自然観察大学ブログ

カテゴリ:植物と虫( 20 )




江戸川べりの観察-38 イノコズチに来た虫③

チョウ類、カメムシ類に続き3回目はその他の虫。

d0163696_14433273.jpg
まずはコアオハナムグリ。
花さえあればどこにでも姿を現す虫だ。
チョウやカメムシと違ってコガネムシ類の口器はブラシ状なので、頭を花に突っ込んでいる。
豪快というか下品というか…
花の奥に潜った時に頭や爪で子房に傷をつけるので、ミカン類の害虫とされている。


d0163696_14433832.jpg
訪花昆虫の代表といえる花蜂の仲間。
この仲間の口器は大あごと長い舌を兼ね備えた複雑な形。


d0163696_14434454.jpg
ヒラタアブの仲間。
ハエ・アブの仲間も訪花昆虫としては最有力で、数的にはハチよりもずっと多いだろう。
蜜をなめるために進化してきたような、すごい口器で、しかも格納式だ。

参考:アセナガヤセバエ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/19421268/


最後はこれ。

d0163696_14435228.jpg

花を撮るのでゴミをどけようとしたら、虫だった。

d0163696_14440097.jpg
クサカゲロウの仲間の幼虫だ。
ゴミや食べかすなどを背中に貼り付けてカモフラージュしている。

ときどき、彼らがゴミ拾いをしているシーンに遭遇する。植物体上の付着物を大あごではがすのだが、樹皮の突起をはがそうとして悪戦苦闘するシーンを見かけたことがある。
もちろん大あごは本来獲物を捕らえるためのものである。
クサカゲロウとは別の仲間だが、ウスバカゲロウの幼虫(アリジゴク)の大あごは、獲物を捕らえるだけでなく、差し込んで体液を吸収する構造になっていると聞いたことがある。たぶんクサカゲロウの大あごも似たような構造ではないかと思う。

d0163696_14440773.jpg
このときはイノコズチの植物体上を活発に移動しながら、時々蜜を吸っていた。
クサカゲロウは捕食性だが、吸蜜もするらしい。

蜜は行動食なのか、それとも栄養ドリンクのようなものか、あるいは単に獲物がないので仕方なく吸っているのか…

参考:カイガラムシとテントウムシ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/11318324/

2015年12月26日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-12-26 14:50 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-37 イノコズチに来た虫②

今回はカメムシ編。

d0163696_12480763.jpg
まずはヒメマダラナガカメムシ。
鮮やかな美形カメムシである。
d0163696_12481658.jpg
ちゃんと吸蜜している。
それにしても、いつ観ても感心されられるが、昆虫の口吻はよくできている。
ちょいと伸ばせば花の奥に届き、あっという間に吸ってしまう。

 参考:カメムシの口器-4 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/19440205/
(キバラヘリカメムシの内容ですが、末尾にカメムシの口器1-3のリンクがあります) 


d0163696_12482596.jpg
こちらはホソハリカメムシ。
よく見かけるカメムシだが、横から観るとなかなかかっこいい。


d0163696_12483249.jpg
つぎはブチヒゲカメムシ。
白黒のひげが特徴。ヨコヅナサシガメほどではないが白黒の腹側も目立つ。
こちらの化粧まわしは平幕クラスか…


d0163696_12483803.jpg
ブチヒゲカメムシの幼虫もいた。
いろんなところで見かける広食性のカメムシだが、幼虫がいるということは、イノコズチの植物体上で繁殖しているということだ。

上で紹介したカメムシで、幼虫がいたのはブチヒゲカメムシのみである。
ブチヒゲ以外は、イノコズチ上で生活しているのではなく、成虫が飛来して花の蜜を吸ったということなのだろう。
カメムシといえば、果実や穀類、豆の子実を吸うと思われがちだが、吸蜜もする。
参考までに以下をご覧いただきたい。
 ● 吸蜜するカメムシ? ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/12457076/
 ● カメムシの吸蜜 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/12495921/ 


季節外れのイノコズチの虫は、あともう一回報告させていただく。

2015年12月21日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-12-21 12:53 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-36 イノコズチに来た虫①

イノコズチの花は小さくて目立たない。

d0163696_18390993.jpg
前回と同じ写真で恐縮だが、画面下の花の子房のつけ根にキラリと光るのが蜜。
この蜜を目当てに訪花する昆虫は多いようだ。


d0163696_18391894.jpg
ヤマトシジミ。(だと思う)
口吻を当てて蜜を吸っているのがわかる。
さすがに一個で満腹というわけにはいかないようで、移動しながら次々に吸蜜する。
(画面下方にクモも潜んでいる)
d0163696_18392738.jpg
クロウリハムシもいた。近くのカラスウリから移動してきた浮気者だろう。


d0163696_18393550.jpg
ベニシジミ。
見かけるたびに撮ってしまう、お気に入りの虫だ。


d0163696_18394466.jpg
これはたぶんチャバネセセリ。
撮っているときは気付かなかったが、口吻に何か付いている。
別カットを見てみよう。
d0163696_18395373.jpg
やはりいた。
これはアブラムシの幼虫か? それともダニの一種か?
(お分かりの方はご教示ください。写真をクリックすると拡大表示されます)

何かの拍子にこんなところに張り付いてしまったのだろうか。
それとも、もしかして、口吻の合わせ目から蜜を横取りしていたりして…

ちなみに、口吻は筒状ではなく、左右の小顎髭が合着したものなので、隙間から横取りするのは可能だともう。

参考:「昆虫の口/山﨑秀雄」(自然観察大学室内講習会、2015年2月)
⇒ 
http://www.sizenkansatu.jp/index_2.html 


次回はカメムシの予定。
前回から続くイノコズチシリーズは、今年の9月から11月まで継続して観察した記録です。
いつものんびりした季節外れの報告で申し訳ありません。

2015年12月18日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-12-18 18:42 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-34 フジバカマに来た虫

9月末~10月はじめの話が、まだ続く。誠に申し訳ない。

d0163696_17092566.jpg
アオスジアゲハ。
いつ見ても美しい。見かけると、つい撮りたくなる。
微妙な輝きが写真では再現できないのがつらいところ…

d0163696_17093504.jpg
ツマグロヒョウモン(雄)。これもつい撮ってしまう。


あまり注目されないが…

d0163696_17094343.jpg
オオハナアブ。
複眼には光の加減でさまざまな縞模様が見える。

d0163696_17095409.jpg
いつでもどこでも顔を見せるコアオハナムグリ。(うつむいているが…)

d0163696_17100194.jpg
ハラナガツチバチの一種。毎年、ここのフジバカマにたくさん飛来している。
重たい腹を垂らすようにして飛ぶ。(親近感!)

ハラナガツチバチは、土中のコガネムシ類の幼虫に産卵し寄生すると聞いている。
幼虫は食う者・食われる者の関係だが、フジバカマの上ではノーサイド。成虫どうしが仲良く吸蜜している。
そんなことを考えていると…
d0163696_17101196.jpg
中脚に泥をつけているのがいた。
羽化の時についた泥か、それとも産卵するときに付着したものか。

2015年11月2日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-11-02 17:15 | 植物と虫 | Comments(0)

見直したいセイタカアワダチソウ

ふるい話で申し訳ないが、10月末の観察。

d0163696_11082596.jpg
あぜのセイタカアワダチソウが満開で、きれいに並んでいた。
画面右側が水田で、水路を挟んで左は一面のカラムシである。緑と黄色のなかなか好い光景であった。

セイタカアワダチソウは草丈40-50cmとほどよい高さでおさまっている。
最近は小型化したセイタカアワダチソウが出現しているという話も聞くが、想像するに、ここの場合は何度か草刈りをされことによるのだろう。稲刈りが終わってからは草刈されることなく、あわてて茎を伸ばして花をつけた、ということなのだろう。
いずれにしても、このような畦のセイタカアワダチソウを観るのははじめてだったが、なかなか美しい。
切り花のソリダゴはセイタカアワダチソウとは近縁で、学名 Solidago なのだ。

例によって昆虫たちの格好の蜜源となっている。

d0163696_11092988.jpg
キタテハとウラナミシジミ、画面右端にはハナアブ…
写真にするとたいしたことないように見えるが、実際にはかなりの賑わいであった。
晩秋のセイタカアワダチソウは、虫たちにとってありがたい蜜源なのだ。


セイタカアワダチソウの花を観る http://sizenkan.exblog.jp/12241705/
セイタカアワダチソウの訪花昆虫(1) http://sizenkan.exblog.jp/12249177/ ((5)までありあす)


ところで、はじめの写真のカラムシでは、こんな葉があった。

d0163696_11093957.jpg
めくってみると…
d0163696_11094959.jpg
中にはアカタテハの幼虫。


適度に管理された里山は、心地よい。


まいど季節外れの報告で申し訳ないが、10月末の館山の続きであった。


2013年12月14日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2013-12-14 11:15 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-18 ノブドウの花の魅力

6月中旬、ノブドウの花が咲いていた。
d0163696_2072399.jpg
(ノブドウでよいと思うのだが、間違っていたらご指摘いただきたい)
このノブドウといい、ヤブガラシといい、ブドウ科の花はみな小さく控えめだ。
それにしては、ハチやハエ・アブの仲間が多数集まって、羽音がうるさいくらいに賑わっていた。
残念ながらみんな急がしそうで、じっと写真を撮らせてくれるヒマはないらしい。

この花のどこに魅力があるのか、拡大してみてみた。
d0163696_208384.jpg
ほとんどが蕾で、開いた花はすぐに花弁を落としている。
花床だけが残るのもヤブガラシと似ている。

参考 つる植物の話-4 『ヤブガラシ』 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/14613008/

ほかの花も観てみよう。
d0163696_2093318.jpg
こちらは蜜を満々と湛えている。とくに右側のはあふれんばかり。
いかにも美味しそう。
味見を失念していたが、舐めるとブドウの味がするのだろうか。

別のタイプの花もあった。
d0163696_20101760.jpg
花弁が反り返って、こちらのほうがいくぶん華やいだ感じだ。
あらためて写真で見ると、わずかに雌しべが短いような気がする。

どこに隠れていたのか、アザミウマが出てきた。
さらに拡大してみよう。
d0163696_20104459.jpg
蜜はあまり残っていないようだが、アザミウマ君にとっては、膨大な蜜源だろう。
呑みすぎて身体を壊さないように!

2013年7月4日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-07-04 20:16 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-17 クロハネシロヒゲナガとオオスズメノカタビラ

久しぶりに江戸川べりの観察の話。
前回の16話は、去年の12月だったので、なんと5か月ぶりだ。

5月5日に、クロハネシロヒゲナガを観た。
自然観察大学の定例観察地である、見沼田んぼ、野川公園、岡発戸の3箇所では、毎年のように観ているのだが、私の通う江戸川べりではこれまで見かけたことはなかった。
それを今年初めて観たのである。

ヒゲナガ君は、5月初旬限定の愛嬌者だ。
d0163696_16584254.jpg
雄の触角が異様に長く、触角を広げてヤジロベエのような姿勢。
飛ぶときもこのままの姿勢で、フラフラというか、オタオタというか、ゆっくりと不器用そうに飛ぶ。愛嬌があって、一度観たら忘れられない。
一見つらそうだが、けっこう活発に飛び、小さいくせにとても目立つ。

昨年5月、クロハネシロヒゲナガ(長い名前!)を紹介させていただいたのだが、江戸川べりでは今回初めて観たので、ヒゲナガ君に再登場いただいたしだいである。
参考:クロハネシロヒゲナガ -名前の謎- ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/15956428/

それにしても、どうしてこんな長い触角になったのか、どんな役割があるのか?
どう見ても、生きていくためには邪魔だと思えるのだが… 
ご存知のかたはぜひ教えていただきたい。

d0163696_16592139.jpg
光の当たり方で黒にも観えるが、実は黄金色/濃紫色の神々しい姿。

江戸川べりのこのあたりは、すこし前に大がかりな護岸工事が施され、植生が一変した。オオスズメノカタビラも工事後に群生するようになったようだ。
そのことと、クロハネシロヒゲナガの登場は、関係があるように思う。

クロハネシロヒゲナガの食草は、オオスズメノカタビラ、ネズミムギ、ホソムギなどとされているが、私はオオスズメノカタビラがいちばんアヤシイと考えている。
前述の3箇所の定例観察地でも、ヒゲナガ君のいるところには必ずオオスズメノカタビラがあった。
これらの雑草が混生していることも多かったが、ネズミムギ・ホソムギだけの群生地(この2種は中間的なものもあって見分けが超困難)ではヒゲナガ君を観た記憶がないのである。

オオスズメノカタビラとはどんな植物か、図鑑を見てみよう。

d0163696_1761729.jpg

左は 「形とくらしの雑草図鑑」(岩瀬徹、全農教) の該当項目を抜粋させていただいたものである。

オオスズメノカタビラは、明治時代の帰化雑草だそうで、けっこうな古株なのだが、最近(といってもここ10年ほど)目立ってきているように思う。

名前はオオスズメノカタビラだが、スズメノカタビラにはあまり似てなくて、むしろナガハグサやイチゴツナギ類に似たイメージだ。


もっとも、上の写真は図鑑らしく穂がきれいに開いた形のもので、ヒゲナガ君が姿を見せる5月はじめの穂は次のような感じ。
d0163696_1724959.jpg
出穂して、まだ展開していない状態である。

季節限定のヒゲナガ君の珍妙な飛翔シーンは、今年はもう観られないかもしれないが、来シーズン以降どうなるか、オオスズメノカタビラともども、気になるところである。

2013年5月13日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-05-13 17:09 | 植物と虫 | Comments(0)

秋の彩り-タンキリマメ

今年はじめて秋を感じたのはこのタンキリマメ。
d0163696_623710.jpg
林縁に鮮やかな紅色が目立った。
よく観ると、マルカメムシがいる。
越冬前の食事だろうか、見るからに栄養満だ。
d0163696_624775.jpg
紅い莢の中には豆が二つ。タンキリマメの基本は双子。
養分を受給する部分は豆の〝へそ〟 と言うそうである。
となると短い柄は 〝へその緒〟 だ。
d0163696_6244629.jpg
莢は熟すと紅色から渋い褐色になる。これもなかなか好い。大人の魅力。
莢を大きく開いているのは、自慢のわが子を世に送り出したいのか? たしかに立派な色つやである。

別の豆ではホソヘリカメムシがいた。
d0163696_6255711.jpg
やけにエラそうに、ガニマタで踏ん張っている。

一つ置いた前の写真にもホソヘリカメムシが映っている。
カメムシたちは熟女よりも若い莢がお好きのようだ。

2012年10月30日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-10-30 06:33 | 植物と虫 | Comments(0)

江戸川べりの観察-2 ヘクソカズラの謎の傷

8月なかば、花盛りのヘクソカズラ。
d0163696_2318244.jpg
早く勢力を広げただけに、つる植物たちの中でも早く花をつける。

この日、ほとんどの花の付け根のところに孔があいていた。
d0163696_23193544.jpg
筒が避けている花も多数ある。
d0163696_2320492.jpg
犯人は、このとき飛来していたクマバチだろうと推測される。
クマバチは盗蜜者として知られているから、限りなく怪しい。
私が近づいたらどこかへ飛んで行ってしまったので、残念ながら現場を押さえることはできなかったが、その可能性は高いだろう。
参考:ナヨクサフジとクマバチ http://sizenkan.exblog.jp/13834306/

せっかくなので、花を開かせてもらった。
d0163696_2322431.jpg
雌しべと雄しべが確認できるが、ヘロヘロしていてよくわからない。目立つのは白い毛ばかり。

ネットで調べると 『石川の植物』 に詳細な解説があったので、ぜひこちらをご覧いただきたい。
http://www48.tok2.com/home/mizubasyou/95hekusokazura.htm
素晴らしい写真で詳細に紹介されている。

2012年9月2日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-09-02 23:26 | 植物と虫 | Comments(0)

リアル・ゴールド。フトネクイハムシ

黄金のハムシを観た。
d0163696_12381127.jpg
キンカメムシのように金の名前の昆虫は多いが、これは本当の本物の金色。
全身が輝くようで、生きて動いているのが不思議な気がした。
d0163696_12383713.jpg
Y崎先生に同定いただいた結果は、フトネクイハムシ。
6月3日の市川市の大町自然観察園での観察会で、カヤツリグサ科植物の花に群がっていた。
レッドデータブックにも掲載されている種らしいのだが、この日はワンサと観察できた。

ネットで調べるとウキヤガラとフトイが食草で、幼虫は名前のとおり根を食べるそうだ。
詳しくは『Web版ネクイハムシ図鑑』 
 http://www.green-f.or.jp/heya/hayashi/nekuizukan/nekuizukan-top.html をお勧めしたい。
(なお、フトイは名前と違ってイグサ科ではなくウキヤガラと同じカヤツリグサ科)

ある情報によると、食草のウキヤガラが、関東の田んぼで増えているらしい。
ウキヤガラは近年こつ然と問題になってきたというのだ。
とくに千葉県の八千代市で多発しているというので、撮った写真がこれ。
d0163696_1239599.jpg
イネに混じって、光って見えるのがウキヤガラ。(写真はいずれも全国農村教育協会)
d0163696_12401662.jpg
ちなみに、このウキヤガラと名前の似たコウキヤガラは、以前から田んぼの雑草として知られていたが、全体小柄で葉があまり垂れ下がらない。分類上の属名も異なる。

リアル・ゴールデン・リーフ・ビートル = フトネクイハムシが増えているのだとしたら、もしかするとウキヤガラが増えていることと関係があるのかもしれない。

2012年7月5日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-07-05 12:43 | 植物と虫 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧