自然観察大学ブログ

ナズナのロゼットの年越し その1

ご挨拶が遅れましたが、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ナズナは、基本的に秋に芽生えロゼットで越冬して翌春開花・結実する 〝越年草〟 とされているが、その年越しのようすを観てみよう。

去年の12月。例年にくらべ暖かい日が続いて、ナズナたちも元気いっぱい。

d0163696_07340013.jpg
同じナズナでも、葉の切れ込み方でいろんな形のロゼットがある。

d0163696_07341664.jpg
ナズナのロゼットというと、普通はこのイメージだろうか。

d0163696_07342882.jpg
これは葉の切れ込みが少ないタイプ。

d0163696_07344557.jpg
こちらは切れ込みが多い。


最後の写真をよく観ると、古い葉は切れ込みが少なく、新しい葉は切れ込みが多くなっている。
これまで、葉の切れ込みの違いは個体差なのかと思っていたのだが、どうもそれだけではないらしい。
もしかすると、ナズナは 『切れ込みの少ない葉』 ⇒ 『切れ込みの多い葉』 と形を変えているのだろうか。それは気温と関係があって、切れ込みが多い葉は耐寒性に優れた厳冬期用なのか?
この推測が当たっているのかどうか、引き続き観察したい。


ところで、越年草のナズナではあるが、例外は多い。

d0163696_07345470.jpg
春を待たずに抽苔したナズナ。
越年にこだわることなく、チャンスと見たらいつでも開花結実する。雑草らしい柔軟さだ。



余談ですが…

d0163696_07350561.jpg
ナズナが生えていたネギ畑。
こんな光景を観ると、何となくうれしくなるのであった。

2014年1月14日、報告:自然観察大学 事務局O


[PR]



by sizenkansatu | 2014-01-14 07:44 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル