自然観察大学ブログ

親愛なる、そのへんの植物-13「秋の散策」

秋と言えば、実りの秋、紅葉・・ 秋が深まりつつある11月上旬、お天気のよい日にふらりと野外を歩いてみると、ちゃんと「秋」がありました。
今回は、その中からいくつかをお届けしたいと思います(少し前の話でごめんなさい)。

d0163696_19072250.jpg
果物売り場で見かけるブルーベリーによく似た実。
これはシャシャンボの実です。
ブルーベリーと同じツツジ科スノキ属で、昔は子供達のおやつがわりに食べられていたこともあるそうです。そのお味は? 早速食べてみました。

なんとなく甘酸っぱいような・・ でもちょっと皮が固い。
シャシャンボは、身近な雑木林でよく見かけます。私が歩いた林にもたくさんいましたが、日当りがよい場所の木には、丸々とした実が鈴なりになっていました。しかも、そちらの方がおいしかったです。

d0163696_19073990.jpg
こちらはノブドウの実です。色がきれいなので、思わず足を止めました。熟すともっと鮮やかな青や紫色になるのですが、残念ながら人が好んで食べるものではないようです。
ノブドウも、身近な薮などに普通にみられます。

d0163696_19075775.jpg
赤く染まった、よく似た葉が3枚。
落葉樹の葉が色づいた雑木林は、上を見ながら歩くのも見事ですが、下を見るのも楽しいです。赤、黄、茶色の葉っぱが道いっぱいに落ちて、色とりどりのふかふか絨毯になっています。

落ち葉の中から、きれいな葉を見つけては集める。そんなことをしていたら、とてもよく似た葉を3種類見つけました。
3枚並べてみたのが、上の写真です。
ちなみに、葉の裏はこんな感じです。

d0163696_19081471.jpg
木を見分けるには、葉の付き方(対生・互生)、生育場所、樹形など、いろんな要素をみるのが大事なので、葉っぱ一枚からというのは、本来はよくないのですが・・
落ち葉では仕方がないですね。まわりにヒントになるものがないか探してみました。落ちている実は? まわりにいる木は? ここはどんな林?


答えは、写真の右から時計回りに、ミズキ、オオウラジロノキ、ツタウルシ(小葉1枚)だと思います。
オオウラジロノキの実は、あたりにいっぱい落ちていました。


最後に、気に入った冬芽をご紹介します。
冬芽は、夏の終わり頃からできていたりするのですが、落葉すると目に留まりやすくなるので、私は秋以降に観察することが多いです。

ひとつめは、シロモジ。

d0163696_19083137.jpg
シロモジの冬芽は、葉芽と花芽に分かれています。先端の尖ったものが葉芽で、その両側のまん丸いのが花芽です。かわいらしくて個性的なかたちをしていると思います。


ふたつめに、ムラサキシキブ。

d0163696_19083997.jpg
裸芽は、葉のかたちがよくわかっておもしろいです。ムラサキシキブは対生で、幼い2枚の葉が仲良く向き合っています。


みっつめは、裸芽の代表格とも言えるオオカメノキ。

d0163696_19085644.jpg
ムラサキシキブと同様に2枚の葉がぴったりとくっついているのですが、こちらは、なんと言っても巨大です!


以上、散策中に見かけたものをご紹介しました。どれも派手さはないものの、秋を感じさせてくれました。

植物を、四季を通じて観察すると、その変化から季節の移り変わりがわかります。そんな変化をみるのに、散策はうってつけです。
時間や目的を気にすることなく、目に留まったものをゆっくりと観察しながら歩く。とっても贅沢なひとときです。


おまけの一枚

d0163696_19090860.jpg
つい先日、早朝の田んぼ道で、キラキラ光るノボロギクを見ました。
冠毛についた霜が溶け始め、水滴一粒一粒に朝日が当たって、なんとも美しかったです。秋の深まりを一層感じるとともに、こんなにきれいなものが見られて、とても嬉しくなりました。

2013年11月28日、報告:自然観察大学 植物生態学部 S子


[PR]



by sizenkansatu | 2013-11-28 23:20 | 植物 | Comments(2)
Commented by sizenkansatu at 2013-12-08 22:53
S子さん。投稿ありがとうございます。
事務局Oです。
異常気象と言われながらも、季節も生き物も、ちゃんと移り変わりますね。
それにしても、冬芽って、サナギに似ていませんか?
御礼のあいさつが遅くなって申し訳ありませんでした。
Commented by S子 at 2013-12-10 22:00 x
そうですね。冬芽はサナギに似ているかもしれません。

身近な場所に、素敵な生き物がたくさんいること。
意識するだけで、自然の見方がまったく変わること。
自然は特別なものではなく、身近であること。
日常の中に、美しいものはいっぱいあること。

そういったことを人に伝えられたら…
伝えるなんておこがましいですが、
そのきっかけのようなものを提供できたらと思っています。
そうしながら、私も勉強、精進させてもらっています。
これからも、楽しく学んでいきたいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
植物生態学部 S子より

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル