自然観察大学ブログ

ホタル狩りの巻

7月25日の夜、ホタルを観に行った。
ヘイケボタルの季節は、このあたりでは7月末から8月はじめ。
6月末のゲンジボタルよりもひと月ほど遅い。

広い谷津地形の中で、ホタルが出そうな場所の検討をつけて日暮れを待つが、なかなか出てきてくれない。

待つ間に、ナナフシを発見。
d0163696_1749456.jpg
夜のナナフシは堂々として、隠れるようすもない。

ちょうど開きかけのカラスウリの花を見つけた。
d0163696_175017100.jpg
上の写真は午後7時00分。見る見る開いてくる。
d0163696_17504628.jpg
これは7時06分。
これだけ複雑なものを、絡まることもなく上手く開くものだ。

もっと見ていたいのだが、ホタルが気になってそれどころではない。
あたりは真っ暗になったが、まだホタルは出ない。
場所が悪いのかと考え、待ちきれなくなって他を探してみることにした。

どこかでホタルが乱舞しているかもしれないと、気持ちが焦る。
機材を抱えて、速足で暗い谷津を探し回った。
もう8時近いので、どこかで必ず出ているはずだ。
汗だくで、焦りまくって歩いていると…
目の前に小さな光の球が湧きあがるのが見えた。
出た! ヘイケボタルだ。

数はまだ全然少ないが、三脚をセットして、とりあえず撮った写真がこれ。
d0163696_17511868.jpg
まあ、試し撮りなので良しとした。

待つうちに見る見る数が増えて、乱舞すると思っていたのだが、一向に数が増えない。しばらく待って撮ったのが次の写真。
d0163696_17514511.jpg
画面右のホタルが飛び去って、さらに寂しい状況。
(モニター画面の故障ではありません。ほこりを払ってきれいにしてご覧ください)

数年前にY先生の紹介で千葉の大原でゲンジボタルの大乱舞を観たときは、立っていると次々にホタルがぶつかってくるほどだった。
そんな状況を頭に描いていたのだが、この日のヘイケボタルは実にさびしいものだった。
風が強かったためか、あるいはもともとヘイケボタルは密度が低いものなのか…

乱舞の撮影はあきらめてホタルを持ち帰らせていただき、室内でアップを撮ることにしよう。
その結果は次回報告させていただく。

2011年8月3日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-08-03 18:00 | 植物と虫 | Comments(4)
Commented by ミルフイユ at 2011-08-10 23:49 x
こちらにもホタルが見られるところはありますが、ホタルは時間・天気・気温が揃わないと見られないものなのだそうです。
7時~9時、曇っていて風のない、気温と湿度が高い時が良いそうです。風があったのがマズかったのでしょうね。

人が来たので、小雨が降ったりやんだりする日に見に行って、「あいにくの天気だなあ」と言っていたら、実は絶好の条件で沢山飛んでいるのを見られたことがあります。
Commented by sizenkansatu at 2011-08-12 11:45
そうなんです。ホタルは条件次第ですよね。
ミルフイユさんからやさしい言葉をかけていただき、涙が出そうです。

ホタルは蒸し暑くて無風の日と、私も思っていたのですが、なかなかホタルに都合を合わせることができないのです。(実は私はサラリーマンなのです)
つくば市けんぞうさんからは一刀両断されてしまったのですが、これで復活できます。
また来年、がんばります。
Commented by りりねこ at 2011-08-13 16:50 x
枕草子の蛍のくだり・・・「夏は夜。月のころはさらなり。やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。」
1匹2匹だけでも、風情はありですよ~。
Oさんの蛍を追う気持ちが伝わってきました。私も蛍に会いたいなあ。。
そういえば、もう何年も蛍を見ていません。
しかし蛍が見られる条件って、あるんですね!
「7時~9時、曇っていて風のない、気温と湿度が高い時」・・・覚えておきます!

写真を見て、流れ星を思いました。
今日午後ちょうど今頃、北の空に星が次々流れているはず・・・(ペルセウス流星群)
昨日の深夜、空を仰いで見ましたが、残念ながら曇りでした。
今日の夜は見られるかな・・・
Commented by ミルフイユ at 2011-08-15 01:07 x
風のある日に飛ばないというのを見るのも自然観察だと思いますよ~。
私も雨の前後に飛ぶなんて、見るまで知りませんでした。

開発部門にいた身としては、こうやるとうまくいかない・・という情報はとても大事です。知らないと失敗を繰り返しますし。そして、うまくいったものは残っていても、失敗した条件は残っていないことも多いんですよね。
農業も同じですが、1年に1~数回しか出来ず、天候もその都度違うので大変です。先達の知恵は重要、でも時々何でそうやると良いのかわからなかったりします。

それより、沢山飛んでいるのを見るのも素敵ですが、少ししか飛んでいない光を目で追いかけるのも良いものですよね。

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧