自然観察大学ブログ

真田幸村とカメムシ

新年あけましておめでとうございます。
2016年も寛大な心でお付き合いいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

11月末に、大阪城と大坂の陣にかかわる旧跡を観てきた。

d0163696_16013513.jpg
真田幸村は、大阪冬の陣の真田丸で奮戦したことと、夏の陣での野戦で徳川家康を追いつめたことで知られる。幸村には信繁という名前もあるが、どちらかというと幸村が一般的なので、ここでは幸村と記させていただく。

d0163696_16014203.jpg
真田幸村が最期を迎えたとされる、安井神社。(安居神社、安居天神などともいう)
茶臼山(今は公園になっている)のすぐ近くで、住宅街のど真ん中にある。
小さな神社で、この写真にほぼ全域が映っている。

うっそうとした神域の一画には真田幸村の銅像があった。

d0163696_16015042.jpg
最近建立されたもののようで、この場ではちょっと浮いた感じ。
左脇(向かって右)にある刀は、もしかすると村正だろうか?
あの、徳川家に仇をなす妖刀村正として知られる名刀だ。
d0163696_16015752.jpg
この像の右肩にカメムシがいた。(見えますか?)
d0163696_16020562.jpg
ひなたぼっこをしているところだろうか。
背面には彫刻のような重厚な紋様があり、どことなく甲冑に似ている。格調高い紋様は、幸村よりもずっと立派である。
d0163696_16021177.jpg
横から観ると、かっこいいアスリート体型。
図鑑で調べるとミナミクモヘリカメムシのようだ。よく似た種でオオクモヘリカメムシがあるが、前者は両肩のとげが鋭く突き出る由なので、たぶんこれだろう。

幸村の頭の上にもカメムシがいた。

d0163696_16022060.jpg
アオクサカメムシだろうか。

真田幸村はいま話題の中心のようだが、カメムシたちにまで人気がある。



余談ですが…

真田幸村は2016年のNHK大河ドラマで話題になっている。真田親子(特に昌幸と幸村)は以前から人気が高かったが、これは不思議だ。歴史や伝承といったものは、権力者によってつくられるものだからだ。
徳川政権以降の真田人気は、将軍家の度量の広さからくるものなのだろうか。

「華、散りゆけど-真田幸村連戦記-」(海道龍一郎、集英社文庫)というのがある。
これはぜひ読んでいただきたい、おすすめの一冊である。とくに、冬の陣の真田丸の準備から攻防戦までは目を離すことができない。一気読みの覚悟が必要だ。

私はこれまで真田昌幸(親父のほう)ファンで、巷間の幸村人気には抵抗を感じていたのだが、これを読んで、俄然幸村ファンになってしまった。家人もこの文庫を読んで感激し、ぜひ現地を観に行こうと思い立った次第である。

なお、このブログでは過去にいくつか真田にかかわる報告をさせていただいてきたので、ご覧いただけるとありがたい。

上田城の攻防 -エゾタンポポとセイヨウタンポポ-
真田の庄-その1 砥石城を守る「雀の槍」 
真田の庄-その2 佐久間象山とタンポポ 
真田の庄-その3 真田氏本城のタンポポ 
真田の庄-おまけ イタドリハムシの美容法   


安井の清水

さて、私が安井神社を訪れた一番の目的は、境内にある安井の清水だ。カメムシ探しに来たわけではない。
幸村は夏の陣での家康襲撃のあと、安井の清水を末期に飲んだとされる。前述の海道龍一郎氏の文庫本でも安井の清水は重要な位置を占めている。
これは、真田ファンならずとも見のがすことはできない。

ところが、境内にはそれらしき清水が見当たらない。
社務所でうかがったところ、社務所の脇の石段を少し降りたところにあるが、石段が危険な状態なので進入禁止だという。
な、なんということか。

指示されたほうへ向かうと、怪しげな看板があった。

d0163696_16022731.jpg
簡素なのはよいとして、周辺の掃除用具は何とかならないものだろうか。

石段のところにロープが張られ、立ち入り禁止区域となっている。

d0163696_16023260.jpg
石段の上から覗いた「安井の清水」。
清水は枯れているようには見えないが、どうなのだろう。
飲むことはおろか、近づくこともできないとは、無念である。
崩れかけた石段が危険だというのなら、ぜひ、最優先で修復していただきたい。
幸村の銅像よりもはるかに価値が高いと思う。
人間にとっても、カメムシにとっても、である。



もう一つ余談

d0163696_16023889.jpg
これは「あべのハルカス」からの夜景。
はるか向こう、画面右上(奥)に見えるのが大阪城だ。(クリックすると拡大できます)
画面左を貫通する明るい通りは谷町筋で、手前の暗い一画は天王寺。フレーム外の左手前には茶臼山と安井神社がある。
ということは、かつての大阪城総構(そうがまえ)は、すぐ目の前まであったことになる。その距離約4km。壮大なスケールに改めて驚かされた。


なお、今回の写真は新しく導入したオリンパスOM-D M5 MarkⅡで撮ったものだ。
暗い境内でカメムシがバッチリ撮れていることにも感激したが、夜景が手持ちで撮れたことに驚いた。シャッター速度は1/6秒であった。本機の手ブレ補正機能は本物のようだ。

新発見された本当の真田丸跡地のことなど、報告したいことはまだまだあるが、やめておこう。自然観察とどんどん離れてしまいそうだ。

2016年1月4日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2016-01-04 16:19 | フィールド | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧