自然観察大学ブログ

水辺のプレデターたち

小岩菖蒲園の続き…
管理の行き届いた公園とはいえ、やはり水辺は昆虫が多い。
やはり水は生命の源ということなのだろう。
この日めだったのは捕食性の昆虫だった。

ショウジョウトンボ
d0163696_18274897.jpg
雄は成熟すると真っ赤になり、まさに猩々緋。
このトンボは縄張り意識が強いらしく、池を巡回してはお気に入りの場所に戻るので、写真は撮りやすい。

ショウジョウトンボは、“赤とんぼ”と言われるトンボ科アカネ属とは別のショウジョウトンボ属で、厳密な意味での赤とんぼではないらしい。
これだけ全身鮮やかな真っ赤なのに、おかしな話だが、まぁ、本人たちにとってはどうでもよいことだろう。
本物は、画面で見るよりもずっと鮮やかな緋色なので、ぜひ野外で実物をご覧いただきたい。

d0163696_183598.jpg
黄金に輝くこのトンボも、同じショウジョウトンボ。
羽化後、未熟なうちは黄金色だそうだが、これもまた格別だ。

時間に余裕のある方は 『ハグロトンボと昆虫の脚』 http://sizenkan.exblog.jp/11496411/ も見ていただけるとありがたい。

コハンミョウ
d0163696_18355291.jpg
池の周りではたくさんのコハンミョウが、しゃかしゃかと元気よく動き回っていた。
前翅の中央に鏡紋(写真では黒く見えるが強い光沢がある)があるので雌。なぜかここで撮った個体はすべて雌だった。
ハンミョウは超絶運動能力でアリを捕まえて食べる。
この日はさすがに、猛暑のためか地面の湿ったところをだけを選んで活動していた。

ハンミョウについては次の記事を見ていただけるとありがたい。
『また昆虫の脚-ハンミョウの脚:秘密の肉球?-』 http://sizenkan.exblog.jp/11597474/
『ハンミョウとアリとマーガリン-狩猟の名人-』 http://sizenkan.exblog.jp/11810832/

ナガコガネグモ
d0163696_1836457.jpg
巣網の中央で、堂々と獲物を待つナガコガネグモ。
わざと目立つようにしているのは、黄色と黒の体色が危険信号になっているので、鳥などが誤って網を破らないように注意を促しているのではないか、というのを聞いたことがある。
都会派のナガコガネグモに対して、自然派のコガネグモの縞模様のアピール度が強烈なのは、危険な野鳥が多いということかも…
d0163696_18371452.jpg
これは6/5のクモの観察会で観たコガネグモ。

しかし、危険信号を発するのはよいが、肝心の獲物が寄ってこないと思うのだが、昆虫と鳥では見え方が違うということなのか?

ムシヒキアブの仲間
d0163696_18381112.jpg
アオメアブ。金緑色の複眼に目が行くが、よく発達した脚と、力強く盛り上がった胸部に注目したい。

d0163696_18384147.jpg
こちらはシオヤアブ。
写真はハエを捕らえたところ。木杭の上で一息入れて、あっという間に姿を消した。
雄の腹部先端に白い毛を見て塩を運ぶ塩屋に見立てたというのだが、ほんとうだろうか。
顔はどことなく “釜爺” に似ている。(宮崎アニメの千と千尋… に登場した、あの風呂釜の番人です)

飛翔能力の高いハエを空中で捕まえるのだから、ムシヒキアブはすごい。
箸でハエをつかむ宮本武蔵のようだ。
強大な胸板と狩猟用に発達した脚で、トンボや甲虫類も捕らえて食べる。
釜爺のような愛嬌のある顔の、髭の下には恐ろしい口針を隠し持っているらしい…
力と技とスピードのすべてを身につけた、強力なプレデターだ。

ちょっと怖いが、気になるので今度よく観てみたい。

2011年7月26日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-07-26 18:46 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル