自然観察大学ブログ

江戸川べりの観察-38 イノコズチに来た虫③

チョウ類、カメムシ類に続き3回目はその他の虫。

d0163696_14433273.jpg
まずはコアオハナムグリ。
花さえあればどこにでも姿を現す虫だ。
チョウやカメムシと違ってコガネムシ類の口器はブラシ状なので、頭を花に突っ込んでいる。
豪快というか下品というか…
花の奥に潜った時に頭や爪で子房に傷をつけるので、ミカン類の害虫とされている。


d0163696_14433832.jpg
訪花昆虫の代表といえる花蜂の仲間。
この仲間の口器は大あごと長い舌を兼ね備えた複雑な形。


d0163696_14434454.jpg
ヒラタアブの仲間。
ハエ・アブの仲間も訪花昆虫としては最有力で、数的にはハチよりもずっと多いだろう。
蜜をなめるために進化してきたような、すごい口器で、しかも格納式だ。

参考:アセナガヤセバエ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/19421268/


最後はこれ。

d0163696_14435228.jpg

花を撮るのでゴミをどけようとしたら、虫だった。

d0163696_14440097.jpg
クサカゲロウの仲間の幼虫だ。
ゴミや食べかすなどを背中に貼り付けてカモフラージュしている。

ときどき、彼らがゴミ拾いをしているシーンに遭遇する。植物体上の付着物を大あごではがすのだが、樹皮の突起をはがそうとして悪戦苦闘するシーンを見かけたことがある。
もちろん大あごは本来獲物を捕らえるためのものである。
クサカゲロウとは別の仲間だが、ウスバカゲロウの幼虫(アリジゴク)の大あごは、獲物を捕らえるだけでなく、差し込んで体液を吸収する構造になっていると聞いたことがある。たぶんクサカゲロウの大あごも似たような構造ではないかと思う。

d0163696_14440773.jpg
このときはイノコズチの植物体上を活発に移動しながら、時々蜜を吸っていた。
クサカゲロウは捕食性だが、吸蜜もするらしい。

蜜は行動食なのか、それとも栄養ドリンクのようなものか、あるいは単に獲物がないので仕方なく吸っているのか…

参考:カイガラムシとテントウムシ ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/11318324/

2015年12月26日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2015-12-26 14:50 | 植物と虫 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧