自然観察大学ブログ

親愛なる、そのへんの植物-9 「早春において、開花の早さは何で決まる?」



4月上旬、いまだ寒さの残る温帯(一般的には冷温帯と言われている)の落葉広葉樹林では、林床まで差し込む明るい光を利用して、スプリング・エフェメラルとして有名なカタクリが今にも咲こうとしていました。
d0163696_22522375.jpg


今回は、暖温帯上部から温帯にかけての落葉広葉樹林について、新葉と開花の様子に注目してご報告します(観察地:岐阜)。

d0163696_22525828.jpg
まずは、ミツバウツギです。主に3出複葉の落葉低木です。
葉が開くと同時につぼみができていました。

d0163696_22532422.jpg
クロモジです。落葉低木です。
クロモジも、葉の展開と同時に開花し、黄色の小さな花を咲かせていました。性が個体で分かれている雌雄異株(しゆういしゅ)植物です。

ミヤマシキミも、すでに花が咲いていました。
d0163696_2253551.jpg
ミヤマシキミは常緑の低木で、落葉広葉樹林にも生育しています。
クロモジと同じく、雌雄異株植物です。この写真の場所では、雄株と雌株が隣同士にいました。左側が雄株で、右側が雌株になります。

前回のブログ で、雌雄異株植物の性を見分けるには花の時期が重要だと書きましたが、ミヤマシキミも同様で、雄の花は雄しべが目立ち、雌の花は雄しべが退化しています。
まずは雄の花。
d0163696_22561948.jpg

つぎは雌の花。
d0163696_22564023.jpg

花を見れば、一目瞭然で個体の性が判別できました。

次は、ハナイカダです。
d0163696_2257373.jpg
花はどうかな? 重なった新葉を、そっと開いてみました。
d0163696_225872.jpg
ありました。葉の真ん中に一つ、つぼみがついています。
ハナイカダの花は、葉(イカダ)の真ん中に花が乗っているように咲くので、とても印象的です。

ハナイカダも雌雄異株植物であり、雄の花は一枚の葉に数個つくのに対し、雌の花は大抵1個なので、私が見た個体は、おそらく雌ではないかと思います。

続いて、コハウチワカエデです。落葉の高木です。
d0163696_22585445.jpg
新葉が開く様子が、なんだか、お化けか恐竜の手(前足)のようなかたちをしていておもしろいです。
こちらはまだ花は見あたりません。


同じくカエデ属のコミネカエデです。落葉小高木です。
d0163696_22591182.jpg
これも花は見あたりません。


ここまであげた種の中で、いち早く花を咲かせるかどうかの違いは、どこにあるのでしょう?
ひとつ、思い当たることとして、その種が低木か高木になるかということがあげられました。

低木と高木では、持っているつぼみの数が大きく異なり、高木の方がたくさんの花を咲かせることができます。
繁殖のために必要な花粉を運んでくれるポリネーターは、花がたくさん咲いているなど目立つ方に惹きつけられやすいと言われています。よって、低木と高木では、高木の方がポリネーターを惹きつける上で有利になると考えられます。
つまり、低木は、高木が咲き始めるより前に開花し、高木とのポリネーター獲得の競争を少しでも避けようとしている、という説です。

また、寒さの残る早春は、ポリネーターの数や種類は少ないですが、マルハナバチ類に先駆けて、ハナアブやハエの仲間が活動を開始します。
低木は、こういったハナアブやハエに花粉を運んでもらっている場合も多いと言われており、虫との相互関係で、早くに開花するという説もあります。
今回よく観察した雌雄異株植物は、低木が多いと言われています。雌雄異株植物が早く開花するのも、これらの理由からかもしれません。

いずれの説、もしくはその両方の説にしても、林内を観察していると、低木の種の方が高木よりも早く開花しているような印象でした(もちろん例外もたくさんあります)。

目の前の自然を観察しながら、目には見えない環境や生き物同士のつながりに考えを巡らせてみると、好奇心や疑問がわいてきて、そこからまた、次の観察が楽しくなるように思いました。

2013年4月26日、報告:自然観察大学 植物生態学部 S子
[PR]



by sizenkansatu | 2013-04-26 23:01 | 植物 | Comments(1)
Commented by sizenkansatu at 2013-04-28 16:16
S子さん、またまた投稿いただき、ありがとうございます。

今回の開花で、私の一番のお気に入りはクロモジです。
あの特徴的な冬芽は、こんなふうに展開するんですね!

低木と高木の開花時期の話も新鮮です。私はふだん下を向いて雑草ばかり見ているので、もっと視野を広げねば、と考えています。
今後ともよろしくお願いします。

事務局O

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル