自然観察大学ブログ

2016年 09月 08日 ( 1 )




ワレモコウの花の真実

ワレモコウは切り花として花屋さんで扱われている。
家人もワレモコウファンの一人で、この季節になると必ず買い求めてくる。

ワレモコウは漢字で“吾亦紅”などと表されるので、赤いのが花だとばかり思っていたら、どうやらそうではないらしい。

d0163696_20275882.jpg
これは8月半ばに長野県長和町(旧和田村)で見たワレモコウ。
秋の里山ではよく見かける、おなじみの姿である。

上の写真で、一部分が白っぽくなった花穂がある。
よく観てみよう。

d0163696_20280895.jpg
白い部分は開花中で、これこそが花である。
上部の赤いのはすでに終わった花のようだ。
下の部分は蕾である。
d0163696_20281621.jpg
こちらの花穂は若くて、まだ咲きはじめたところ。
花序の先端から順に下に向かって咲いていくのだろう。


紅い花のワレモコウもある?

d0163696_20283227.jpg
これは2012年に八方尾根の稜線で観たワレモコウ。
d0163696_20284293.jpg
どう見ても開花中であろう。
これが紅色だったので “ワレモコウの花は紅い” と思い込んでいたのだ。
それとも高山性の別種、あるいは単なる変異なのだろうか?

 ※ 八方尾根に行ってきました http://sizenkan.exblog.jp/16634796/ 

いずれにしても、本当のワレモコウの花は白いことが判った。
いつも花屋の店頭で見られるのは、すでに花の終わったもの。いわばドライフラワーのような状態なのだろう。
今回、ワレモコウの本当の花を観て、目からウロコであった。



お詫び

前回のホトケノザの記事以来、なんと一か月以上たってしまった。
このところ写真の整理をがんばって、やっと季節に追いつくことができた。(それでも月遅れ!)
次回予告としてカキドオシの花をあげていたが、いずれ書かせていただく。

2016年9月8日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2016-09-08 20:33 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル