自然観察大学ブログ

江戸川べりの観察-39 エノキの花

4月なかばのこと。(毎度月遅れですみません)
江戸川べりのエノキに花が咲いた。

d0163696_12364681.jpg
小さいながら、なかなかの賑わい。
なじみのエノキだが、花をじっくりと観るのははじめてだ。

少し近づくと、雄花と雌花があるのが見える。

d0163696_12365539.jpg

雌花が枝の先のほうについて、もとのほうには雄花がつくのは植物界では当たり前のことらしい。
自家受粉を避けるにはこの位置関係が有利ということで、詳しくは次の記事をご覧いただきたい。

参考:親愛なる、そのへんの植物-10 「ヒメコウゾは雄花が下?雌花が上?」 (自然観察大学植物生態学部S子さんの投稿)

雄花はこれ。

d0163696_12370486.jpg
雄しべが4本。シンプルで飾り気がない。小さいながらもなかなかの美形だ。


雌花はこちら。

d0163696_12371415.jpg
立派な柱頭と子房。雄花と同様に、機能を追求したような虚飾を排した潔い姿だ。
しかし、雌花とはいっても、ちゃんと雄しべがあるではないか。けっこう立派で、授粉の能力もありそうだ。
これでは、せっかくの自家受粉回避システムも意味がないのでは?

ちなみに、古い牧野図鑑と寺崎図譜で確認すると、 “雌花には4本の雄しべがある”と記されている。

う~む。それって雌花ではなくて両性花ではないか?

いろんな雌花を観ると、進化した(?)雌花があった。

d0163696_12372048.jpg
この雌花は、雄しべがないではないか。
エノキ界のミュータントかもしれない。

2016年5月31日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2016-05-31 12:43 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル