自然観察大学ブログ

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




ウシヅラヒゲナガゾウムシ、とっておきの裏話

以前このブログで書いたウシヅラヒゲナガゾウムシについて “つくば市:けんぞう” さんから興味深い情報をいただいた。

ウシヅラヒゲナガゾウムシ (正しい和名はエゴヒゲナガゾウムシ、以下 “牛面” と略す) は昨年7月のブログ 『妖怪変化か?』 で紹介した珍妙な姿の虫である。見てない方はまずその記事をチェックしていただきたい。 http://sizenkan.exblog.jp/11605716/

………………………………………………………

ウジヅラヒゲナガゾウムシはヒゲ(触角)が長く、カミキリムシと誤認されてウシヅラカミキリとも呼ばれていた。
けんぞうさんは、淡水魚の釣り餌として売られている昆虫たちを調べていて、この虫に行き着く。“ちしゃ虫” の名でエゴノキの実に寄生した幼虫が高値で売られていたのだ(ちしゃはエゴノキの別名)。
さらに図鑑類でその珍奇な成虫を知ったけんぞうさんは、この成虫をぜひ見たいと考えた。そして釣具店で手に入れたのがこれ。
d0163696_1992111.jpg

表面に横長の短いすじがあるのは産卵痕らしい。
たのしみに飼育したものの、残念ながら成虫は見ることができなかったのである。
このちしゃ虫から成虫が出てこなかったのだ。けんぞうさんは昆虫飼育の専門家でもあるのだから、まことに不思議なことである。
氏の、まだ見ぬ牛面への憧れはつのるばかりであった。

時は過ぎ、その6年後のことである。
牛面の成虫をあきらめかけたころ、けんぞうさんの縄張りであるつくば市内の公園で毎年発生するという情報を、さるゾウムシ類の分類の専門家から得た。
期待に胸を膨らませながらも現地に通いつめ、探索したのであろう。そこで遭遇したのがこれ。
d0163696_1994663.jpg
エゴノキの若い果実に孔を開け産卵するウシヅラヒゲナガゾウムシ雌成虫である。
話に聞いたとおり、雌は眼が突出していない。正面から見るとさぞや牛面なのだろう。
“けんぞう”さんはこの発見のてん末について多くを語らないが、おそらく歓喜のあまりヒザが震えたに違いない。
d0163696_19101253.jpg
こちらは雄。おなじみ(?)の愛嬌たっぷりの姿。

どちらも本来は見事な写真なのだが、画面が荒れているのをご容赦いただきたい。
とくに産卵の写真は、かの 『インセクタリウム』(東京動物園協会発行)* の表紙を飾ったものなのだが…
けんぞうさんの名誉のために言い訳をさせていただくと、オリジナルがポジフィルムのためスキャニングで画質が劣化しているのだ。
安価なスキャナの、性能の限界なのである。業務用(製版等に使うスキャナ)は安くなったとはいえ数百万円以上するらしい。

*: 『インセクタリウム誌』 の表紙写真は、当時マニアの間で競って投稿されていた。
  残念ながら2001年から休刊。

d0163696_19104513.jpg
こちらは翌年同所で採集された幼虫。きれいな糞も確認できる。
きっちりと幼虫を撮っておられるのは、さすが研究者である。

“ちしゃ虫” と “牛面” の関係
昭和10年ころ、この釣り餌 “ちしゃ虫” は一頭50-60円相当の高値で販売されていたそうである。採集人にとっては格好のターゲットであり、釣り人には垂涎の餌だったのではなかろうか。
ところが驚いたことに、かつてはこの親子関係が分かっていなかったそうだ。それどころか、エゴヒゲナガゾウムシ(牛面)という昆虫の存在自体が、昆虫学者の間でもほとんど知られぬ希少な存在だったそうである。
どうやらこの虫は幼虫~蛹の期間が何年もかかるらしく。それが “ちしゃ虫” を買ってきても成虫が羽化してこない原因だったらしい。
幼虫態で長期間安定しているというその生態が、釣り餌として重宝された一因らしい。釣りに出かける間に成長して蛹や成虫になっては困るのである。
水中で牛面を見たら、魚のほうがびっくりするであろう。これでは釣り餌にならないことは、想像に難くない。

もう一つの不思議
それにしても、売品 “ちしゃ虫” の実の中にはほとんど100%生きた幼虫が入っているが、採集人がどうやって幼虫の有無やその生死を見分けているのか、その非破壊検査の手法も未だにナゾらしい。
けんぞう流にいえば釣り餌の業界は 「ナゾだらけのもう一つの虫屋の世界」 だという。

………………………………………………………

今回の記事は、けんぞうさんに提供いただいた写真と、氏が過去に綴られた複数の文章をもとに再編集させていただいた。
“つくば市:けんぞう” さんについては 『自然観察大学のブログを拝見して』 http://sizenkan.exblog.jp/12115610/ で紹介している。知る人ぞ知る昆虫界の重鎮である。けんぞうさん、ありがとうございました。

【教えてください】
上の文中で “エゴノキの実” としたのは、果実か種子かどちらか分からないためである。
どんぐり(堅果)のように堅い殻(殻斗)に包まれた果実で、中に入っているのが種子、という印象なのだが…
どなたか植物に明るい方、ご教示いただけるとありがたいです。

2011年2月22日、報告:自然観察大学 事務局O


【教えていただきました】 2011.3.3追記
エゴノキの果実か種子かで、岩瀬学長からコメントをいただきました。
右下の comments をクリックしてご覧いただけます。
岩瀬先生、ありがとうございました。
[PR]



by sizenkansatu | 2011-02-23 19:18 | 昆虫など | Comments(2)

『黄砂への挑戦』という本のこと

突然ですが、自然観察大学の生徒(?)の書いた、書籍の紹介をさせていただく。
正式なタイトルは、

●● フォトレポート 黄砂への挑戦 ~雑草で中国黄土高原の緑化を図る~ ●●

という本である。
著者:一前宣正(いちぜんのぶまさ、宇都宮大学名誉教授)
発行元:全国農村教育協会(略称:全農教)
3月10日、まもなくの発売予定で、まだ本がないのでチラシを紹介させていただく。

d0163696_1613430.jpg

内容はタイトルどおりの研究レポートであるが、
まず大自然の脅威をとらえた写真に圧倒される。
読み進むとともに、その脅威に挑む筆者の努力に感動を覚え、
さらに緑化の立役者である雑草の話になると、喜びがわいてくる。

…どうやら、著者のいちばん伝えたいことは、

“雑草はすばらしい、雑草なしに私たちは生きられない”

という思いのようだ。要するに雑草を愛しているのだ。この考えは我々自然観察大学とも通じるが… 
それもそのはず、著者の一前先生は自然観察大学の学生なのであった。

なお、本書は2月20日の室内講習会会場で、出版元の全農教より特別割引にて予約注文を承ります。
(本稿はまるで広告みたいでした。申し訳ありません)

2011年2月18日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-02-18 16:21 | その他 | Comments(0)

話題のヒマラヤスギ

昨秋の野川の観察会以来、自然観察大学ではヒマラヤスギが注目されている。
野川公園でヒマラヤスギの雄花穂が鈴なりについているのを見て “雌花穂はどこか?” と、みんなで探したが見つからなかった(自然観察大学2010年野外観察会:第3回の報告)のが事のはじまりだった。
その後の報告は、自然観察大学トピックス: http://sizenkansatu.jp/index_3.html でご覧いただける。
『ヒマラヤスギの続報』『ヒマラヤスギの雌花を探して…』 である。
とくに後者は2月16日にアップしたばかり、白拍子(しらびょうし)さんという老絵師(?)による、雌花発見までの執念のレポートだ。必見です。

そのヒマラヤスギの球果(きゅうか、松ぼっくりのこと)を2月初めの長野県白馬村で見た話をさせていただく。

その日の朝、スキー場へのバスを待つ間のことだ。
あたり一面、雪の上に種子や種鱗(しゅりん)が散っているのを発見、もしやと思ってみんなで樹上の雌花穂を探したら… あった。
地上4メートルほどのところに、朱色がかった若い球果が散見される。
あいにく双眼鏡はなかったが、仲間うちにマサイ族の眼をもつ人たちがいて、次々に探し当ててくれた。大きさは1-2センチというところか。
この朱色の若い球果は、白拍子さんのレポートによると、昨年の雌花穂ではなく一昨年のものの可能性が高いということだ。だとすると、朱色の若い球果まで1年半かかることになり、ヒマラヤスギは開花から種子散布まで2年半を要することになる。引き続き観察したいテーマである。
これまでに観たことを経時的にまとめておこう。
d0163696_19243323.jpg
上の写真とイラストは白拍子さんからもご提供いただいている。

ところで、先ほどのヒマラヤスギの樹幹下では、件のマサイの面々が 『樹上に別タイプの球果がある』 と言い出した。眼を凝らすと、確かにある。逆光でシルエットになり、色まではわからないが、成熟した球果よりは小さいような気がする。たまたま育ちが悪かった球果か、あるいは下半分の残った球果を仰ぎ見たのだと思うが、もしかすると若い球果が成熟するには2年かかるという可能性も無い訳ではない。そうなると合計3年半ということになってしまうが…

若い球果や雪上に広がる種子、種鱗など、ひととおり撮影したのだが、なんとそのカメラをスキー場で紛失してしまった。カメラも残念だが、撮った写真も無念だ。
そんなわけで今回は文章ばかりで写真がない。おゆるしいただきたい。

せめて、持ち帰った種子と種鱗を紹介しよう。
d0163696_19253418.jpg
真ん中が種鱗で、両脇が種子。種子は落下するまで種鱗に貼り付いている。
d0163696_19255531.jpg
種子には大きな翼があり、落下するときはクルクルと舞う。カエデ類と同じだ。
d0163696_19274051.jpg
d0163696_19275450.jpg
種鱗は湿度で開いたり閉じたりするようだ。左は湿った状態で、内側に折れ曲がる。右は乾燥状態で、平らに広がる。松ぼっくり全体が開閉するのだろうが、乾いた状態で種子を飛ばすということだ。

余談ですが…
失ったカメラはスキー場のコインロッカー前に置き忘れたもので、出てきたら連絡をいただくようにあちこちにお願いした。
地元警察には電話で届けたのだが、カメラのメーカーや機種、色などを聞かれ、さらに撮った写真についても聞かれた。
警官:念のため、どんな写真が入ってるか、おうかがいしてよろしいですか?
私 :はい、あのぅ、えーとですね… (球果や種鱗をどう説明すべきか考えている)
警官:話しにくければいいですよ。
私 :いえ、そんなことはないんです。決してアヤシイ写真ではないです。
警官:はぁ (不審に思いはじめるようす)
私 :その、キュウカとかシュリンとか… あっ、植物のヒマラヤスギです。
警官:はい、杉ですね。
私 :いえ、ヒマラヤスギです。名前はスギですが、杉じゃなくて松の仲間です。
警官:はぁ
私 :そのヒマラヤスギの球果とか種子、つまりタネですね。あと、種鱗とかですね…
警官:要するに植物の写真ですね。
私 :……… (つい熱くなった自分を反省)

カメラは1週間たっても出てこないので、新たに購入した。上の種子と種鱗の写真はその筆おろしで、さすがに最新鋭コンパクトデジタルカメラはよさそうだ(若者は“コンデジ”と言うらしい)。リコーのCX-5というモデルで、簡単キレイ。

d0163696_1994615.jpg
佐倉のヒマラヤスギは…
前述のトピックス 『ヒマラヤスギの続報』 で紹介した佐倉城址公園のヒマラヤスギがどうなったか。気になったので見てきた。
樹冠下一面に種鱗を散らし、種子散布はほぼ終わったようだ。足の踏み場も無い。種鱗を踏みつけてもよいのだが…
“肝心の朱色の若い球果はあるか?” 双眼鏡で小一時間探したのだが、とうとう見つからなかった。
なぜ見つからないのだろう。これだけ多くの球果をつけながら、次の世代はどうなるのか? 隔年結果ということもあるかもしれない。


自然観察大学生の活動を紹介します
『はけの森調査隊』 というブログで、ヒマラヤスギの球果によるたのしい工作が紹介されているので、こちらもご覧いただきたい。http://hakenomori.seesaa.net/article/182298683.html
調査隊長の大橋さんは、野川公園を中心に活動しておられる自然観察大学生である。

2011年2月16日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-02-16 19:48 | 植物 | Comments(1)

カブトムシを撮った話

2010年夏の夜間採集 http://sizenkan.exblog.jp/11805369/ で持ち帰ったものを撮った時の話をさせていただく。
意外なことにカブトムシをちゃんと撮ったことがなかったのだ。
d0163696_202725.jpg
はじめに自然光をメインにして、ストロボを補助的に使ったもの。
手前下方に白い紙を置いてレフ(反射板)にしている。
曇天だったため、色が悪い。

※ レフは市販の専用品もあるが、小さいものなら白い紙で十分。
  光を強く入れたいときにはアルミ箔や鏡を使うこともある。

いっそストロボをメインにして、自然光を補助としてみたのが次の写真。
d0163696_20274541.jpg
これはストロボ光が強すぎる。ハイライト(光っている部分)がきつくて、影がくっきりと出てうるさい。
d0163696_20361085.jpg
少しストロボの光量を減らしてみたら、いい感じになった。
自然光とストロボ光のバランスが難しいが、デジタル写真は仕上がりをすぐに確認できるからありがたい。それでも微妙なところはパソコン画面で確認するまでわからないが… 

別の例。
d0163696_20364049.jpg
前の写真と同じでメインはストロボ光、補助光として 自然光 + レフ。
腹面まで光がまわって、毛の感じもわかる。まずまずの写真だがやはり影が強く出てしまった。

さらに、レフを2枚追加してみた。
d0163696_2037418.jpg
角の影を弱めるためと、暗かった顔を明るくするためだ。
写真をダブルクリックして拡大してみていただくと違いがよくわかる。
セットの模式図は次のとおり。
d0163696_20422763.jpg
レフを固定するクリップなど、いろいろな小物がカメラ屋さんにあるので探してみては?

光をあれこれ操作した結果やっと自然な写真が撮れる、というのも変な話だが、しかたがない。
それだけ我々の眼がすぐれていて、ふだん無意識に自動調整した画像を見ているということだろう。

余談:カブトムシの怪力
カブトムシは昼間は写真のようにじっとしていることが多いが、夜になると活発に動く。
撮影終了後は台所用のタッパーに入れていたのだが、フタをこじ開けて逃げ出したのに驚いた。
強力なフタだったのだが、足場にした木切れとフタの間に全身をこじ入れて開けたのだろう。
ホントかどうか知らないが、カブトムシを人間の大きさに換算するとおよそ15~16トンを持ち上げる力があるそうだ。乗用車10台を一人で持ち上げる計算だ。
撮影を終えて晩酌をしていた私は、“ブウゥーン” という翅音で酔いが醒めた。

2011年2月8日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-02-08 20:48 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル