自然観察大学ブログ

雑草の防寒対策?

1月22日、近くの江戸川の堤で雑草のくらしぶりを観た。

d0163696_12504532.jpg
ヘラオオバコのロゼットの中心部分には白い毛が密生している。
この毛にはどんな意味があるのだろう。泥や土埃から守るのか、それとも保温効果があるのだろうか…
そういえば心当たりがある。私はこのところすっかり髪が寂しくなって、防寒用の毛糸の帽子が必須アイテムになっている。これがないと、頭の血管がピキピキと凍りそうになるのだ。若いころは、そんなことはなかったのに…
頭髪と同じように、やはりヘラオオバコの細毛は防寒のためなのかもしれない。
d0163696_12511744.jpg
ヘラオオバコは成長した葉でも表面に細毛を密生する。
しかし葉の成長と細毛の成長はリンクしていないらしい。
出てきたばかりの新葉にはすでに成葉と同じ数、同じ長さの細毛を備えているようだ。
たとえるなら、生まれたての赤子が大人と同じ髪や髭を生やしているみたいなもの… 
ちょっと不気味だ。

d0163696_12522713.jpg
タンポポは地表すれすれに花をつけていた。
枯れたロゼットの中には、何とか生き延びた葉があるが、かわいそうに青ざめたような色をしている。
d0163696_1254160.jpg
これは横から見たところ。見慣れた花茎もなく、全体が硬く締まった感じで、いかにも寒さに耐えているようだ。
常識はずれの厳冬期に開花するのはセイヨウタンポポだと思うが、その特徴である総苞片(がくのように見える花を包む部分)の反り返りがない。
セイヨウタンポポの厳冬期バージョンというところか。

つい先日、丸の内さえずり館という所でいただいた“生き物カレンダー”で、『1月19日 = オオイヌノフグリ開花』 とあった。
それを思い出してあたりを探してみたら、確かにあった。
d0163696_12543525.jpg
こちらもごく短い花茎で、寒さを耐えるように密集した葉が付いている。
早春に目立つ大群落とはまったく違った印象で、株は小さく貧弱。一つだけ開いた花がなければ、これがオオイヌノフグリとはわからないくらいだ。
オオイヌノフグリは、一時私のシンボルマークにしていたほどお気に入りの雑草なので、よく観ているつもりでいたが、1月から開花するものもあるとは気が付かなかった。

d0163696_12562098.jpg
ホトケノザ。オオイヌノフグリと同様、見かけるたびに、つい撮影したくなる。
当ブログの『晩秋の雑草観察』 http://sizenkan.exblog.jp/12360830/ でも紹介しているが、寒さに強いということだろうか。

d0163696_1354619.jpg
カラスノエンドウも順調に冬を過ごしている。
今の時期は2枚の小葉(しょうよう)だ。
若い時期には丸型の小葉が多く、その後成長するとおなじみの長楕円形になるようだ。でも、成長しても小葉の丸いものもあるらしいので、話はややこしい。
d0163696_136130.jpg
こちらは同じ2小葉でも細長い形。カラスノエンドウは秋に芽生えるが、その時はみなこのような小葉になっている。
幼児性を引きずった少年というところだろうか。

1月だというのに雑草たちはすこぶる元気だ。今年も一年間、たのしませていただこう。

2011年1月31日、報告:自然観察大学 事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2011-01-31 12:58 | 植物 | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル