自然観察大学ブログ

狩蜂生態図鑑が出た

田仲義弘先生の 「狩蜂生態図鑑」 が出た。
d0163696_18562850.jpg

すごい図鑑だ。
掲載された写真の数々は、どのカットも決定的な瞬間をとらえた見事なものだ。
しかもただの写真ではなく、狩蜂の専門家が生態解明・確認のために撮った、一つ一つ意義のある写真なのである。(写真を撮ってはじめて解った生態というのが多数あるらしい)

写真だけではない。精密なイラストもすべて田仲先生ご本人による。
自然観察大学のみなさんは、田仲先生の狩蜂への情熱を知っておられると思うが、この本はそのすべてが注ぎ込まれた〝珠玉の図鑑〟なのだ。

中から一点だけ紹介させていただく。(クリックして拡大可能)
d0163696_1857171.jpg
着地に備えて後脚を構えたところだろうか。狩蜂って、理屈抜きでかっこいい。
このコイケギングチバチは体長5mm弱、抱えている獲物はチャタテムシだそうだ。
微小で素早い狩蜂の、その決定的な瞬間を、ピントばっちりで捉えている。
どうです? こんな写真が撮れるなんて、信じられます?

ところで、すべての写真に撮影データが記されていて、各地を飛び回っていることがうかがえるのだが、その中にさいたま市見沼、千葉県我孫子市、東京都野川公園、というのが多数ある。
そう、自然観察大学で観察会を実施している場所ではないか。なんとなく嬉しくなってしまった。

観察会の朝、田仲先生は誰よりも早く来て、フィールドを事前につぶさにチェックする。
そして観察会終了後、カメラを手にまたフィールドへ向かい、誰よりも遅くまで撮影を続けている。
おそらく、その後も継続して現地に通いつめておられることと思う。脱帽である。
私の知っているのは観察会当日の行動だけなのだが、おそらくいつでもどこでもこの調子なのだと思う。
そうなると、田仲先生の家庭平和が心配されるが、仲のよい円満なご家族のようなのでご安心いただきたい。(いまのところですが…)

『狩蜂生態図鑑 -ハンティング行動を写真で解く-』(田仲義弘著、全国農村教育協会、2,500円+税)

最後に「狩蜂生態図鑑」について紹介されたサイトがあるので、以下にあげておこう。
●虫をさがしに… ブログ(jkioさん)  
●自然観察大学HP:本の紹介(鈴木信夫先生)
<追記>
NPO会員の寿原さん、それに唐沢学長が、本書を見て感動し、紹介文を書いてくれました。
※ 単独のURLがないので、一覧表からクリックしてご覧ください。3件が併記してあります。

●全国農村教育協会HP(出版元)  


2012年9月18日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-09-18 19:09 | その他 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧