自然観察大学ブログ

アカスジカメムシ カメムシの口器-2

※ 先に、前回の『ツノアオカメムシ カメムシの口器-1』をご覧ください。

d0163696_13171489.jpg
アカスジカメムシがウイキョウの子房を吸収している。

よく観ると、前回のツノアオカメムシと口器の感じが違う。
d0163696_1318306.jpg
口吻(鞘の部分)の前に、細長い舌のようなものがあるが、口針とは違うようだ。明らかに短い。
口針はどうなっているのか?
d0163696_13185767.jpg
ほら、やっぱり口針とは違う。
(触角がこうしてたためるのも驚き!)

d0163696_13192339.jpg
とどめの写真がこれ。口吻がジグザグになっているが、口針は見えない。
口吻と口針が一体になっているということだ。

キンカメムシ科のアカスジキンカメムシは、この “一体型” だと聞いたことがある。残念ながら自分の眼で確認できていないのだが、写真を見せていただいたのでそうなのだろう。

アカスジキンカメムシをご存じない方へ : 『安土城跡とハンミョウ/光っているようで、光っていない』
⇒ http://sizenkan.exblog.jp/11770382/


まとめ カメムシの口器の二つの形式

図にしてまとめてみよう。(素人なのに、エラそうにしてすみません)
d0163696_1323858.jpg

左は、ふだん真っ直ぐな口器で、刺すときに口吻(鞘)がたたまれ、中から口針が突き出る。これを“分離型”としよう。ツノアオカメムシをはじめとする普通のカメムシはこれ。
右はジグザグの折りたたみ式の口器で、口吻と口針が一緒に曲がる “一体型”。アカスジカメムシとアカスジキンカメムシはこのタイプらしい。

アカスジカメムシと、ツノアオカメムシはどちらもカメムシ科に属し、アカスジキンカメムシはキンカメムシ科とされている。
キンカメムシ科は小楯板が腹部背面を覆うので特異なカメムシといえるのだが、カメムシ科のアカスジカメムシも同じような小楯板だ。(前々回の記載を参照)

カメムシ科とされるアカスジカメムシだが、小楯板と口器はキンカメムシ科と同じ構造ということになる。
また眠れなくなってしまった。

以上の疑問について、カメムシフリークのSKさんに調査・取材をしていただくことになった。結果を期待しよう。

2012年7月27日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-07-27 13:25 | 昆虫など | Comments(7)
Commented by アオスジキンカメムシ at 2012-08-10 08:48 x
アオスジキンカメムシの色を変える方法知っています。
Commented by アオスジキンカメムシ at 2012-08-14 22:43 x
なーんだそんなこと誰でも知っているよ! と言うことなんですね。
了解しました。
Commented by sizenkansatu at 2012-08-15 00:11
色を変える方法を知らないどころか、アオスジキンカメムシのことを知らないので返事できませんでした。
すみません。
Commented by アオスジキンカメムシ at 2012-08-17 17:44 x
それでは少しどや顔で、皆さんカメムシの色の差は、「個体の差」と書かれているようですが、たぶん、羽に含まれている水分の差だと思います。

そこで色を変える方法ですが、乾燥させると黒に近い青になり、輝きがほとんどなくります。
次に水をかけ、しばらくすると、緑に輝きだします。強い光を当てると緑に輝いて、きれいです。試してみてください。

たぶん羽には細か溝がたくさん刻んであり(CDみたいに)、水分が多い時には、光の干渉により緑色を強く反射するのだと思います。乾燥すると羽がすこし縮み、溝の間隔がせまくなります、すると干渉する光の波長も短くなり、人間の目には光っていないように見えるため、黒っぽく感じるのではないでしょうか?

私はアオスジキンカメムシの死骸でこのことに気がつきました。
生きていても同じだと思います。如何でしょう。
Commented by sizenkansatu at 2012-08-19 12:58
水分のぐあいで色が変わるというのは考えられそうですね。
チャンスがあったら試してみたいです。

ところで、アオスジキンカメムシというのは聞いたことがないのですが、もしかしてアカスジキンカメムシでは?
Commented by アオスジキンカメムシ at 2012-08-25 23:45 x
応答が遅くなり申し訳ございません。

おっしゃるように「アカスジキンカメムシ」の誤りです。
申し訳ございません。

もうひとつ訂正があります。
CDのように溝が刻んであるのではなくて、オパールのように一定の大きさの粒子が並んでいると考えたほうが良いそうです。

色々とすみません。
Commented by sizenkansatu at 2012-08-27 17:49
ごていねいにありがとうございます。
訂正の件、了解しました。

アカスジキンカメムシは、金属光沢に見えて、実は光沢のあるのはほんの一部で、あとは光沢っぽい紋様ではないかと、私は考えています。

聞くところによると、ほんとに金属光沢のあるものとそうでないものの両方があるそうですが、まだ確認できていません。
水分による色の変化とともに、今後の課題です。

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル

画像一覧