自然観察大学ブログ

筑波山のスプリング・エフェメラル

4月半ばの筑波山でカタクリを観た。

d0163696_18354573.jpg
山頂付近を一周する遊歩道があり、そのいたるところでカタクリが観られる。
今年は遅い積雪があったために、例年より10日から2週間ほど開花が遅れている由。
d0163696_18363583.jpg
カタクリの下に観えるのはニリンソウ。
こちらも間もなく花を咲かせるだろう。カタクリと並ぶスプリング・エフェメラルの代表だ。

筑波山では林床にササが広がっているところが多く、カタクリはササの根もとに観られる。残念ながらフォトジェニックではない。
また山頂付近には「カタクリの里」という管理の行き届いた一画があるのだが、これもちょっと風情に欠ける。
やはり写真としてはカタクリとニリンソウとのコンビが好ましい。

遊歩道では、コンクリート製の階段の隙間にもカタクリが咲いていた。

d0163696_18370609.jpg
カタクリも “すきま植物” になるとは…
カタクリが花をつけるまで7,8年かかるというが、その間ずっと階段の隙間で成長していたと思うと、感慨一入である。



そのほかの妖精たち

こちらはキクザキイチゲ。

d0163696_18373442.jpg
花も葉も一見するとキク科のようだが、キンポウゲ科。
花がまだ全開となっていないのは、時期的なものか…

こちらはアズマイチゲ。

d0163696_18372318.jpg
どちらも花の色は個体によっていろいろで、キクザキイチゲが白でアズマイチゲが青紫ということではない。
見分けるポイントはいろいろといわれているようだが、葉柄の翼(托葉?)らしい。
写真のように翼があるのがアズマイチゲだそうである。

こちらはエンレイソウ。

d0163696_18374502.jpg
3枚の葉の中央に花があるのだが、葉と同じ緑色で小さくて目立たない。
漢字で書くと延齢草だそうである。

こちらはヒナワチガイソウ。

d0163696_18375390.jpg
この写真はまだ開きかけの状態だ。
ユリ科かと思ったら、なんとナデシコ科。
そう言われると、なんとなくツメクサに感じが似ていなくもない。

ヒナワチガイソウは、よく似たワチガイソウ「輪違草」が名前のもとで、その由来が面白い。
いにしえのある人が、この植物に名札をつけるにあたって、とりあえず「○○草」と記した。その○○を輪違紋(丸が二つで一部が重なる家紋)としたのだそうだ。
シャレて命名したのか、それとも単なる読み違いか。
この由来が本当かどうかは分からないが、話としては秀逸である。

都心からほど近い筑波山は、たいへんに豊かなフィールドであった。しかも、高尾山などと比べると、人出が少なくて圧倒的に静かである。自然観察のパラダイスといえるだろう。

今回は、専門家であるO先生らの植生調査に同行させていただいた。
O先生、ありがとうございました。

2017年4月28日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-04-28 18:43 | 植物 | Comments(0)

「季節の生きもの観察手帖」がアマゾンで1位に!

このブログでたびたび紹介している、
「季節の生きもの観察手帖 -自然を楽しむ二十四節気・七十二候節気72候-」
(企画・編集/NPO法人自然観察大学)

d0163696_15375788.jpg
この本が、なんと Amazonのベストセラー1位 になった。

d0163696_15384451.jpg
小さくて画面では見えないと思うが、左上のオレンジ色の帯のところに「ベストセラー1位」という表示がある。
(カテゴリ:自然観察。4月26日現在)

「季節の生きもの観察手帖」が、編集委員、講師、NPO会員のみなさんの協力で完成したことは前回の記事で紹介させていただいた。
じつはそれだけでなく、販売にあたってもみなさんにご尽力いただいている。
 * 観察会、講習会などで紹介
 * 地元の公園のネイチャーセンターなどに紹介
 * 知人に紹介
 * Amazonカスタマーレビューに書き込み
などである。

ありがたいことである。NPO法人自然観察大学のために活動いただいているのだ。
それらの活動に加えて、出版社(全国農村教育協会)からは、今朝の朝日新聞(2017年4月26日付)に広告を掲載いただいた。
それらの総合した結果、「Amazonベストセラー1位」が実現した。
みなさんに感謝申し上げますとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます。

書籍のPRでは、「アマゾンで1位」というフレーズが目立つ。
聞くところでは、この1位の称号を得るために、自社で極秘に大量購入をする出版社もあるというが、
天地神明に誓って、自然観察大学も出版社も大量購入はしていない。
それだけ誇ってよい、ということなのだろう。

しかし、みなさんがこの手帖を積極的に紹介してくれるのは、なんといっても中身がすばらしいからであろう(手前味噌ですが…)。
より多くの人たちに利用してもらおうと、自信を持っていただいているのだ。

まだ「季節の生きもの観察手帖」を見てない方は、ぜひ以下の紹介記事をご覧いただきたい。

  自然観察大学HPでの紹介 ⇒ http://www.sizenkansatu.jp/pbl/index_tcho.html 
  自然観察大学ブログでの紹介 
  予告編(1) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23901157/ 
  予告編(2) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23999638/ 
  予告編(3) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/24015944/ 
  完成報告  ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/24042214/ 
  出版社HPでの紹介 ⇒ 
http://www.zennokyo.co.jp/book/npo/tcho_0.html 
  Amazonでの紹介 ⇒ 
https://www.amazon.co.jp/dp/4881371924 


2017年4月26日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-04-26 15:44 | その他 | Comments(0)

季節の生きもの観察手帖が完成

完成した「季節の生きもの観察手帖 -自然を楽しむ二十四節気・七十二候-」

d0163696_19455129.jpg
写真はいまいちだが、実物はなかなか好い感じ。

表紙カバーが2パターンある理由は、次の(3)を見ていただきたい。

※ 完成前の詳しい予告編。
(1) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23901157/ 
(2) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23999638/ 
(3) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/24015944/ 



完成した本を見ると、さすがに感慨深い。
本日(3月31日)のページを開いてみよう。

d0163696_19461161.jpg
2016年には、3/31に東京都で桜が満開であったことが記されている。(気象庁発表)
同じ3/31では、2013年にアケビの花が確認されている。(記録&写真は金林先生。下の※を参照)


この見開きページは、72候では「雷乃発声」(雷すなわち声を発す)。
春の訪れを告げる春雷が鳴り響くころ、とされている。
本文では、「雷乃発声」に相当する3/30~4/3の観察記録とミニ図鑑が掲載されているのだ。
この季節に観察できるものがひと目でわかる。


う~む。これはよくできている。(まったくの手前味噌ですが…)

あとは、自然観察を愛する方々、あるいはこれから自然観察をしてみたいという方々に、広く利用していただきたいというのが、制作にかかわった全員の願いであろう。


d0163696_19462026.jpg
これは表紙カバー裏。
本書の概要、おすすめポイントを記してある。

みなさんに本書を手にとっていただき、さらに活用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

利用者のみなさんの期待を裏切らない内容である、と自負している。

ただ、残念なことに書店店頭に並ぶのは4月後半になってしまうそうである。
早く手に入れたい方は、自然観察大学HPに注文書があるので、ぜひ。
予約割引の期限はまもなくすぎてしまうが、購入は可能だ。

※ 自然観察大学HPには、本書の詳しい内容が紹介されています。
 ⇒ 
http://sizenkansatu.jp/pbl/index_tcho.html 


※ 金林先生は2017年度から大学の講師。プロフィールはこちら
⇒ 
http://www.sizenkansatu.jp/index_6.html (現在誤植あり。ご容赦)



余談ですが…


これは巻末にある自然観察大学の紹介ページ。

d0163696_19464197.jpg
定例観察会のフィールドも絵地図で紹介されている。


さて、
NPO法人自然観察大学で企画を立ち上げて以来、完成までの経過は次のようなものであった。
「季節の生きもの観察手帖」の作成を、NPO法人自然観察大学の総会で決定。当初はタイトルを「自然観察手帖」(仮称)としていた。
「季節の生きもの観察手帖編集委員会」が発足。8人のメンバーの分担など詳細は後述。
委員会で、本書のコンセプトを固め、試作紙面などを作成。検討を繰り返し、概要を決定。
・内容は身近な生物季節に関して、各分野の幅広い情報を掲載すること。
・愛好家はもちろん、これから観察をはじめようとする人たちの手引きを目指す。
以上のような骨格のほか、判型・仕様を決定した。
NPO法人自然観察大学の会員のみなさんから、情報提供をいただく。気象、草、木、鳥、哺乳類、両生類、爬虫類、昆虫、クモなど昆虫以外の虫、菌類(きのこ)、その他の生物、以上の分野に分けた。
お寄せいただいた膨大な情報の中から、編集委員会により、どの情報を掲載するか選出。掲載の可否だけでなく、例えばウメの開花だけで異なる地域、年次の合計20件余の情報があった。これを、担当委員によって最もふさわしい1件に絞る。
決定した項目により、会員のみなさんから写真を提供いただく。膨大な写真の中から、掲載すべき1,2点に絞った。
各分野で整理された情報を、日付順に並べ替える。これによって情報の多寡があり、追加や削除を行う。
③~⑥に並行して、委員会では二十四節気の「おすすめ観察テーマ」を選び、各専門分野の講師に執筆いただいた。
節気・候の解説を並行して執筆。積極的に代表的な俳句を掲載することになった。
準備ができた文字原稿、写真をもとに、デザイナーが紙面をつくる。
できあがった紙面をチェックし、調整、修正をする。
印刷・製本。


以上、長々と申し訳ないが、これでもずいぶんと端折っている。


季節の生きもの観察手帖編集委員会のメンバーは次のとおり。
唐沢孝一:学長 … 編集委員長。担当分野は鳥、動物全般(ただし昆虫を除く)、節気と候の解説。
川名 興:講師 … 担当分野は植物、節気と候の解説
田仲義弘:講師 … 担当分野は昆虫
山﨑秀雄:講師 … 担当分野は昆虫
石井秀夫:会員 … 野鳥を中心に幅広い分野に興味を持つ。鋭い視点でチェック能力に優れる。
佐々木稔:会員 … 植物を中心に幅広い分野に興味を持つ。広い人脈で情報収集に威力を発揮。
荻原健二:会員 … 昆虫を中心に幅広い活動をしている。昆虫シーズン中は超多忙。
大野 透:会員 … 本書では編集実務を担当。自然観察大学事務局も務める。



さらに余談ですが…


講師陣だけでは、偏った視点になる恐れがある(!)ため、一般会員からも編集委員会に参加いただいた。
これはたいへんに有効で、貴重なご意見、ご指摘が多数いただいた。
また、より初級者目線の意見を求め、編集委員のご家族や周辺の方々にお世話になったようだ。
もう一つ、忘れてならないのがデザイナーである。デザイナーの力はたいしたものである。
ご協力いただいたみなさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

2017年3月31日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-03-31 20:02 | その他 | Comments(2)

季節の生きもの観察手帖がまもなく完成 (3)

まもなく完成する「季節の生きもの観察手帖」の予告編その3。

※ これまでの予告編は次で見られます。
(1) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23901157/ 
(2) ⇒ 
http://sizenkan.exblog.jp/23999638/ 


今回はサイドストーリーというか、ちょっと横にそれた話をさせていただく。
(隠された真実とも言う)


d0163696_20305954.jpg
これはダミー。
もう上がったように見えるが、まだ印刷が終わった状態の “刷り出し” というもので、そのカバーを巻き付けている。

いまは本文もすべて印刷を終了したところで、このあと断裁して綴じるという「製本」の作業がある。


上の写真は束見本(つかみほん)という製本の見本に、表紙カバーをかけたものだ。


d0163696_20315357.jpg
中身はこの通り、真っ白なのである。



① 表紙カバーはリバーシブル


上の画像の表紙カバーも自信作で、シックでありながらも、書店の店頭などでシッカリと主張するデザインだと思う。
しかし、購入後、日々この本を利用するとなると、落ち着いたものが望ましい、という方も多いのではないかと考えた。
そこで、カバーをリバーシブルにした。


リバーシブルの反対面はこれ。

d0163696_20313110.jpg
右上に小さく白丸でタイトルが入る。
画面では薄黄緑色のベタに見えるかもしれないが、微妙な市松模様があって、上品さが漂う。
表紙カバーのこの面であれば、だれもが意識することなく持ち歩くことができると考えたのだ。



② 大きく開く広開本


2枚目の「中身が白い」という写真を見ていただくと、大きく開いて平らになっていることが分かる。
普通の本ではこうはいかない。
“大きく開いて、そのまま置ける” ことは、唐沢孝一編集委員長(自然観察大学学長が兼任)のこだわりであった。

その秘密は背にある。

d0163696_20320518.jpg
背表紙が、本体と離れている。これを「広開本」という。
分厚い事典などと、基本的には同じ形だ。


これによって、大きく開くことができて、しかもそのまま置くことができる。
本文の紙は糊でついているだけなのだが、この糊がすぐれもので、どんなに強く飛来でもはがれることはない。技術の進歩である。
(本書を手に入れた方は、恐れずにガバッと開いてください)


従来の普通の本はこうなる。

d0163696_20375285.jpg
厚い背表紙に糊付けされているために、ページを開いたまま机上に置くことは難しい。
(ちなみにこの本は、唐沢学長の「校庭の野鳥」)



③ 自分の観察を書き込める


これは表紙カバーの下のほうに書いているその言葉のままである。
「読者(利用者)のみなさんには、自分の観察を書き込んで記録していただきたい」というのが、本書に込められた願いである。
書き込むためには、机上で開いて書き込みやすいのがよい。
唐沢編集委員長が “広開本” にこだわった理由はここにあった。


これは前述の “刷り出し”

d0163696_20322149.jpg
3/19の項を拡大してみよう。
d0163696_20322965.jpg
この前の日曜日に、千葉県柏市の柏の葉公園で観察したことが書き込まれている。
日付だけで曜日が無いため、何年でも続けて利用できるのが、この本の利点である。
そのために、極力空白スペースを用意している。掲載したい情報がたくさんあるのに、あえて我慢したのである。(ホント)


カレンダーとしての機能はないのだが、“しがらみから解放されて、自然観察を楽しもう” というのがこの本の主張なので、それでよいのだ。


ところで、上の書き込みは不肖事務局Oによる。
下手な字で申し訳ない。
本書は、とても書きやすい紙を採用しているが、文字が綺麗になるわけではない。


右ページの書き込みはこれ。

d0163696_20323851.jpg
トサミズキとヒュウガミズキの写真を貼り付け、見分けるポイントを書き込んでいる。


生物季節は年ごとに、あるいは地域や環境などによって異なるものであり、それを記録していただきたい、というのが、本書に込められた願いなのである。


自然観察を愛するみなさんには、ぜひご利用いただきたい。


※ 自然観察大学HPには、本書の詳しい内容が紹介されています。
 ⇒ 
http://sizenkansatu.jp/pbl/index_tcho.html
 


2017年3月24日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-03-24 20:42 | その他 | Comments(0)

季節の生きもの観察手帖がまもなく完成(2)

まもなく完成する「季節の生きもの観察手帖」の予告編その2。
具体的な内容を紹介させていただく。
この手帖の中核となるのは「季節のおすすめ観察テーマ」「日々の観察記録とミニ図鑑」。
この2つの柱を紹介しよう。

※ 予告編(1)は次で見られます。 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/23901157/


● 季節のおすすめ観察テーマ

二十四節気は、立春や春分、夏至や冬至、大寒など、なじみのあるものだ。
およそ半月(15日)単位の、季節を現す用語として、天気予報などでも頻繁に使用される。
本書では、各節気の解説とともに、代表的な俳句を紹介し、「季節のおすすめ観察テーマ」を掲載している。
例えば春分はこれ。

d0163696_20253015.jpg
この季節に野外で目立つものに、ヒメオドリコソウがある。
ヒメオドリコソウは外来の雑草だが、花を拡大してみるとなかなか美しい。
そしてその名前のもとになったオドリコソウと比較してこれらの特徴を記してある。

「季節のおすすめ観察テーマ」は、自然観察大学講師陣による執筆で、各分野の専門家が、興味深いテーマを詳しく、かつ分かりやすく記している。
ここで二十四節気分の「おすすめ観察テーマ」を列記させていただく。


立 春 : 鳥たちの恋の季節-ヒバリのさえずり-
雨 水 : つくしとスギナ
啓 蟄 : モンシロチョウの羽化
春 分 : オドリコソウとヒメオドリコソウ
清 明 : カラスノエンドウとアブラムシとテントウムシ
穀 雨 : 春の妖精、ヒメギフチョウの季節


立 夏 : クモの合戦
小 満 : ツバメの子育て
芒 種 : ホタルの話
夏 至 : エノコログサ
小 暑 : セミの羽化と産卵
大 暑 : トンボは眼の付き方が目の付けどころ


立 秋 : つる植物を観よう
処 暑 : 秋に鳴く虫
白 露 : モズの高鳴き
秋 分 : 不思議にみちたヒガンバナ
寒 露 : ジョロウグモの網の観察
霜 降 : セイタカアワダチソウ


立 冬 : ツバキ・サザンカの花と鳥や虫との関係
小 雪 : ムササビの観察
大 雪 : 春を待てない雑草
冬 至 : 昆虫の越冬を観よう
小 寒 : 春の七草
大 寒 : ニホンアカガエル、産卵のはじまり


● 日々の観察記録とミニ図鑑

七十二候のページがもう一つの柱だ。
およそ5日単位の候を見開きとし、日々の観察記録と、そのミニ図鑑を掲載している。

d0163696_20275796.jpg
左ページは “このころに○○が観察できますよ” という記録である。
NPO法人自然観察大学の会員のみなさんから寄せていただいた膨大なデータの中から、専門家である編集委員によって厳選された、おすすめの対象の、観察に適した日付のものである。

右ページのミニ図鑑では、慣れない人、あるいは得意分野以外の生物についてすぐにわかるように、写真を掲載し、ワンポイント解説も記している。
「タビラコってどんな植物?」「イワツバメはツバメに似てるの?」といったような疑問にこたえるものだ。


さらに、自然観察のトップシーズン、例えばゴールデンウイーク以降などでは、2日あるいは3日単位の見開きとして、たくさんの情報を掲載している。


七十二候のページでもう一つ注目したいのは、上の欄の候の解説である。
二十四節気が季節を現す観念的なものであるのに対し、七十二候節気はより具体的に季節を表している。
もともと自然観察から生まれた七十二候は、日々の観察にうってつけのはずである。



ここからは、いささか余談になりますが…

候は漢語であり、残念ながらそのままでは現代には通用しない。
ふつうはこれを暦の専門家などが、つぎのように文字の意味を読み解いている。

 桐始結花 : きりはじめてはなをむすぶ … およそ7月23~27日
 
ここで賢明なみなさんはおかしなことに気づいただろう。
桐の花は春に咲くものだが、7月下旬に花を結ぶとはどういうことか?
ほかでは“花”を“実”に置き換えるという解釈をしているが、本書では “キリはアオギリを指すという説もある” と記してある。生物の専門家ならではの解説である。

このような、自然観察大学ならではの解釈は、次の候にもある。
 綿 柎 開 : わたのはなしべひらく … およそ8月23~27日
       (注)柎 = はなしべ(木ヘンに付)
 麋 角 解 : しかのつのおつる … およそ12月26~30日
       (注)麋 = しか(鹿の下に米)
さて、正解は本書でどうぞ…

※ 自然観察大学HPには、本書の詳しい内容が紹介されています。
 ⇒ 
http://sizenkansatu.jp/pbl/index_tcho.html 

2017年3月21日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



# by sizenkansatu | 2017-03-21 20:35 | その他 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル