自然観察大学ブログ

雨で裂けるマメアサガオの花

9月の半ば過ぎ、謎のヒルガオ科植物を観た。
d0163696_12583343.jpg
マメアサガオに似ているが、花冠に切れ込みのある見慣れぬ姿…
d0163696_1258555.jpg
この日は我孫子市岡発戸・都部谷津で自然観察大学観察会の下見だったが、I先生ら同行のみなさんは、なんだろうと首をひねっていた。
d0163696_12591559.jpg
アサガオの仲間は、このところ外国からの新顔が多く、いろんな帰化植物があって、ただでさえややこしい。

後日、「日本帰化植物写真図鑑 第2巻」の著者のおひとりである植村修二先生に写真を観ていただいたところ、〝マメアサガオが雨で濡れると花冠に切れ込みができるらしい。おそらくそれでしょう〟 ということであった。なんと!
植村先生によると切れ込みのできる系統と、そうでない系統があるらしく、ほかに雨で切れるマルバアメリカアサガオでも観察されたそうである。先生はなお注目して観察を続けられる由である。

あらためて上の写真を観ると、たしかに不自然な切れ方で、はじめから切れ込みがあった花冠とは思えない。

同じ場所で、以前マメアサガオを撮ったことを思い出して、探し出した写真がこれ。
d0163696_130391.jpg
6年前に岡発戸で撮ったマルバアサガオである。
よく見ると少し切れ目らしいのがある。
d0163696_1302331.jpg
こちらの花冠も、かすかに切れ込みらしきものがある。


別の写真を引っ張り出してみた。
d0163696_1304253.jpg
こちらのマメアサガオは2005年に撮った埼玉県見沼田んぼの芝川沿いのもの。
d0163696_131021.jpg
こちらは切れ込みらしいものがまったくない。
雨で裂ける系統と裂けない系統があるのなら、こちらはおそらく後者であろう。

マメアサガオは雨摘が溜まらないように自ら裂けるのだろうか?
花冠は重みで下向きになるのだから、そこまですることもないと思うのだが…
謎である。

植村先生、ご指導いただきありがとうございました。

2012年11月2日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-11-02 13:04 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル