自然観察大学ブログ

セイタカアワダチソウの訪花昆虫(1)

まずは、やっぱりチョウから紹介しよう。
ホントはハエ・アブからはじめたいのだが、嫌われてしまいそうだ。
d0163696_20274979.jpg
キタテハ。これは秋型で、赤味が強く翅の縁の切れ込みが大きい。夏型はもっと色が弱くて切れ込みが浅いらしい。
d0163696_20302011.jpg
この角度だと口器がよくわかる。もうひとつ注目してほしいのは脚。
タテハチョウの仲間は、一見すると脚が4本に見える。

d0163696_2031398.jpgよく観ると頭部からツノ状のものが突き出ているが、これがあと2本の前脚だ
前脚は感覚器として特化し、味覚を感じるといわれているが、これで探っているところを見たことは未だない。こんどは気をつけて観察せねば。

<2013.12.3 訂正> これは下唇髭だそうです。訂正します。小さくなった前脚は複眼の後ろあたりにあるようです。見えにくいですが。

d0163696_2032742.jpg
これはベニシジミ。ここまでの人生(蝶生?)、波乱万丈だったのだろう。鱗粉が落ちて、かなりくたびれたように見える。写真では匂いがわからないが、実物からは加齢臭がした(ウソ)。
d0163696_20325489.jpg
チョウ類の成虫の口器はみな針状で、吸蜜するときに伸ばすが、普段は前の写真のように丸めている。
構造的には左右の顎(あご)が合わさってできたもので、細い口針の左右の合わせ目の毛細管現象で蜜を吸うというが… いずれA先生に走査電顕で解明していただきたいものだ。

次回は本番のハエとアブ。嫌がらずに見てほしいです。

2010年11月11日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-11-11 20:38 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル

画像一覧