自然観察大学ブログ

紅白花くらべ

クイズ。この花は何でしょう?
d0163696_19371716.jpg

ヒント:マメ科の蝶形花。

もう一つ、これは開花はじめの花序。
d0163696_19374880.jpg

わかった人は、ふだんから雑草をよく観ている人だろう。
d0163696_19381137.jpg
答えはアカツメクサ。

よく観ると画面の上の方が開花しているのに、中央やや下の花はつぼみ状態。

予告① この秘密は文末で明らかになります。

果実には枯れた花弁がいつまでも残って、見目好いものではない。
d0163696_1940267.jpg

これを割ってみると…
d0163696_19405824.jpg
果実がビッシリついていて、その中には種子が1つずつ入っている。この果実はマメ科らしくない。果実を包んでいるのはがくで、いわゆる “宿存がく” だろう。

全身が毛深いのがアカツメクサの特徴だが、がくの刺毛はとりわけすごい。
それはつぼみの刺毛でよくわかる。
d0163696_19421428.jpg
柔らかい刺毛だが、種子散布のために動物などに付着する機能はあると思われる。

予告② 画面の右側だけ開花しているところに注目! しつこいですが謎解きは最後で…


シロツメクサ
d0163696_19432327.jpg
シロツメクサの花序。
d0163696_19435326.jpg
こちらは球形の花序の下側から頂部へ順に開花する正統派(?)だ。
d0163696_19442432.jpg
果実にはアカツメクサと同じように花弁とがくが残る。
d0163696_19445937.jpg
むいてみるとマメ科の典型的な豆果(とうか)だが、多くは不稔だった。
アカツメクサが種子で増えるのに対し、シロツメクサはほふく茎(ランナー)で増えるということなのだろう。


紅白の住み分け
d0163696_19453421.jpg
画面左手前から奥に向かってシロツメクサ、右側がアカツメクサだ。
ここは江戸川の土手で、散歩の人などが通るところはシロツメクサ。フェンス沿いで人通りがないところはアカツメクサと住み分けている。
シロツメクサは低く広がって踏みつけに強いが、アカツメクサは踏まれるところには生育しにくいということが分かる。

アカツメクサ、シロツメクサの名前の由来は “詰草” で、かつてガラス器などの輸送の箱に詰めて利用されたことによるとされている。(ナデシコ科のツメクサは爪草)
赤クローバ、白クローバの名前で牧草や緑化に利用されるので、ガラス器と一緒に渡来したものが増えた、というわけではないと思う。

ところで、アカツメクサとシロツメクサは、系統分類の面でマメ科の同じ Trifolium属とされているのだが、果実をはじめけっこう相違点があるものだ。


アカツメクサの開花順序

以上で報告は終わりのつもりだったのだが、ネットで興味深い観察記録を見つけた。
“アカツメクサは球形の側面から開花がはじまり、その始点は決まっている” というのである。
その記録があったのは はた衛門さんによる 『草木365日(増補版)』の『アカツメクサの観察』  http://homepage3.nifty.com/hatazakura/akatumekusa.html

これは面白い! さっそく野外で実物を確認した。

結果は以下のとおり。(はた衛門さんの記録とは逆だった)
d0163696_1948860.jpg
画面左が最後の葉で、その反対側から先に開花している。
もうすこし開花の進んだ花序を見よう。
d0163696_19483467.jpgd0163696_19485217.jpg
いずれも小さいほうの葉が最後の葉で、同じ側がまだ開花していない。

次は横から見てみよう。
d0163696_19494929.jpgd0163696_1950642.jpg
左の写真では左が最後の葉で、右は右が最後の葉。どちらの花序もその反対側から開花している。
最後の葉かどうかは、小さいということだけでなく、互生する葉を追って確認したので間違いはないと思う。
ちなみに最後の葉は小葉が1枚しかなかったり、2枚のものが多かった。アカツメクサは本来3出複葉なので、これから展葉するということか…

10個以上の花序で確認したが “最後の葉の反対側から先に開花する” 法則はすべてに当てはまった。
はた衛門さんの観察は興味深いものだったが、どこで食い違ってしまったのだろう。“最後の葉”というところに勘違いがあるのだろうか…

2012年6月13日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2012-06-13 19:54 | 植物 | Comments(4)
Commented by はた衛門 at 2012-06-14 06:49 x
コメント、ありがとうございました。
土手のアカツメクサを見ては、熱心に観察したころのことを思い出していましたが、またしっかり観察し直さなくてなりませんね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by sizenkansatu at 2012-06-14 18:10
はた衛門さん、ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by choko at 2012-06-28 12:08 x
多摩川の河川敷でもよく見る花だけど、全体像で丸い花って思ってたので、こんなにじっくり見たことはなかったです。結構可憐な形をしてたんですね。
それに、赤と白がそんな風に住み分けていたとは!知らんかったです。
Commented by sizenkansatu at 2012-06-28 18:18
chokoさん、ご無沙汰しています。
あらためてよく観ると可憐というのは、けっこうありますよね。

私(事務局O)も、よく観ると可憐だったりして…

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル