自然観察大学ブログ

野川公園で観た 〝奇妙な動物〟

これが何か、写真を観て分かる人はかなりの虫好きだろう。
d0163696_2344567.jpg
突出した頭頂と、縞々の複眼が特徴的。(クリックすると拡大写真。お好みで…)
複眼の下にあるのが単眼だろう。(丸くて縁の赤いもの)
その下の触角がまた不思議な形で、ポップなデザインだ。
d0163696_23451718.jpg
正面にまわって観ると、鼻すじというか鼻柱というか、おそらく頭楯(とうじゅん)にあたるところだと思うが、それがビシッとしている。
それにしても、この突き出た頭は何の意味があるのだろう。まさか頭突きが得意とか…
鼻すじからそのまま口器につながっているのだろうか。その構造なら、口針を刺す時に効率よく力が伝わるだろう。

全身はこれ。
d0163696_23454351.jpg
ツマグロスケバという。
カメムシ目テングスケバ科で、天狗の鼻のように頭頂が突出しているのと、翅が透けているので 〝テングスケバ〟
〝ツマグロ〟 は昆虫名には多いが、翅の先(褄:つま)が黒いということだ。
d0163696_234634100.jpg
横からもみていただこう。
頭が少し突き出ている以外、ごく普通の虫に見える。
ちなみに、ツマグロスケバの幼虫は、そよかぜさん のところをご覧いただきたい。

世の中は今、深海生物ブームだそうである。
科学博物館の『深海』展(10/6まで)やNHK番組の影響か、たいへんな盛り上がりで、書店の店頭には関係の本がずらりと平積みになっている。

たしかに深海生物は、我々が眼にすることがない神秘であり、環境に適応した特異な姿をしていて見るだけで面白いのだが、標本や写真だけでは…

身近にいる生物の面白さを、やっぱり生きた姿で観察したい。
(参考までに前回の 『ダイオウイカより、身近な自然がいい』 はこちら  

2013年10月6日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-10-06 23:49 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧