自然観察大学ブログ

トレンチ行動の待ち時間に観た虫

前回のトレンチ行動観察は、けっこう待ち時間があった。その間に観た昆虫たちを紹介させていただく。

d0163696_1258116.jpg
まずはウリハムシ
この角度から見ると愛嬌たっぷり。
この時の観察では、葉より花を食べる個体が多かった。口元には花粉が付いている。やはり花の方が栄養豊富なのだろうか。

d0163696_12585828.jpg
クロウリハムシ
チョビヒゲ風の口もとが、本家(?)のウリハムシよりもいっそうキュート。

あんまりかわいいので、もうひとつ別カット。
d0163696_12594156.jpg



尻振りダンス!

d0163696_1323997.jpg
ワタヘリクロノメイガがアレチウリの葉裏にポイととまって、尻振りダンスをはじめた。この蛾は、雄の尾端に毛状の鱗片の束があって、これをウリウリ、グネグネ、ゆっくりと廻す。ラテン系の血統を思わせるが、在来種のようだ。
尻振りによって誘因物質を発散させるのかと思ったのだが、フェロモンを出すのは雌だ。とするとこのウネウネ、グリグリは何なのだろう。視覚に訴えて雌を誘うのだろうか?
毎度お願いばかりで申し訳ないが、ご存知の方はぜひご教示いただきたい。

ちなみにワタヘリクロノメイガの名前の由来は、棉縁黒野螟蛾 = ワタに付く翅の縁が黒いノメイガ、ということなのだろう。
今の日本農業では棉は栽培されていないので、別名のウリノメイガの方がしっくりする。幼虫がキュウリなどのウリ類を食う農業害虫として知られているのだ。
http://www.boujo.net/handbook/saien/saie-80.html

2011年10月28日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-10-28 13:09 | 昆虫など | Comments(2)
Commented by つくば市けんぞう at 2011-11-04 10:53 x
「ワタヘリクロノメイガの尻振りダンス」の件、いくらでも面白い回答ができますが、とりあえずは簡潔に…

雄が持つこの傘を広げたような特殊な器官はヘヤー・ペンシルといい、これから発する物質が雌をなだめる効果があります。
雄はこうしておとなしくなった雌との交尾を容易にします。

最初に現象が解析され、物質が同定されたマダラチョウのそれがよく知られていますが、このような例は他にも多くのチョウやガの仲間で知られていて、雄の発する一種の性フェロモンともいえます。

この解明談は一編のドラマですが、詳しくは、「ヘヤー・ペンシル」のキーワードで検索してみてください。
Commented by sizenkansatu at 2011-11-12 15:35
けんぞう先生、ありがとうございます。
そうですか、一種の性フェロモンのようなものですか。
現場を見てみたいものです。
確かに尻振りダンスは、人間でも雌をなだめるには効果がありそうですね。

残念ながら解明談は見つかりませんでした。

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧