自然観察大学ブログ

セイタカアワダチソウの訪花昆虫(2)

ニホンミツバチとセイヨウミツバチ
訪花昆虫といえばミツバチが代表だ。
d0163696_1954093.jpg
全体が黄色っぽいのがセイヨウミツバチ(上)で、ニホンミツバチ(下)は黒っぽい印象。
d0163696_19553824.jpg
腹部の第1節と第2節が橙黄色がセイヨウで、黒褐色に縞があるのがニホンミツバチだが、色の変異もあるので、正確には後翅の翅脈で見分けるらしい。
今回観察できたのはどうもニホンミツバチのほうが多かった。季節的なものか、それとも場所柄か、あるいはセイタカアワダチソウという植物への嗜好性によるものなのか。

花粉を後脚に貯める
ミツバチが花粉を集めて巣へ持ち帰ることはよく言われているが、後脚に花粉だんごをつけたミツバチは普通に観察できる。次の写真はニホンミツバチ。
d0163696_19562372.jpg
d0163696_2065946.jpgミツバチの後脚はスプーン状になっていて、さらに周縁部に長毛があって花粉を貯めやすいようにできている。左の写真はセイヨウミツバチでこの部分を花粉籠:ポーレン・バスケットと言うらしい。

全身花粉だらけのニホンミツバチが、前脚で顔を拭う動作をはじめた。
d0163696_19575183.jpg

観ていると、ゴソゴソやっているうちに顔がきれいになった。
d0163696_19581456.jpg

顔や頭だけでなく全身に付着した花粉を、うまく脚を使って花粉籠に貯めるらしいが、細かいことは分からなかった。また機会を見つけて観察したい。

※ 予定変更してミツバチの話でした。次こそアブとハエの話です。

2010年11月15日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-11-15 20:04 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル

画像一覧