自然観察大学ブログ

スプリング・エフェメラル 2014 ツリアブと五芒星

関東は梅雨に入ったが、こちらは前回の続きで、まだ5月はじめの話。
(なんというマイペース!)

神社の裏の河原にツリアブがいた。
d0163696_06164810.jpg
たぶんビロウドツリアブの雄。
これも春先限定のスプリング・エフェメラルだ。
妖精というより小悪魔のような怪しげな風貌。よく観ると、ふっくらして見えるのは全身をおおう長毛によるもので、本体は意外に痩せているようだ。
蜂類に寄生するという生態からしても、ダーティーなイメージである。

近づくとすぐに飛ぶのだが、遠くへ去ることはなく、すぐに戻ってくる。
何かの拍子で驚かしてしまったときは、激しいスピードで、前後左右に行ったり来たり…
ときにマークを描いて飛ぶようにも観える。
こっ、これは、五芒星ではないか! 
ビロウドツリアブが魔除けの呪符を結んでいる!!
…ということは、もしかして祓われているのはワシ??
このワシを魔物扱いするとは、フトドキモノめがっ!

などと考えながら待っていると、また着地してくれた。
d0163696_06170159.jpg
雄は体が一回り小さいのと、左右の複眼がくっついているので見分けられる。

雌は真面目に花を渡り歩いて栄養を摂っている止まる瞬間がないので、写真に撮るのは難しかった。
それに対して雄は、ときどき縄張り争いのような行動も観られたが、おおむね河原の石の上で日向ぼっこをしている。気楽なくらしのようだ。

それにしてもこの口器はすごい。
この日はタンポポやカキドオシの花に来ていたが、ドウダンツツジのような筒型の花も吸蜜可能だ。筒形の下向きの花に吊り下がるようにして吸蜜する姿から 〝吊り虻〟 だそうである。とはいえ、ここまで極端な形になったのは何か理由があるのだろうか。不思議だ。


私が怪しいものではないと認めてくれたのか、こんどは後ろ向きに止まった。
d0163696_06171576.jpg
なかなかキュートだ。やはりスプリング・エフェメラルである。
どこかのゆるキャラに似ているかも…

2014年6月8日、報告:自然観察大学 事務局O

[PR]



by sizenkansatu | 2014-06-08 06:23 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧