自然観察大学ブログ

偽装だろうか?  -ミゾソバ、イヌタデ-

10月末に所用で南房総の館山にいった。
予想外に早く着いたので、小一時間観察することができた。

大通をはずれて、ちょっと山がわに入ると…
d0163696_093663.jpg
ミゾソバが出迎えてくれた。
d0163696_0103377.jpg
用水路に沿ってびっしり。
さすが南国、まだまだ元気だ。

ちなみにこの用水には淡水エビがたくさんいて、上空ではトビが飛び交っていた。

こちらはイヌタデ。
d0163696_011418.jpg
秋と言えば、やっぱりこれ。遭遇するたびに、うれしくて、つい撮ってしまう。
d0163696_011263.jpg
一つの花穂に、開花と結実が隣り合わせにある。
花期が長いのは、繁殖のための知恵なのだろう。さすがは長い歴史を持つ雑草である。

ところで、ミゾソバもイヌタデも、タデ科の花は花弁がない。花弁に見えるのは〝がく〟だそうだ。
今話題の偽装ということになる。
もっとも、花弁かがくかは、人間の都合で定義づけをしたもので、本人たちにとってはどうでもよいことなのだろう。
もともと花弁もがくも、植物の進化の過程で葉から変化したとされていて、もとはといえば葉なのだ。偽装と言ってはかわいそうだ。

余談ですが…
渦中の『偽装』であるが、昆虫の擬態は偽態と表すこともあって、文字から受ける印象ではそんなに悪意は感じられない。(私だけ?)
意図的に欺くわけだから、『欺装』としたほうがしっくりするのではないだろうか。
まぁ、昆虫の擬態も天敵の捕食者を欺く目的ではあるのだが…

2013年11月10日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-11-10 00:14 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧