自然観察大学ブログ

イケマとハナカミキリ –峠その1-

8月14日、山梨県大月市の、ある峠に行った。お盆の真っ只中、下界は連日の酷暑だが、ここは標高1500メートル以上あって快適な撮影だった。
主な目的はハナカミキリの撮影だが、あると思っていたシシウド類、アザミ類の花がない。すでに終わっているということか、それとも以前とは植生が変わったのか。
d0163696_122252100.jpg
d0163696_12233569.jpg

なんとか咲いてくれていたこの花は “イケマ” のようだ。ガガイモ科というが、確かに葉や全体の感じがガガイモに似ている。花は白い小さいのが花弁で、外側の大きめの淡緑色のはがく。イケマはがくが反り返り、反り返らないのはコイケマだというので、もしかすると後者か。
イケマに来ていたカミキリは次の3種。
d0163696_12243190.jpg
d0163696_12244811.jpg
d0163696_1225929.jpg

上からヨツスジハナカミキリとマルガタハナカミキリ、もうひとつは種名不明 (どなたかご教示ください)。

ミヤマカラスアゲハに遭遇
帰り道でミヤマカラスアゲハを見た。林道脇に吸水に来ている。警戒心が強いらしく、近づくことが難しい。

d0163696_1226424.jpg
この程度の写真しか撮れなかったが、実物の美しさはとてもとてもこんなものではない。この日はお盆のUターンによる中央道の混雑が予想されるため、時間的に粘れなかったのだ。次の機会にがんばります。ご容赦ください。
ミヤマカラスアゲハは初めて見たのだが、すごい。美麗種かどうかというのは個人の感じ方によるのだが、これは私の琴線に触れる美しさだった。例えるなら、国宝とされる“曜変天目茶碗”に似た美しさだ。
(例えが解りにくくてすみません。 http://www.seikado.or.jp/sub030101.htm で見ることができます)

ミヤマカラスアゲハをまだ観てない方は、ぜひ画像検索して、上の写真でなくほかのサイトで見てください。きれいなのがたくさん紹介されています。そして実物はそれらの画像よりもっと綺麗だということです。

以下次号に続く。

2010年8月31日、報告:事務局O
[PR]



by sizenkansatu | 2010-08-31 12:44 | 昆虫など | Comments(0)

植物、虫、鳥など自然を楽しむ  ★写真の無断転載はお断りいたします★
by sizenkansatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

漆掻きを体験
at 2017-10-06 12:56
ラクウショウとメタセコイアを..
at 2017-08-30 17:09
マダニの観察
at 2017-08-22 19:24
エゴヒゲナガゾウムシの成虫が..
at 2017-07-21 20:21
メタセコイアの花から実
at 2017-05-24 21:16

最新のコメント

> チョコさん コメン..
by sizenkansatu at 12:44
こんな感じの本が欲しかっ..
by チョコ at 14:10
鈴木裕子さん、コメントあ..
by sizenkansatu at 15:19
日経新聞で冬の雑草の記事..
by 鈴木裕子 at 19:35
アレチヌスビトハギ 最悪..
by EVIS at 15:16

検索

タグ

ブログジャンル

画像一覧