自然観察大学ブログ

千葉ニュータウンでの観察-1 ノシメトンボのマジック

千葉県の北部に千葉ニュータウンというのがある。
地図で見ると印旛沼や手賀沼、利根川にかこまれ、いかにも豊かな土地。
現地に行くと、谷津のような地形が随所にあって、森と小川と田んぼ、その反対側は住宅地、といった環境で、多数のトンボが舞っていた。
d0163696_12551176.jpg
ノシメトンボだ。
トンボは、飛び立ったあと、一回りして同じ枝に止まることが多い。
この習性を見越して、このところ凝っている顔を撮ろうと待ち構えた。
予想通り、何度も飛び立っては同じ枝に戻ってきてくれ、こちら向きに止まってくれた。
d0163696_1255322.jpg
何かくわえている。
空中で捕まえた獲物だ。
これはチャンスと、連続して撮るつもりで構えると、むしゃむしゃと数回咀嚼して、あっという間に獲物は消えてしまった。

上の写真をトリミングして拡大してみよう。
d0163696_12554869.jpg
獲物はオサゾウムシの一種らしい。
ノシメトンボにしては、けっこう大きな獲物だろう。
これをわずか数度の咀嚼で飲み込めるものだろうか。
まるでマジック! 
そもそも、トンボは固形物を飲み込めるような構造をしているのか?
謎だ。

豊かな環境ではおもしろい観察ができる。

2013年7月24日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-07-24 12:57 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル