自然観察大学ブログ

千葉ニュータウンでの観察-2 巣箱を作る人々

前回のトンボを撮った場所で、ちょっと怪しげな人たちが集まっていた。
暑いなか、ぐつぐつ沸いた鍋を囲んでいる。
d0163696_8112646.jpg

話をうかがうと、ここは 〝本埜まなびの森〟 といって、子供たちの野外観察のために提供された森だそうである。
このひとたちは、子供たちのために森をされている、けっして怪しくない皆さんであった。

自慢の巣箱。
d0163696_8122577.jpgd0163696_8124227.jpg
手ごろな立木に、簡単な工作で立派な巣箱になっている。よく工夫された巣箱だ。
と思って前に回ってみると…
d0163696_8131646.jpg
立派なエントツドロバチの巣があった。
ほんとうは、シジュウカラが入ってくれるのだとか。
手軽で費用ゼロなのが自慢で、このアイデアを全国の皆さんに利用いただきたい由であった。

巣箱をブログで紹介させていただくこともあり、〝自然観察大学の事務局Oです〟と名乗ると…

「おぅ、知ってるよ。唐沢先生が学長をやってるやつだろう。わしは唐沢先生の初めての教え子なんだ。教師になって一年目の 〝教え子第一号〟 ということだな。」

奇遇というか、世間は狭い。などと考えていると別のかたが、

「私は以前、岡発戸での観察会に参加したことがあります。おもしろかったですよ。」

出先で自然観察大学を知っている方に出会ったのははじめてだ。
なんだか、自然観察大学がメジャーになったようで、感動してしまった。

後日、唐沢先生に報告すると、

「KBくん (注:前述の教え子第一号のかた) のことは、もちろんよく覚えています。彼は、ついこの前まで高校生だったのに、あっという間におじいさんになっていますね。」

この前って、半世紀くらい前の話だと思うのだが…

2013年7月27日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-07-27 08:17 | | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル