自然観察大学ブログ

江戸川べりの観察-8 キンエノコロ

「暑さ寒さも彼岸まで」 と言うが、今年は例外だ。
彼岸までずっと暑い日が続いたうえに、彼岸が過ぎてもまだ暑い。
例年ならきっちり咲くはずのヒガンバナも今年は1週遅れ。
それでも、ちゃんと秋は来るのである。

秋と言えばキンエノコロ
d0163696_19523084.jpg
光の具合でドキッとする場面に出会うのだが、写真にするとなかなか思うように映ってくれない。
d0163696_19532582.jpg
ここでは頻繁に草刈りが行われるためか、穂の短いものが多い。
普通はこの2倍くらいの長さになるだろう。

だからと言って、草刈りのされないような場所ではうっそうとした藪になって、キンエノコロの出番はない。

d0163696_195484.jpg
この穂では、雌しべがまだ新しい感じなのだが、果実は丸々と充実して、キンエノコロらしくすでに腹が出ている。(若くしてメタボ)
草刈りされる前に、素早く種子を散布しようという作戦のようだ。

上の写真では雄しべはすでに干からびている。
他に新鮮な雄しべの出た花を探したのだが、なぜか見つからなかった。朝から夕方まで時間差で探したのだが。謎だ…

過去の参考:『黄金の猫又じゃらし』 ⇒ http://sizenkan.exblog.jp/14743951/

2012年10月3日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-10-02 19:58 | 植物 | Comments(2)
Commented by ナナフシななちゃん at 2012-10-04 22:56 x
エノコログサの開花は、朝5時半くらいからはじまり、6時半~7時くらいがピークでしたよ。キンエノコロとは少し違うかもしれませんが。
私が知りたいのは、エノコログサの葯と雌花の色です。図鑑には、葯は紫とあり、雌花にはふれていません。でも、私が見たのは、葯が黄色、雌花の羽毛は白でした。どなたかご存知ないですか?
Commented by sizenkansatu at 2012-10-05 12:40
コメントありがとうございます。貴重な情報です。ぜひ確認したいと思います。
今からエノコログサは難しそうですが、キンエノコロならまだ間に合うかもしれません。

昨日、I先生とKさんに話をうかがう機会があったのですが、お二人とも…
〝そういえばエノコログサ類の開花はよく見たことがないが、たぶん短時間で花が終わるんでしょう。雌性先熟かなぁ〟ということでした。

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧