自然観察大学ブログ

アワダチソウグンバイとゴボウと風と

天気のよい休日は、かならず近所を歩いている。これは9月なかばの話である。
遠目に見た菜園のゴボウの葉が、異様に白かった。
d0163696_18143020.jpg
葉の裏を返してみると、グンバイムシがびっしりといた。アワダチソウグンバイだ。
d0163696_1815596.jpg
飴色の、数の多いのが幼虫。
アワダチソウグンバイの成虫の大きさは葉脈との比較で想像できるが、体長3mm程度。
グンバイムシはカメムシの仲間(カメムシ目)で、針のような口器で植物を吸汁する。白くなっていた葉は吸汁された痕だ。
d0163696_181533100.jpg
これは以前セイタカアワダチソウで採集したもの。成虫はグンバイムシ特有の異様な姿だ。相撲の軍配に似ているのでグンバイムシということが知られている。
d0163696_1816258.jpg
横から見ると、頭の上が盛り上がっている。これは中空で、いかにも体が軽そう。
翅だけでなく胸部や頭部、全身を使って風に乗るということか。
セイタカアワダチソウなどの雑草で増殖して、農作物に飛来してくるのだろう。農家にとっては迷惑この上ない話だ。

同じグンバイムシの仲間のプラタナスグンバイは、秋葉原の事務所近くで今年も猛威を振るっている。被害を受けた街路樹は、秋になった今、新葉を展開し季節外れの新緑状態だ。

近く、ヘクソカズラグンバイを紹介する予定である。こちらはもっと面白い形をしているので乞うご期待。

Y先生いわく、アワダチソウグンバイ、プラタナスグンバイ、ヘクソカズラグンバイを外来グンバイ三兄弟と言うそうだ。
外来の生物は爆発的に増える場合がある。一時的な現象のことも多いが、三兄弟は今後どうなっていくのだろう。

アワダチソウグンバイについては“話のたねのテーブル” http://www.zennokyo.co.jp/table/index_table.htmlのバックナンバーから、No.103,87,9を参照いただきたい。

2010年10月29日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-10-29 18:25 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

ブログジャンル

画像一覧