自然観察大学ブログ

中山道和田宿周辺の観察-1 雑草編

5月の連休に、中山道和田宿へ行った。
その時のことを何回かに分けて報告させていただくが、今日はその一回目。

d0163696_8501792.jpg
こんな光景を見ると、ついうれしくなって口元がほころんでしまう私。
やっぱり雑草ファンなのだろう。

関東に比べると一か月近く季節が遅いので、雑草のベストシーズンを二度観ることができる。
草種を確認すると、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ハコベにシロツメクサ、セイヨウタンポポ。それらの見慣れた雑草にイヌナズナが混じる。
イヌナズナは関東ではトンと見かけないが、こちら信州では、ご本家のナズナよりも多いくらいだ。

おあつらえ向きに、両種がならんでいた。
d0163696_8504543.jpg
右の白いのがナズナで、左の黄色いのがイヌナズナ。


カキドオシは、とくに好きな雑草のひとつ。つい何度も撮ってしまう。
d0163696_851455.jpg
下唇を突き出したような形は、やっぱりシソ科の唇形花だ。
下唇の奥の方にある半透明の毛は何のためにあるんだろう。
訪花した昆虫のために足場を提供しているのだろうか…

白いヒメオドリコソウがあった。
d0163696_8513058.jpg
白いホトケノザは観たことがあるが、ヒメオドリコソウでははじめて。
アルビノなのだと思うが、赤紫の同僚との競争に耐えていけるだろうか…

ほかではどうなのかとネットで調べると、興味深い情報が見つかった。
10余年間かけて、安定的に白いホトケノザを栽培している方の話  ⇒ http://flat.kahoku.co.jp/u/ozozoz/iw1v8ebPT6HQxspgfXjt/

山のほうへ向かうと、水路わきにはネコノメソウが花を開いていた。
d0163696_8531319.jpg
ネコノメソウの仲間は花弁がなく、花びらに見えるのはがく。
ネコノメソウは雄しべが4個ということだが、これは8個なのでミヤマネコノメソウ(別名イワボタンともいうらしい)のようだ。


余談ですが…

中学校の校庭に、雑草のみごとな築山があった。
d0163696_8535415.jpg

この学校は、グランドにもふんだんに雑草がある。
d0163696_8542348.jpg
どうです。癒される校庭!

この校庭は中心部だけ草取りがなされ、このときはちょうど体育の授業が行われていた。生徒と雑草の共存の姿である。
この学校で育つ諸君! 今は気づいてないかもしれないが、あなたたちは幸せです!!

なお、この学校は2009年発行の「校庭の雑草」(岩瀬徹ほか、全国農村教育協会)で、巻頭に掲載されている長和町立和田中学校。
往時のままの校舎もあって、映画のロケなどでたびたび利用されるそうだ。

2013年5月18日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2013-05-18 08:56 | 植物 | Comments(5)
Commented by チョコ at 2013-06-05 18:42 x
ただ今沖縄に来ているので、「こっちには東京では見ない雑草があった!」とO氏に報告したい!気持ちはやまやまながら、こちらにしかない雑草かどうかの区別が出来ないことが判明しました((+_+))
Commented by sizenkansatu at 2013-06-05 21:30
雑草は外来種が多く、世界共通であることが多いそうですが、沖縄の雑草は本土とはけっこう違うということを聞いたことがあります。
見分けるコツは語尾で、〝○○○さぁ~〟と言うのが沖縄の雑草です。

私は、沖縄にはずいぶん前に仕事でムシを撮りに行ったことがあるんですが、熱帯魚のようなトロピカル紋様のイナゴの幼虫にカルチャーショックを受けた記憶があります。
もう一つはクロカタゾウムシという、超絶に装甲の硬いムシで、標本用の針が通らないどころか、象が踏んでも大丈夫ということを聞きました。ほんとかどうか知りませんが…
チャンスがあったら、ぜひその二つを観てきてください。

お土産は熱帯魚イナゴの佃煮をリクエストします。
Commented by チョコ at 2013-06-05 22:12 x
トロピカル模様に、象が踏んでも・・・って、沖縄ってどんなとこなんじゃい!だけど、さっき、でっかいコウモリをみましたよ!ハトが飛んでるのかと思ったら、コオモリが電線にとまって?さかさにぶら下がってました。

熱帯魚イナゴの佃煮ですね!明日こちらの友人に売ってるところ聞いときます!!
Commented by とかチップ at 2013-07-23 21:44 x
和田宿の雑草は素敵ですね。
はじめまして。私は北海道十勝地方にいるとかチップと申します。
こちら始め、さまざまなところで長野県の記事を見かけるたび、十勝の自然と類似しているなぁと漠然と感じています。
上高地のケショウヤナギに代表されるようにどこか同じ雰囲気があるように感じます。
私個人の勝手な思いでは、長野と自然観察交流でもできればと思っています。
勝手ながら、また新しい和田宿レポを楽しみにしております。
Commented by sizenkansatu at 2013-07-23 22:42
とかチップさん。コメントありがとうございます。
そうですか。ケショウヤナギですか…
調べて分かりましたが、十勝と上高地には縁があるんですね。

ずいぶん前ですが、北海道の十勝や美瑛に何度も撮影に行きました。
トウモロコシ畑の写真を撮って、帰京後に現像したらキタキツネが写っていてビックリしたことを思い出しました。当時はフィルムだったので、現像が上がって初めて気づきました。

今後ともよろしくお願いします。

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル