだ。
松ヤニは野球などで滑り止めに使うロージンが知られているが、ほかにも接着剤などにも利用されているらしい。以前にも述べたが、この松ヤニを吸汁するアブラムシがいというのは不思議なことである。

別のマツでアブラムシを発見した。残念ながら死体。
d0163696_17525826.jpg
マツホソオオアブラムシだろうか、腹部が膨れているようで、よくわからない。
松ヤニをものともせずに吸い込むアブラムシを観てみたいものだ。

これはジョロウグモの卵のう。
d0163696_17532729.jpg
卵粒が見えて、こちらも着々と春の準備ができているようだ。
ちなみにジョロウグモは漢字で表すと “女郎グモ” ではなく “上臈グモ” と、クモがご専門のA先生は言っておられる。上臈は高級女官などを示すので、こちらを採用したい由。

ヤニサシガメ
マツの樹皮下に怪しい影を発見。
d0163696_17551631.jpg

マツの葉で突っついたら、姿を現した。
d0163696_1756165.jpg
ヤニサシガメの幼虫だ。マツ類の樹上にくらす捕食性のカメムシである。
自然観察大学の観察会では、毎年のように外来種のヨコヅナサシガメが話題になるが、ヤニサシガメはそれよりやや小ぶり。この幼虫は体長1センチほどであった。
一見コブコブのごつい姿だが、よく観るときらきらと虹色に輝いて美しい。つぶらな瞳は愛嬌がある。(ぜひ写真をダブルクリックして拡大してみてください)
触角は中ほどで二つに折りたためる。狭い樹皮下でじゃまにならないためであろう。うまくできているものだ。

調べてみると全身に光沢があるのは松ヤニで、なんと、自分でヤニを採取して体表にこすり着けるそうだ。そしてヤニを着けた前脚で獲物を捕らえるという。
次のサイトで詳しく掲載されているので、ぜひご覧いただきたい。
埼玉県立自然史博物館 自然史だより 第14号 1991.3 『体にヤニを装うカメムシ』http://www.kumagaya.or.jp/~sizensi/print/dayori/14/14_3.html 驚くべき習性とともに、それらを追及する観察眼と好奇心に脱帽。

ヤニサシガメの前脚での捕獲シーンは考えただけでぞくぞくする。 “鳥刺し” のような要領だろうか? うーっ、観てみたい。

ところで、ヤニサシガメもジョロウグモも捕食性である。ということはアカマツには餌となる昆虫などがそれなりに豊富に存在するはずである。マツ類に寄生する昆虫(獲物)はマツカレハやハバチの仲間くらいで、個体数も多くはないと思うのだが…

余談ですが…
ヤニサシガメはかなりの個体数が樹皮下に隠れていたが、暖かい日差しに誘われたのかぞろぞろと這い出てきた。
レフ板とストロボ(デイライトシンクロ)のよい例が撮れたので紹介する。
【参考】『カブトムシを撮った話』 http://sizenkan.exblog.jp/12839581/

下は自然光(晴天直射日光)+レフ板+ストロボ。
d0163696_17593776.jpg
松ヤニで輝く表皮の質感と、光った翅芽(しが、不完全変態の昆虫にある)がよくわかる。

次は自然光だけで撮った場合。
d0163696_1801861.jpg
ごつごつした立体感は出ているが、これでは虫体がよくわからない。

ついでに、レフ板だけの写真と、ストロボだけのものもそれぞれ撮ってみた。
d0163696_1804952.jpg
d0163696_181191.jpg
こうなると個人的な好みの問題かもしれない。図鑑的に撮るか、雰囲気を重視するかで違ってくるだろう。

参考までにレフ板を当てた状況も撮っておいた。
d0163696_1834726.jpg
白い紙をクリップでマツの樹皮に固定している。レフ板がよく効いているのがよくわかるが、これは写真でコントラストが強調されたもの。肉眼で見てこんなに明るくならないので念のため。

2011年3月29日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-29 18:09 | 昆虫など | Comments(0)

3月の雑草-3

オオイヌノフグリは私のお気に入り

d0163696_18524758.jpg
またオオイヌノフグリで申し訳ないが、大好きな雑草なのでお許しいただきたい。
一時はシンボルとして名刺に刷り込んでいたほど好きな雑草なのだ。

ハクサイの葉の穴からオオイヌノフグリが頭をのぞかせていた。
d0163696_18532260.jpg
なんとなくうれしくなって、思わず撮ってしまった。

d0163696_18541620.jpg
地表を伸びる茎の先端に花があり、まん中あたりではすでに果実になっている。次々に花を着けながら伸びていくようすがうかがえる。
オオイヌノフグリの葉は、はじめ対生で伸びるにつれて互生になる。茎の付け根のほうが対生で、先のほうが互生ということだ。光を受けるのに都合が良いということなのだろう。
今ごろは付け根にも葉が残っているので観察しやすいが、これからの季節はわかりにくくなる。
d0163696_1855119.jpg
オオイヌノフグリの葉上を、ナナホシテントウが忙しく歩き回っていた。探し物は獲物のアブラムシか?
アブラムシだったらこの時期はカラスノエンドウにたくさんいるので、そっちを探したほうがよかろうに… それとも繁殖相手を探しているのだろうか。
今頃のテントウムシはいつも忙しそうにしている。

d0163696_1856041.jpg
別の畑のわきで白花のオオイヌノフグリを観た。ここのオオイヌノフグリは何故かほとんどが白花のタイプだった。
白色の花は似た雑草でコゴメイヌノフグリとフラサバソウであることが多いが、これはオオイヌノフグリだろう。
【参考】 自然観察大学HPのバックナンバー http://www.sizenkansatu.jp/index_8.html から、2008年 【東京都木場公園】 テーマ別観察会 『街なかの雑草観察』 をご覧ください。これらの特徴と見分け方が掲載されています。

余談ですが…
オオイヌノフグリの名前のもとになった在来種のイヌノフグリは、今は希少種。果実を “犬の陰嚢” に見立てたということだが、どんなつもりで命名したのだろう。
イヌノフグリの果実はコロンと丸く膨れていて、毛が目立ち、いかにも陰嚢という雰囲気である。それだけに、かつての大和撫子たちは人前で名前を呼ぶことをはばかったのではなかろうか。
現代の私のまわりの女性は、何のためらいもなく大声で連呼する人ばかりだが…

3月の雑草-4につづく (4月になるかも…)

2011年3月28日 報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-28 19:00 | 植物 | Comments(6)

3月の雑草-2

支え合うカラスノエンドウ

3月はじめには地表を低く伸びだしたカラスノエンドウがあった。
d0163696_1912797.jpg
1月に『雑草の防寒対策』 http://sizenkan.exblog.jp/12790406/ で観た姿と比べるとずいぶん成長しているが、まだ2複葉で、羽状にはなっていない。

さらに2週間後は急速に伸びていて、日当たりのよい暖かな場所ではもう立派な群生も観られた。
d0163696_1924885.jpg
密生して、上に向かっていっせいに伸びる。
成長が速く、他の雑草に先がけて伸びるが、それと引き換えに茎はナヨナヨして頼りない。
d0163696_1935012.jpg
茎の一本一本は弱々しいのだが、みんなで巻きひげをからませることで支え合い、助け合って伸びている。
d0163696_1962019.jpg
成長したカラスノエンドウの葉は羽状複葉で、先端が巻きひげになっている。
羽状複葉は密生した時に効率よく光を受けられるということなのだろう。
葉の付け根には托葉(たくよう)があって、托葉には蜜腺(みつせん、赤褐色の点)がある。蜜腺は一般に昆虫を惹きつけると言われるが、なぜかカラスノエンドウではここに集まる昆虫は見かけない。
d0163696_197960.jpg
これはマメアブラムシだろうか。成長点付近の未展開葉にばかり集まっている。
“蜜腺にはだまされんぞ” ということだろうか。

余談ですが…
カラスノエンドウをウィキペディアで調べてみたが、植物学的局面では『ヤハズノエンドウ』とあった。それはそれでいいのだが、気になるのは次の記述だ。
“茎には巻きひげがあり、近くのものに絡みつくこともあるが大体は直立する”
これは誤りで、次のようにするのが正しいようだ。
“葉の先に巻きひげがあり、近くのものに巻きつかせながら、あるいは互いに絡み合いながら直立する”

インターネットの記載はこれだから信じられない! と憤慨しながらネットに書き込んでいる私である。

3月の雑草-3へつづく

2011年3月24日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-24 19:29 | 植物 | Comments(2)

3月の雑草-1

近所にある家庭菜園。雑草の観察にはすこぶる都合がよい。
d0163696_19254578.jpg
通路ではスズメノカタビラ、耕作地ではホトケノザ、ヒメオドリコソウ、オランダミミナグサなどが目立つ。
d0163696_1927997.jpg
d0163696_19273198.jpg
それぞれ踏まれ強い雑草、耕起に強い雑草ということなのだろう。住み分け・役割分担がはっきりしている。

d0163696_19285082.jpgこれはハクサイの花。家庭菜園ではこんなものも見かける。
3月はこの菜園を中心に雑草を観たい。



風雪に耐えるカタバミ
d0163696_19301680.jpgd0163696_19303774.jpg
3月はじめの雪の後で、奇妙なものを発見した。どうやらカタバミらしい。芽生えるのが少し早すぎたのか、彼らも想定外の雪に驚いたことだろう。
周りの土は流失して根圏の土だけが残っている。特に左の株はこのまま枯れてしまいそうで、息も絶え絶え。文字通り風雪に耐える姿だ。

その2週間後、りっぱに成長する姿を観た。
d0163696_19312228.jpg
3月とはいえまだ寒いためだろうか、しぼんだように葉を閉じている。
カタバミは就眠運動により夜間に葉を閉じることが知られているが、これは寒さで “冬眠” と言ったところか…

3月の雑草-2へつづく

2011年3月23日、報告:自然観察大学 事務局O

カタバミは『輝く心』 【3/24追記】
カタバミをウィキペディアで調べたら “花言葉は 『輝く心』” とあった。
震災からの復興を願って、なんとタイミングのよい記事だったのだろうと、一人で納得している。
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-23 19:41 | 植物 | Comments(0)

震災によせて

……………………………………………………

このたびの震災で被害を受けたみなさま、ご家族や知人が被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。なくなられた方のご冥福をお祈りいたします。
そして救助、支援活動をされている方々、ほんとうにご苦労様です。
避難所で献身的に奉仕する人々の姿が新聞・テレビで報じられていますが、このやさしさと思いやり、何とかしようという気持ちさえあれば、そう遠くない日に立ち直れると思います。

……………………………………………………

『立ち上がる雑草』
60余年前の広島の原爆被災地で、焼野原から復活する雑草の観察記録があった。
これに感動した岩瀬学長が、話のたねのテーブルで紹介しているのでぜひご覧いただきたい。

※ 全農教HP/話のたねのテーブル http://www.zennokyo.co.jp/table/index_table.html から、バックナンバー一覧のNo.5『立ち上がる雑草』をクリック

自然の怖さとありがたさ
地震では、地球の恐るべきパワーをまざまざと見せつけられた。
その反面、水や食料、燃料など自然の恵み、ありがたさもしみじみと実感した。
我々は上手に付き合っていかなければならないということだ。

いま、日本中で節電の意識が高まっている。今回のことをきっかけに、もう一度エコを見直そうという考えも、周囲で盛り上がっているようだ。
“暖房の効いた部屋でTシャツでアイスクリームを食べる、というのはいくら何でもやりすぎではないか?”ということである。
エコやスローライフが提唱される一方で、日常生活の中でどれだけエネルギー消費をしているか、この機会に考えてみよう。

本当のエコとは?
エコはエコロジーの略語で、最近は “自然との調和”や“自然にやさしい” と言った意味で使われている。
自然とどう調和するか、どうしたらやさしくできるか… そのためにはまず、自然を観察し、知ることからはじめる必要があるだろう。
ご存知のようにエコロジー(Ecology)は本来 “生態学” である。自然を観察し、自然に学ぼうではありませんか。

d0163696_12531321.jpg
上野公園のヒカンザクラ(カンヒザクラ)は今まさに満開。

2011年3月22日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-22 12:55 | その他 | Comments(0)

粉塵とダニ

d0163696_1914526.jpg
写真はミカンハダニというダニ。ふるい話で気が引けるのだが、今から20年以上前の1990年、都内台東区で鉢植えの柑橘類から採集したものだ。
微妙に湾曲した毛がフォトジェニックと考えるのはひいき目だろうか。
コダクロームという超微粒子のフィルムで撮ったものだが、スキャナの性能が悪いので画質が今一つなのはご勘弁いただきたい。

ダニというと一般に血を吸うダニを連想するかもしれないが、ハダニ類は植物食のダニで、果樹や茶、その他多くの農作物(のうさくもつ)で重大な被害を及ぼす農業害虫とされている。
クモ綱ダニ目ハダニ科で、体長は雌で0.5mm弱、クモと同じ8本脚(4対)。植物体上に糸を張りめぐらしてその上を移動するところもクモに似ている。
葉に着くからハダニと言うのだろう。葉緑体を中心にかじり取るように吸収する。

注目していただきたいのは、写真のハダニの右手前に写っている黒い物体である。これは当時の都心に充満していたディーゼル車のまき散らした粉塵(煤、粒子状排出物)と思われる。
この写真の粉塵は葉面についているだけだが、当時東京都内で採集したハダニには必ず黒い粒が着いていた。

察しの良い方はもうお分かりかもしれない。
2000年に実施されたディーゼル車排ガス規制のことである。
記者会見の席でペットボトルの粉塵を振りまくパフォーマンスを覚えておられるだろう。当時は毎日ペットボトル12万本相当の粉塵が排出されていたというのだ。
強引な決定だと批判もあったが、黒煙を吐き出すトラックが消え、都心の空気が格段にきれいになったことは確かだ。

d0163696_19145259.jpg
こちらはミカンハダニを撮っている時に偶然見つけたもので、ヒゲブトハネカクシの幼虫。
ぬいぐるみやソフビの玩具的で愛嬌のある姿をしているが、これでも農業界ではハダニの天敵(捕食者)として、有力とされている。
画面下には体液を吸収され干からびたハダニの死体が転がっている。
この写真にも粉塵が点々と写っているが、さっきのハダニの写真よりも撮影倍率が低いので粒は小さく見える。

d0163696_19195394.jpg
d0163696_19205761.jpg
別のハダニを撮った時に遭遇したハダニアザミウマ(ムツテンアザミウマ)。上が成虫で下が幼虫。彼らは次から次へとすごい勢いでハダニの卵を吸っていた。写真の白く光るものはみんな吸われて抜け殻になった卵だ。

当時ハダニの図鑑用にハダニの写真を撮りまくっていたのだが、都内で採集したものは粉塵が毛に付着して使い物にならなかったので、写真は全部捨ててしてしまった。今考えるとここで掲載できないのが惜しい。
その点捕食者は頻繁に観られるわけではないので、粉塵の写真が残っていたというわけである。

ハダニなどの微小生物にとって、また植物にとっても葉面に付着した粉塵がどれだけ迷惑なものだったことか…
当時の石原都知事の決定に、生き物たちはみなエールを送っていることだろう。

余談ですが…
前述のハダニアザミウマは捕食性だが、普通のアザミウマ(スリップス)類は植物食で、農作物の害虫とされているものが多い。ウイルス病の媒介者として大問題となるアザミウマもいる。
このアザミウマを食べるカメムシもいる。
d0163696_19222741.jpg
ヒメハナカメムシといって、素早く動いてアザミウマを串刺しにしてしまう。
それにしてもハナカメムシ科は肉食なのだが、どうしてハナカメムシというのだろう。
命名者が発見した時に花の上で吸蜜中だったのだろうか。

【参考:このブログのバックナンバーより】
吸蜜するカメムシ? http://sizenkan.exblog.jp/12457076/
カメムシの吸蜜 http://sizenkan.exblog.jp/12495921/

ハダニの話をしよう
ミカンハダニの繁殖力がどのくらいすごいかというと、1頭の雌がカンキツで44、ナシでは96も産卵するという。しかも1年間に13-14世代ということ(*)なので、計算すると1年間で572-1344倍ということになる。恐るべき数字だ。

*:『日本農業害虫大事典』(梅谷献二・岡田利承 編、全農教)よりhttp://www.zennokyo.co.jp/book/nogyo/nng.html

この繁殖力で葉を吸うのだからミカンのほうもたまらない。体長は0.5㎜弱とごく小さいが、すごい繁殖力により大勢で食害するので、葉は白くなってやがて落葉する。
d0163696_19283195.jpg
葉が点々と白くなっているのが、ミカンハダニが吸ったところ。表面に点在する赤いのがミカンハダニだ。
被害は樹勢が衰えるだけでなく、大発生すると果実も吸収するという。
繁殖力はたしかにすごいのだが、自然界はうまくできているもので、捕食者などの外的要因によって長い目で見ると密度が保たれている。ということは1344の卵から、親になって産卵する確率は1/1344ということになる。これまた驚くべき数値だ。

2011年3月8日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-08 19:41 | 昆虫など | Comments(0)

2月の雑草

このところ雑草たちがにわかに活気づいてきたようだ。
梅の花が見ごろであるが、話題はまた雑草である。
2月19日と、翌週の春一番の後の26日、1週間の変化を比較してみた。場所は家庭菜園の一角。

まずは19日に観たオオイヌノフグリ。積雪のあった翌週だ。
d0163696_19321275.jpg
小さいがしっかりと花をつけて、立派な大人だ。オオイヌノフグリは基本的に越年生とされるが、手入れされた菜園なので、今年芽生えたものが多いようだ。

翌週の26日、どうなっていたか…
d0163696_19425597.jpg
地表をはい出し、相変わらず先端に花をつけている。

d0163696_19432225.jpg
こちらは農道の法面。早くも地表を広がってにぎやかな姿を見せているが、これが本来のようすなのかもしれない。
このあとだんだん上方に向かって伸び、全体が厚く盛り上がってくるのだろう。

次はナズナの1週間を観よう。どう変わったか。まず2月19日のナズナ。
d0163696_19435896.jpg
前週の積雪のためか、根生葉(こんせいよう)はヨレヨレ。それでもちゃっかり花をつけている。さすが雑草!

翌週の26日…
d0163696_19351246.jpg
たぶん前の写真と同じ個体だと思うが、急速に快復し成長している。

d0163696_19361055.jpg
生育のよいナズナはこんなに大きくなっている。

こちらはホトケノザ。
d0163696_19364849.jpg
芽生えに近いものから連続した成長のようすがうかがえる。このあたりまでは放射状に低く茎を広げている。

d0163696_19371565.jpg
こちらのホトケノザは、そろそろ上に向かって伸びようとしているようだ。
いつも、うっそうとしたホトケノザばかり見ているが、今の時期はいろいろ観られる。
育ち方などいろいろ考えるとたのしくなる。

お詫び
2月の雑草の話ですが、3月になってしまいました。申し訳ありません。

2011年3月2日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-03-02 19:45 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧