自然観察大学ブログ

4月の雑草-3

マツバウンラン

江戸川の土手に、マツバウンランが群生していた。
d0163696_12335334.jpg
この雑草は、造成地などでこつ然と姿を見せ、何年か経つといつの間にか姿を消すらしい。不思議な習性だ。
この土手でもこれまでは見た記憶がなかったが、数年前に周辺を整備し撹乱されたために持ち込まれたのだろう。
今後このマツバウンランがどうなるか、気になるところである。
d0163696_12341875.jpg
マツバウンランは漢字で表すと “松葉海蘭”。茎に着く葉はマツのように細い。
名前のもとになったウンランは、海岸で普通に見られるゴマノハグサ科の植物で、ランの仲間ではない。分類的にはゴマノハグサ科ウンラン属とされる。
マツバウンランと同様に身近でよく見られる外来種で、ツタバウンランというのもある。こちらもきれいな雑草だ。数年前に皇居の堀の石垣に群生するのを観た。


動き出した河川敷の雑草

d0163696_12355164.jpg
ヨシがいっせいに伸びはじめた。地表ではヘビイチゴが広がり、もう開花している。
ヤブガラシもところどころで顔を出し、からみつく相手を探しているようだ。
春になって、雑草が勢いづいてきた。

d0163696_1236984.jpg
こちらはクズの萌芽。
クズは草か木か、意見の分かれるところのようだ。
イメージ的には草本だが、写真のように前年の地上茎から新たな芽が出るので木本とするのが正しいのかもしれない。
“草本か木本か、人間の都合だけで定義して区別しようと思っても難しいかもしれません。第一、本人のクズたちはそんなことは気にしてないでしょう。” I先生はいつもそんなふうに言っておられる。ものごとを雑草の立場で考える、I先生ならではの話である。

ところで…
江戸川にキジがいた。
d0163696_12364077.jpg
ひどい写真だがご容赦いただきたい。雑草を撮っている時に遭遇し、追跡しながら撮ったものである。
場所は千葉県の松戸市と市川市の境界あたりで、この日はほかに雌雄ペアのキジにも会った。河川敷にわずかに残ったやぶで生活しているのだろうか。
もしかすると江戸川では最下流域の生息例かもしれない。

2011年4月28日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-04-28 12:40 | 植物 | Comments(1)
Commented by ミルフイユ at 2011-05-12 00:03 x
マツバウンランの群生は、幕張メッセの周辺を年によって公園や道路の中央分離帯などを移動して行くのを見ました。種が細かいから飛んで行くのでしょうか?

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル

画像一覧